少女/女性漫画

転生したら推しの母になりましたネタバレ36話!あらすじ感想!

小説の世界へ・・「転生したら推しの母になりました」。

異世界ストーリー目覚めたら予想外な展開に

さっそく「転生したら推しの母になりました 36話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

アイシャはペルソナの全登場人物が分からなくなりました。

そのなかで一番怪しいのが神殿です。

神殿の中でも一番善良だというキャラクター、ミハイル・ライガルトが・・・。

ミハイル・ライガルト大神官が来ているということは、アイシャがどれだけ神殿に関係しているのかがよくわかります。

転生したら推しの母になりました36話のあらすじネタバレ

転生したら推しの母になりました第36 話のあらすじをお伝えします。

天使のようなミハイル

仮に神殿に所属している人物が、全員アベルを欺こうとしていたら?

そんなことは絶対に許せない!

絶対に許せないのに・・・。

ミハイルは、せっかくもてなしていただいたのに申し訳ありません、ルバモント公爵閣下と言いました。

ミハイル・・・作中では中年の設定だったけど・・・ほんとに天使なんじゃないのと思うアイシャ。

ミハイルは、私ども神殿の司祭たちは肉類を口にしませんので、時に動物の傷も癒やすことがありますが、その度に動物たちの苦痛が伝わってきますので、自然と肉類を食べなくなりました。

そうだったのか・・・ハデスは言い、だが君が謝ることではない・・・予め調べておかなかったこちらの不手際だと言いました。

お気遣いなく・・・動物たちが生存のため、互いに捕食し合うことは、自然の摂理ですから。

私も司祭たちに肉食を禁じているわけではありませんし、肉食をする方々に偏見を抱いているわけでもありません。

殿下もアイシャも肉は食べられそうにありません。

アイシャに、こうして直接お目にかかれて光栄です。

男爵からお噂はかねがねうかがっておりましたが、実に・・・聖女の家門エスクリフに相応しいお姿で驚いてしまいました。

アイシャは頬を染めて本当ですか?と嬉しそうです。

殿下はアイシャを見て・・・あいつが?と思っていました。

アイシャは、つい先日まで核石すらかくせなかったのです。

ミハイルがアベルを気にしていた理由

隣に座っているアベルを見て、ミハイルは・・・公子様は手が小さくて、大人用の食器では食べにくいのではないでしょうか?

殿下とアイシャは驚いて、どうりでアベルを気にかけている気はしてたけど、そのせいだったの?

殿下はアベルに合った食器を用意してくれとお願いしました。

アイシャはミハイルに気を取られて、それどころではありませんでした。

ミハイルとアベルはとても仲良さそうにしています。

アイシャとアイコンタクトを取る殿下。

アイシャ、本当にあの大神官が・・・怪しい人物なのでしょうか?

全力を尽くして男爵を説得

食事の前に、ここに滞在なさっている男爵に会ってきたのですが、私に打ち明けてくれました。

閣下と令嬢の結婚に反対していると・・・。

閣下は理由はわからないと答えました。

やはり手塩にかけた娘を送り出すのがお辛いのでしょう・・・男爵の気持ちもわかります。

帝国を防衛なさっているルバモント家と、聖人を敬拝する信実なエスクリフ家の結びつき・・・私としてはとても喜ばしいことではありますが・・・皆の祝福を得られない結婚はいささか懸念が残るというミハイル。

アイシャと殿下は同時に・・・出た!黒幕っぽい台詞!と思っていました。

ミハイルは私がここに滞在している間は・・・全力を尽くして男爵の説得にご協力いたします。

皆の祝福の中、両家の縁組みが進めば、神殿としてはこれ以上ない喜びです。

それと、おこがましいですが閣下、男爵から伺いましたが男爵が結婚を反対したために、令嬢を監禁していたとか・・・。

やりきれない閣下のお気持ちはわかりますが、これは人としての道理に反し、自然の摂理に逆らう行動です。

至極ごもっともです・・・アイシャは同意しています。

ミハイルが、ここに来て両家の事情を知ったことは、神の思し召しかもしれません。

滞在している間は、できる限り男爵を説得いたしますので・・・。

=結婚は心配するな、俺が手助けしてやるということ?

ミハイルの話すことを意訳すると、身分高いのだから、妙な気は起こさないでくれ。

くれぐれも粗っぽい行動は控えてほしいと言っているみたいです。

権力者の前でも臆することなく、貴族はもちろん皇帝の前でも立て膝をついたことのない・・・自らの信念で正しい発言だけをする、あのまっすぐな性格。

アイシャは、どう見ても小説で読んだ

善人そのものじゃない!こっこんなの疑いはおろか、また振出しに戻ってしまう・・・。

とりあえずは承知したというハデス。

大神官がそこまで言うのなら、自分も真剣に考えてみると。

目的はアイシャの洗礼・・・!?

われわれがこちらに来た理由は、両家の結婚をお祝いする目的もありましたが、実は令嬢に神聖なる洗礼を授けに来たというミハイル。

アイシャの体か非常に弱いと知っているので、高位神官たちを連れてきました。

彼らの能力で、貞順な力を授けられたらと思いまして・・・。

アイシャはそこまでする必要はないんだけれど・・・と拒否しますが、ミハイルに笑顔で承諾いただけますか?と言われると、疑わないといけないのに・・・。

 

転生したら推しの母になりました第36 話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

神殿の表向きの訪問の理由がわかりました。

アイシャの洗礼と言いますが・・・何か別のことをされてしまいそうな・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら推しの母になりましたを無料で読めるか調査した結果

「転生したら推しの母になりました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「転生したら推しの母になりました」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

36話を読んだ感想

転生したら推しの母になりました第36 話の感想をお伝えします。

天使のようなミハイルが黒幕なのでしょうか?

ところどころに怪しい発言がちりばめられているので、見かけに騙されてはいけません。

アベルのこともよく気が付いてくれて、黒幕には見えませんね。

アイシャの父が送った手紙は神殿に届いたのでしょうか?

そうでなければ、わざわざ神殿から高位神官ばかりが尋ねてくるはずがありません。

アイシャの存在は、神殿にとって脅威なのでしょうか?

まだ体が弱いから、神殿から薬を送っていたという設定なのですね。

もう核石を移動できるという事実を、神殿側は知っているのでしょうか?

アイシャの父は、どうしてアイシャのことを知らせたのでしょうか?

すごい力を持っていることをハデス側に知られたくなかったから?

アイシャとハデス、どんどん気が合うようになって・・・通じ合っていますね。

苦しくて長い夜に、打ち勝ったからかもしれません。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら推しの母になりましたネタバレ36話!まとめ

36話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると

転生したら推しの母になりました 36話のまとめ
  • 作中では中年の設定だったミハイルだけどほんとに天使なんじゃないのと思うアイシャ。
  • 殿下はアベルに合った食器を用意してくれとお願いした。
  • 大神官がそこまで言うのならと自分も真剣に考えてみるととりあえずは承知したハデス。