少女/女性漫画

怪物公爵と契約公女ネタバレ114話!あらすじ感想!絶望して大騒ぎのエリー

闇の力「怪物公爵と契約公女」。

ピッコマ独占配信ファンタジー

こちらでは114話のストーリーをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

エピァルテスの犠牲になった子供たちに、できあがったばかりの薬を投薬しに行くサルバトール公爵。

しかし本当は、エピァルテスの症状とは違っていました。

スぺラード侯爵は、エピァルテスの箱をエリーの部屋から盗み出して・・・!?

怪物公爵と契約公女114話のあらすじネタバレ

怪物公爵と契約公女第114話のあらすじをお伝えします。

絶望して大騒ぎのエリー

異様な雰囲気のスペラード卿が、エピァルテスが入っている箱を持ち笑っていました。

その頃エリーが、なくなっている!一体誰が・・・!?

部屋中を探しても見つからずに、・・・私にはもうあれしかないのに・・・絶望しています。

侍女にマディアから送り込まれたものが、夜中に出入りした者は?誰か見たものはいないのか尋ねます。

奥様が使用人が深夜に出歩くのを禁止しているので、0時の鐘が鳴ってからは使用人は出歩けません。

夫人が?と話していると・・・私がそう言いつけましたとスペラード夫人が現れました。

あの方から任された「客人」のためです。

夫人は「客人」と言えば通じるでしょう・・・あの人がここに隠れているのを、使用人全員が知っているわけではないから。

警護の人たちが何かを見ているかもしれないという男たち。

夫人は手にぎゅっと力を入れました。

持ち出したのはスペラード侯爵

部屋ではエリーが、あれをどこにやったのよ!と騒いでいます。

侍女が、旦那さまが箱のことを気にしていたと伝え、夫人もおそらくあの人が持ち出したんでしょう・・・あの人がいないわ。

馬も金も無くなっていないし、遠くに逃げるつもりはないようだけれど、素性が知られてしまう可能性もあるし、きっと城の外には出ていないと・・・。

スペラード夫人が何か思いつきました。

秘密の屋敷です。

城の外に先々代のスペラード侯爵がこっそり建てた屋敷があるのです。

うまく隠れているから、その場所を知る者以外は探せないはず。

侍女は公爵家にこのことを知らせに行きました。

エリーの部屋では、物を割る音が聞こえてきています。

スペラード侯爵夫人はあと少しの辛抱・・・そうすればサルバトール公爵がこの地獄から私を救ってくれる。

立ち聞きするレスリー

夜、黒いうさぎにレスリーは話しかけていました。

あのね、おかしな夢を見たの。あなたが人の言葉を話す夢・・・それから私を抱きしめてうまくやっていると言ってくれた。

うさぎはツンとして何も話してくれません。

じっと見つめていたレスリーは、やっぱり夢だったのかと思うのです。

それにしてはすごくリアルだったんだけど。

こんなことをしている場合ではないことに気が付いたレスリー、今の状況を確かめに部屋の外に出ます。

 

長い廊下には誰もいません。

執務室の方に行けば、誰かいるのかな?

すると声が聞こえてきました。

・・・ですが、それが本当かどうかはわからないでしょう。

応接室から声が聞こえます・・・誰かいるのかな?

立ち聞きをするレスリー。

この先どうなるかわからない。

自分の父親を死刑台に送ることになるかもしれないんだぞ、君はそれに耐えられるのか?

コンラッド卿がサルバトール卿に問いただされています。

司祭一人の力で、あれ程多くの人間を神殿に隠しておけるはずがありません。

父上の後立てがあったと考えるのが普通でしょう。

王家とサルバトール公爵家を除いて、最も多くの寄付金を収めているのがアイテラ家です。

その上祖父も私も強い神力を持っているので、神殿との親交も深いです。

マディア太后陛下と、デビエン高位司祭を助けたのは、父上で間違いありません。

となればそそのかされた司祭たちも、私の言うことなら従うでしょう。

性格にはアイテラ家の意志にですが・・・。

サルバトール卿は、アイテラ大公妃や君の弟はどうする?二人の前で父親を裁くのか?

そのつもりだというコンラッド卿。

父をつかまえて、悪夢を収拾するのに私を使ってくださいと。

この先、家門に下される処罰のために、君がここまで犠牲になることはない。

私から母上と皇帝陛下に話をしよう。

母上と皇帝陛下なら、大公妃や君の弟に被害の内容力を尽くしてくださるはず。

コンラッド卿は、そうではありません・・・自分の家門のことは、自分の手でけりをつけたいのです。

家門から出た反逆者は、家門の名誉のためにも自分の手で裁かせてください。

少し悩んでから、コンラッド卿は母上には私から話しておくと告げました。

首都外郭のゴミ収集所で公爵をみたという情報が入った。

そして今日、祭りが終わってゴミを白の外に運び出すことになっている。

この事はレスリーには伏せておいてくれ・・・レスリーは少し躍起になりすぎている。

聞き耳を立てていたレスリー、手にぐっと力が入り・・・駆け出していきました。

志願するレスリー

そして母の執務室のドアを開けました。

私も侯爵を捕まえに行かせてください・・・侯爵に会いたいんです!

兄が止めに入りますが、私はサルバトールです。

サルバトールは、帝国の高貴な守護者なのでしょう?

私もサルバトール家の一人としてその任務を果たしたいんです・・・お母様。

どうか私を本当のサルバトールにしてください。

母は考えて、いいだろうと言いました。

レスリーは嬉しくて、母に抱きつきました。

兄は母に、考え直してください・・・か弱いレスリーをこんな危険なことに巻き込むなんて!

そうでなくても、騎士二人を傷つけて心を痛めていますと言いました。

すると母は、お前の中のレスリーはいつまでたってもあの頃の幼いレスリーのままのようだなと。

レスリーは強い・・・あの力があれば敵など簡単に制圧できる。

それにあの子もいつまでも侯爵に囚われて生きていくわけにいかないだろう。

これはあの子のしがらみを払拭するチャンスだという母しかしベスランは、レスリーが直接公爵に手をくだすことになれば、レスリーに幸せの道はありません。

私はあの子たちを信じているという母。

あの子たちというのは・・・というベスラン。

その時侯爵が見つかったという知らせが・・・。

 

怪物公爵と契約公女第114話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

レスリーが自分から、スペラード侯爵を探しに行くと志願しました。

コンラッド卿も父を訴えると言い出し・・・。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪物公爵と契約公女がお得に読めるか調査しました!

「怪物公爵と契約公女」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「怪物公爵と契約公女」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

114話を読んだ感想

怪物公爵と契約公女第114話の感想をお伝えします。

レスリーもコンラッド卿も、一番つらい選択をしようとしています。

兄・ベスランは止めました。

これ以上レスリーにつらい思いをさせたくないと・・・。

しかし母・サルバトール伯爵はレスリーなら大丈夫だとOK出しました。

何があっても受け止める大きな愛情があるからなのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪物公爵と契約公女ネタバレ114話!まとめ

こちらでは114話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

怪物公爵と契約公女 114話のまとめ
  • 異様な雰囲気のスペラード卿が、エピァルテスが入っている箱を持ち笑っていた。
  • 城の外に先々代のスペラード侯爵がこっそり建てた屋敷があることを、侍女は公爵家に知らせに行った。
  • 首都外郭のゴミ収集所で公爵をみたと聞いたレスリーは駆け出した。
  • 母に私も侯爵を捕まえに行かせてくださいと志願した。