少女/女性漫画

「影の皇妃」ネタバレ26話!あらすじ・感想!エレナの知識

ピッコマ独占配信の人気コミック「影の皇妃」。

「続きが気になる!」
「エレナはどうなる?」

こちらでは「影の皇妃26話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

前回は、フリードリヒ大公家主催の生誕の宴が幕を開け、ついにエレナが社交界デビューを果たしました。

貴族の令嬢たちと談笑する中、エレナの前にラインハルト家の長女・アヴェラが颯爽と現れます。

後に皇太子妃の最終候補として争うことになる宿命のライバル二人は、作り笑いを浮かべながら水面下でマウントの取り合いを展開します。

そんな中、宴の会場に突如レンが乱入し、またしてもエレナにちょっかいを出してきました。

影の皇妃26話のネタバレ

待ちわびた厄介払い

生誕の宴の会場に現れたレンを見て、周囲の貴族達が一斉にざわつきます。

レン・バスタージュと言えば、この界隈で知らない者はいないほど悪名高いバスタージュ家の狂犬。

様々な粗暴な行為を繰り返している不良息子であり、平穏な生活を求める貴族達は彼を嫌忌していました。

そして、それはリアブリックにとっても同じこと。

いつもは豪胆に構えているリアブリックですら、レンを見て明らかに表情を曇らせていました。

しかし、エレナだけは彼を見てもホール内で平然とした態度をとっています。

会場にレンがやって来るのも計画のうち。

隣にいるリアブリックにチラリと視線を向けたエレナは、目障りな彼女を追い払うためにレンを利用してやろうと考えていました。

レンはズボンのポケットに手を突っ込んだまま、不敵な笑みを浮かべてゆっくりとエレナの方に歩み寄ってきます。

手が届きそうなほど二人の距離が縮まった時、その間にリアブリックが割り込みました。

「恐縮ですが……!」

リアブリックは怯えた表情を浮かべながら、決死の覚悟でレンを睨みつけます。

しかしレンは全く意に介することなく、リアブリックを睨み返して彼女をさらにひるませました。

「おい、親戚同士が話してんだから邪魔すんな」

レンはリアブリックの肩を掴み、「どけ」とつぶやいて彼女を思い切り突き飛ばしました。

二人だけのダンスフロア

エレナの前に立ったレンは、ニヤッと笑って彼女の腕を引っ張り上げます。

「ベロニカ 俺と踊ろう」

そのままレンはエレナを無理やり牽引し、楽団が待機しているエリアの前まで連れて行きます。

あまりにも不作法な振る舞いを見て、周囲の貴族達は口々にレンの陰口を叩き始めました。

自分の手を振りほどいて睨みつけてくるエレナに向かい、レンは白々しく右手を差し出します。

「せっかく出てきたんだし、楽しく踊ろうぜ」

「……イヤだって言ったら?」

エレナはレンに思いきり掴まれて痛む左手首を抑えながら、毅然とした態度をとり続けます。

「嫌とは言わせねぇよ」

レンは再び強引にエレナの腕を掴み、社交ダンスのポーズをとりました。

「おい!演奏はどうした!?」

凄まれた楽団員たちがそそくさと楽器を手に取ると、それまで静まり返っていたホールに再び優雅な音楽が流れ始めました。

そのBGMに合わせて、エレナをリードしながらステップを刻むレン。

周囲の貴族達がレンを恐れて近づこうとしないため、広々としたホールはまるで二人専用の貸し切りダンスフロアの様相を呈していました。

哀れな負け犬

レンのリードがあまりにも強引すぎて、腕を握られているエレナは痛くてたまりません。

どうしてこんな事をするのかとエレナが尋ねると、レンは何食わぬ顔で「お前がベロニカだからだ」と答えます。

その返答を聞いたエレナは、心の中で彼を嘲笑せずにいられませんでした。

レンがやたらとエレナに食って掛かるのは、単なる憎しみが動機。

帝国トップクラスの剣の才能を持ち合わせていながら、百年条約によってその力を封印されているレンにとって、大公家は自分を縛る鎖であり忌むべき存在です。

一族の中で最も非力なベロニカ公女に八つ当たりして鬱憤を晴らすレンの行動は、全くもって無様としか言いようがありません。

エレナは嫌味な笑みを浮かべ、「滑稽ね 哀れで見てられないわ」と小声でつぶやきました。

「おい、俺を刺激しない方が良いと言ったはずだが?」

