少女/女性漫画

「地獄の果てでも、愛し合おう」ネタバレ16話!あらすじ・感想を紹介!11の正体

めちゃコミ独占配信の人気コミック「地獄の果てでも、愛し合おう」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「地獄の果てでも、愛し合おう16話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

 

 

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

残業をしていた純は、斗真が終わるまで待っていることを断り仕事を続けます。
仕事が終わった純は帰ろうとしますが、トラブル対応をするために職場に戻ってきた光輔さんの手伝いをすることに!

無事にトラブル対応が済んで満面の笑みで喜ぶ純を見て、笑顔をほめる光輔さん。
純がほっぺたを叩いたことはあやまらないと言うと、光輔さんもキスをしたことはあやまらないと宣言します。

そして、2人が仲良く話している様子を斗真が隠れて見ていて…。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

地獄の果てでも、愛し合おう16話のあらすじネタバレ

ずっとずっと君が大好き

視聴者の相談に答えてくれる“なになにチャンネル”がライブ配信中です。
1人目の相談者は斗真。
斗真は、職場に好きな人がいて一緒に帰ろうと誘ったら断られたが、その子が残業していて心配だったので終わるまで待っていたと話し始めます。

そして、一緒にいた上司と「キスをしたのは謝らない…」と話しているのを聞いてしまったが、もしかして2人は付き合っているということなのか?というお悩み相談。
コメント欄には、帰れよ…ぬすみ聞き…など言葉があふれ、なになにさんも困っている様子です。

なになにさんは、それだけでは判断できないが…誘いを断られたのにどうしてその子を待ってたの?と質問。

斗真は、その子がかわいいから心配で…夜中の1時まで残業してたし…と答えます。
すると、そんなに待ってたの!?付き合ってないのにキモくね!?君はストーカーかメンヘラ?多分、女の子と上司は付き合ってはないけどいい感じの雰囲気なんじゃないのかな…と、思ったことをストレートに話すなになにさん。

斗真はお礼を言って相談を終わりにすると、『DM.スクショ』のデータフォルダを開きます。

そこには、「11」さんと純のDMのやり取りのスクショが!
斗真は「ありのままの君が好き」というメッセージに目を止めると、俺の方が光輔さんよりもずっとずっと君が大好き…とつぶやくのでした。

光輔さんを意識してしまう純

仕事中、光輔さんを呼ぶ声にピクっと反応する純。
紗江が仕事のことを光輔さんに相談すると、大口の案件を任せてもらえることになり笑顔になります。
2人が話している様子が気になる純。

純は紗江が光輔さんへの気持ちをアガペー「無償の愛」と言っていたことを思い出し、愛ではないって言ったけど究極の愛ってこと!?なにもなければそんな感情は生まれないはず…と考えながら仕事を続けます。

純がファイルを開こうをするとエラーが発生!
どうしよう!とオロオロしていると、同僚の公が来てくれてPCとスマホが同期されているせいかな?と、光輔さんを呼びます。

光輔さんが来てエラーを確認すると、とりあえず同期を外して…と純の真横でパソコンを操作します。
純は光輔さんとの距離が近くてドキドキが止まりません。

光輔さんはエラーの状況を一通り確認してから、システムの子への連絡を公に任せて去っていきます。
すると、あからさまにほっとする純。

純が公に感謝すると光輔さんのおかげだと言われ、ビクッと反応してしまいます。
その後も光輔さんという言葉に異常に反応する純を見て、何かひらめいた様子の公は純を食事に誘います。

純と公がデスクから離れた後に、バックからカギを取る怪しげな人の手が…。

光輔さんのことが好きなの?

公とよう子と一緒にやきとり屋に来た純。
純は2人から光輔さんのことが好きなのか聞かれます。
真っ赤な顔になる純。

2人は人の恋話で飲む酒はうまい!とお酒が進みます。
純に彼氏が居なかったことに驚いているので少し前に分かれたことを話すと、別れた理由を聞かれます。

純が優しい人だったけど彼の期待に答えられなくて…と話すと、期待って?と聞かれので、言いづらそうにお金…と答えるとぽかーんとする2人…。

その後、純が彼氏にお金を渡していたことを正直に話すと2人は頭を抱えます。
2人の反応を見た純は、引かれてしまった…どうしよう…とあせるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

地獄の果てでも、愛し合おうを無料で読めるか調査した結果

「地獄の果てでも、愛し合おう」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「地獄の果てでも、愛し合おう」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

16話を読んだ感想

色々あったアイドル時代に純の気持ちを支えてくれていた「11」さんの正体が謎に包まれていましたが、ついに正体が明らかになりましたね~!

ここまで長かったですが、斗真のパソコンに「11」さんと純のDMのスクショが大量に保存されていたので正体は斗真で間違いないでしょう。
光輔さん=「11」さんだと思った時もありましたが、斗真だったとは…。

純のことを大切に想う斗真を見ていてなんとなくそんな予感はしていましたが、光輔さんであってほしかった気が…。

光輔さんは初めて会った時から純のことを知っていて気にかけているように見えましたが、「11」さんでないのであれば純と過去にどんなつながりがあったのか気になりますね~!

また、斗真は“なになにチャンネル”にわざわざ相談するほど純のことが大好きでたまらないようですが、光輔さんよりも俺の方がずっと大好きと言っていたのが印象的でした。
これから嫌がらせなどに発展しなければいいのですが…。

そして、純は光輔さんのことをかなり意識してしまっていますね~!
光輔さんと聞いただけでぴくっと反応してしまうなんて、まるで初恋をしているようでとても可愛かったです。

純が光輔さんに異常に反応しているので同僚の公にもすぐにバレてしまいましたが、あれだけわかりやすく反応すれば誰でも気がつきます!
公とよう子と一緒にやきとり屋に行った純でしたが、2人ともいいキャラクターで大好きになりました。
人の恋話で飲むお酒が美味しい気持ちもよくわかります!
ただ、純が元カレにお金を渡していたことを正直に話したところ、頭を抱えて黙り込んでしまった2人…。

純は引かれてしまった…とあせっていましたが、この後2人はどういう反応を見せるのでしょうか。
純を軽蔑するのではなく、そんな男なら別れてよかった!などの明るい言葉をかけてくれることを期待します!
せっかく見つかった純の居場所なので、また辛い思いをすることがないといいのですが…。

また、純たちがやきとり屋に行く前にバックからカギを取る怪しげな人の手がありました。
もしかして逆にカギを入れたのかもしれませんが、女子会中の純のそばに同じバックがあったので純のバックで間違いないでしょう。
あのカギにはどんな意味があるのでしょうか。

そして、カギを手にしていた犯人は一体誰?
次回の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

地獄の果てでも、愛し合おう16話!まとめ

こちらでは16話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

地獄の果てでも、愛し合おう16話のまとめ
  • 斗真が開いたデータフォルダ。その中には11と純のやり取りのスクショがあるのだった。
  • 光輔さんが来てエラーを確認すると、とりあえず同期を外して…と純の真横でパソコンを操作。純は光輔さんとの距離が近くてドキドキが止まらない様子。
  • 公とよう子と一緒にやきとり屋に来た純。純は2人から光輔さんのことが好きなのか聞かれ真っ赤な顔になるのだった。