少女/女性漫画

転生したら推しの母になりましたネタバレ33話!あらすじ感想!白属性!

小説の世界へ・・「転生したら推しの母になりました」。

異世界ストーリー目覚めたら予想外な展開に

さっそく「転生したら推しの母になりました 33話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

ハデスはアイシャの部屋で仕事をするようになりました。

アイシャに聖女アベラ・エスクリフについて父から話を聞いたことがないかとたずねました。

アイシャは代々白属性を維持しているくらいしか聞いたことがありません。

しかしハデスは、神殿がアイシャの魔力を発現させないようにしているのではないかと・・・。

転生したら推しの母になりました33話のあらすじネタバレ

転生したら推しの母になりました第 33話のあらすじをお伝えします。

白属性

白属性の異能とはいったい何なのか?

白属性の1次覚醒能力「相殺」

基本的には全属性において固有能力である「吸収」が備わっています。

「相殺」は、この吸収を通じて内傷および外傷を自身に転移させた後、それを取り除く能力です。

一般的に「浄化」とも言われています。

もちろん制約はあります・・・精神崩壊のような内傷は、魔力数値によって総裁はおろか危険な目に遭う恐れがあります。

だからデボラ以外誰もアベルを救えなかった。

デボラは帝国で数少ない2次覚醒の能力者であり、その能力を自由自在に操ることができるので「聖女」と呼ばれていました。

白属性の2次覚醒能力「回復」は、吸収と相殺の二つの過程を伴う1次覚醒能力よりも効率がいい。

しかもデボラは他の二次覚醒した司祭たちよりも能力が高いので、原作の中でもデボラを狙った勢力が数多く存在しました。

言うまでもなくアベルが指一本触れさせませんでしたが・・・。

2次覚醒しただけでも聖女と呼ばれて崇めたてられるのに・・・アデラ・エスクリフは本当にすごかったのだろうと思うアイシャ。

3次覚醒・・・白属性が3次覚醒すると、全ての攻撃魔法を無力化する能力を使えるようになります。

設定上は確かに存在する能力ではありますが、アベラ・エスクリフの記載と同じく作中では一度も登場したことがありません。

チートすぎてバランス考慮されたのか?・・・作者がそんなことをするはずがないと思うアイシャ。

真心を尽くして・・・!?

アイシャが悩んでいると心配してハデスは、万一俺の考えが正しいとしても、アイシャが心配する必要はない。

俺がいる限り君が危険に晒されることはないからというのです。

でもアイシャが聖女だという仮定は飛躍し過ぎで、今は能力を使えるかどうかやって見なければ・・・。

ハデスは一晩中つきっきりで、一睡もしていないはずなのに・・・気を遣われるとなんだか落ち着かないアイシャ。

その時ハデスが、ページをめくっていて指を切ってしまいます。

アイシャが駆け寄り、それでは真心を尽くしてやってみまぁすと・・・。

 

ハデスの手をぎゅっと掴んでみますが・・・なにも起きません。

真心を込めるんじゃなかったのかというハデス。

今真剣に込めていますよ・・・閣下の指が痛そうで、とっても心配なんですから・・・。

ハデスは口ではそういっているが、本心では違うようなのだが・・真心はどこに行った?

今この瞬間、私ほど真心に溢れている人なんていませんよ。

治ってほしいなら、真剣にやってみろ・・・なかなかうまくいかないアイシャ。

民間療法・・・!?

最初からうまくいかなくて当然だ…そう焦らなくていい・・・その時傷口から血が流れてきて・・・。

思わずアイシャは口にくわえてしまいました。

ハデスは何をしていると焦っていますが、民間療法ですと答えるアイシャ。

エスクリフでは、ケガをしたら患部をなめるのか!?

唾液には殺菌作用があるので、傷には有効です・・・それに歯磨きもちゃんとしているので。

それでもハデスは真っ赤になって・・・よそでは絶対にするなと怒るのです。

能力が使えれば、やりたくてもやりませんというアイシャ。

急ぐ必要などないというのに・・・何をそんなに焦っている?

仮に君が永遠に能力が使えないとしても、俺には何の関係もない・・・だからもうこんなマネはしないでくれし言うハデス。

アベルの暴走を止めるために・・・!?

アイシャはハデスが自分の運命を知らないから言える・・・一体どうやればいいのだろう?と考えていました。

アベルの暴走まで、残された時間は一年もありません。

アイシャが吸収の異能さえ使えれば・・・。

アイシャは、閣下・・・元気でいてくださいねと微笑みました。

人生何があるかわかりませんから・・・。

アベルは暴走する・・・この事実は変えられないのです。

まだアベルは能力を覚醒できていない状態ですが、その能力が覚醒する時、必然的に暴走を伴います。

それはハデスと私・・・そしてアベルしか知らない事実・・・アベルの属性が関係しています。

無属性・・・アベル・ルバモントは作中、伝説のように扱われていた属性の保有者でした。

何でもはいるからの器のように、この能力は覚醒の制限がないのです。

あらゆる設定を全部かき集めて、主人公の彼は白属性と闇属性を除いた基本4属性の能力を全て扱える唯一無二の能力者・・・この世界観における最強!

4属性全てを発現できる代わりに、アベルは一定の周期で互いにぶつかり合う能力の暴走を受け止めるほかありませんでした。

 

そろそろ公子様に会いたいな・・・いつ頃来るんでしょう?

そう話していると、ノックの音がしてアイシャ様!アベルが入ってきました。

一年後・・・アベルの能力が初めて覚醒する日・・・ハデスが彼の代わりに命を落とす日です。

 

転生したら推しの母になりました第 33話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アイシャの能力は一体どうしたら発現するのでしょうか?

焦るなとハデスに言われても、ハデスの命がかかっているんですよ~と言いたくなってしまいますよね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら推しの母になりましたを無料で読めるか調査した結果

「転生したら推しの母になりました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「転生したら推しの母になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

33話を読んだ感想

転生したら推しの母になりました第 33話の感想をお伝えします。

アイシャに、神殿から押さえられるほどの魔力があるということがわかったのですが、なかなか発現しません。

アベルの能力も盛られ過ぎているから、暴走してしまうのですね。

今現在のアベルの能力はまだ確認できていません。

一度に暴走しないように、コントロールすることはできないのでしょうか?

アイシャが暴走のことを話しても、信じてもらえなさそうですし・・・。

やはりアイシャが能力を発現させるしかないのでしょうか?

いったいどうすれば・・・何か危機に陥らないといけないのかもしれません。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら推しの母になりましたネタバレ33話!まとめ

33話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると

転生したら推しの母になりました 33話のまとめ
  • 白属性は3次覚醒で全ての攻撃魔法を無力化する能力を使えるようになる。
  • 指を切ってしまったハデスに駆け寄ったアイシャは”真心を尽くしてやってみまぁす”と言ったものの何も起こらない。
  • 指を思わすくわえたアイシャ。
  • アベルがやって来た。