レンがイラっとした表情に変わっても、エレナは依然として冷たい目つきで彼を見つめ続けます。

「不満があるなら噛みついてみれば?」

エレナはお返しとばかりに、ピンヒールのつま先でレンのすねを思い切り蹴り飛ばしました。

「俺が噛みつけば、お前と大公は死ぬんだぜ」

レンは歯を食いしばって激痛に耐え、怒りの表情でエレナを威嚇します。

それでもなお、エレナは物怖じしない顔つきでレンを挑発し続けました。

どれだけ横柄な態度をとっても、全ては負け犬の虚勢に過ぎない。

レンの脅迫が単なる口先だけのハッタリであることを、エレナはとっくに見抜いていました。

「貴方が噛みつけない理由、当ててあげようか?貴方は根っからの下僕だからよ」

エレナはレンの耳元に顔を近づけると、嫌味な口調でそっと囁きました。

エレナの逆襲

頭に血が上ったレンが立ち止まった瞬間を狙い、エレナは彼を思い切り突き飛ばしました。

さっきエレナに向こう脛を蹴られたせいで足に力が入らず、そのままレンはホールの中央で尻もちをついて倒れてしまいます。

その瞬間、周囲の貴族達が一斉にゲラゲラと笑い声をあげてレンを嘲りました。

「見ろよ、転んだぞ」

「礼儀もなってない上に踊りも下手ね」

貴族達に嘲笑され、レンはうつむいたまま怒りに身を震わせます。

そんな彼を悠然と見下ろしていたエレナも、口元に手を当てて懸命に笑いを堪えていました。

「レディに無礼を働くからですよ」

エレナは勝ち誇った表情を浮かべながら、笑い者にされている負け犬に同情するような視線を投げかけます。

すると、それまで黙り込んでいたレンが急に笑い出し、ホール中に彼の大きな笑い声が響きました。

あぜんとする貴族達の前でレンが狂ったように笑い続けている所で第26話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

影の皇妃を無料で読めるか調査した結果

「影の皇妃」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「影の皇妃」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

26話を読んだ感想

公女室に乗り込んできただけでなく、宴の会場にまで乱入してきたレン・バスタージュ。

一族の一人とはいえ、他人の家の中でやりたい放題ですね。

傍若無人な振る舞いを見ていると危険人物にしか思えませんが、ちっぽけな自尊心を満たしたいという子供じみた動機がその裏にあることを知れば、ただの小物にしか見えなくなります。

物事を正しく理解することが、恐怖を打ち消す最大の策。

前世で得た知識を駆使してたった一人でレンを手玉に取るエレナを見て、あまりのカッコよさに感動を覚えました。

粋がっていた無礼者が衆前で叩きのめされる展開は、実に痛快です。

いずれはフランツェ大公やリアブリック達もこうなるのかと思うと、この先の展開が楽しみになってきます。

それにしても、いつもは誰に対しても高圧的な態度をとるリアブリックが、レンを前にして物怖じしていたのは新鮮な光景でしたね。

ルールやマナーといった理屈が通用しない相手には、権威など何の役にも立ちません。

無法者のレンは、リアブリックを厄介払いできる唯一にして最高の武器と言えるでしょう。

そんな中、ダンスフロアで転ばされて出し抜けに高笑いを始めたレン。

ある意味、怒り狂うより遥かに恐ろしい反応ですね。

はたして、皆の前で恥をかかされて頭に血が上っているはずのレンは、どうしていきなり笑い出したのでしょうか?

第27話の展開がとても気になります。

<前話 全話一覧 次話>

影の皇妃26話!まとめ

こちらでは26話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

影の皇妃26話のまとめ
  • レンはリアブリックの肩を掴み、「どけ」とつぶやいて彼女を思い切り突き飛ばした。
  • 周囲の貴族達がレンを恐れて近づこうとしないため、広々としたホールはまるで二人専用の貸し切りダンスフロアの様相を呈している。
  • エレナは勝ち誇った表情を浮かべながら、笑い者にされている負け犬に同情するような視線を投げかける。