少女/女性漫画

怪物公爵と契約公女ネタバレ118話!あらすじ感想!コンラッド卿の苦しみ

闇の力「怪物公爵と契約公女」。

ピッコマ独占配信ファンタジー

こちらでは118話のストーリーをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

エピァルテスの箱の鍵の二つ目も解かれてしまいました。

レスリーに許しを請えば渡してやるというスペラード侯爵。

しかしレスリーも闇の力を出して・・・。

怪物公爵と契約公女118話のあらすじネタバレ

怪物公爵と契約公女第118話のあらすじをお伝えします。

コンラッド卿の苦しみ

コンラッド卿は父に剣を向けて、儀式を妨害しエピァルテスを盗み出しマディアに加担し、ルーカディウス帝国を危機に陥れた罪で、あなたを拘束すると言いました。

父親に向かって、何をバカなことを・・・私が反逆罪だと?

こんなことをしてアイテラ家がどうなるかわかっているのか?

罪人を処罰するのに、私情を挟むつもりはない。

皇帝陛下もすでに処分を下された・・・まさか陛下が裏切りに気づいていないと思っていたわけではないだろう。

衛兵の一人が、王室の印章を提示しました。

コンラッド卿の母が衝撃を受けて倒れてしまいます。

コンラッド卿の連れて行けという言葉で、父は衛兵に手を取られます。

離せ!私を誰だと思っている!

コンラッド卿は執事のグウインに、昨日捜索に出ていた者たちを全て呼び戻すように、これ以上恥をさらさないでくれとお願いしました。

弟のフリートにも、母上を頼んだよと告げ・・・どこに行くのですか?と泣いてすがるフリートの頭を優しくなでると、罪人が犯したことの後始末をしてくるよと涙を流しながら言いました。

太后宮に騎士団が・・・!?

太后宮の裏通路

侯爵が問題だったようです・・・陛下もご存知の通り生贄の条件は高貴な血であること、そしてゆっくりと長い時間をかけて心が歪んだ者であることなどいろいろな条件があります。

どうやら公爵がエリー嬢よりその条件に適していたようで、エピァルテスの封印がこちらの想定より早く解かれてしまいました。

私の足を引っ張ることしかしないとイライラするマディア。

エリーは倒れて侯爵は逃亡中・・・公爵まで掴まって爪の鍵が解かれたら厄介です。

今の状況は、マディア側の人間とサルバトール騎士団、それからレンティウス団長率いる聖騎士団が交戦しています。

味方につけた聖騎士たちは、最高司祭が手を打ったようで・・・神殿が真っ先に行ったのが裏切り者たちをあぶり出すことでした。

死にぞこないの老いぼれが・・・苦労して潜入させておいたのに、今回の一件が一段落すれば、もう使い物にならない。

時間稼ぎのために、連れてきたわけではないのに・・・マディアが考えていた時大きな声が聞こえてきました。

もう太后宮に騎士団が・・・!

サルバトール公爵の行方の知らせはありません。

現在ゴミ捨て場の方にいるのは、公女とサルバトール卿だけです。

エムリックとカークに伝えて、何としても侯爵を連れて行くように。

マディアがエピァルテスを扱えるのは、二つ目の鍵が解かれたところまでです。

三つ目の鍵まで解かれてしまえば、どうすることもできません。

(いったいスペラード家はどうなっているの?条件にはまりすぎて弊害が生じるほどとは・・・こうなるとわかっていたら生贄になんてしなかったのに)

アイテラ大公はどうしている?とマディアが尋ねると・・・それが動きがありません。

箱の捜索に人をよこしてから何の動きもなかったのですが、今は司祭たちも皆引き上げられたようです。

ここにいたため対処できなかった・・・花からも連絡がありません。

裏の階段から脱出しようとしましたが、お出かけですかと声をかけられました。

お茶でもごいっしょしようと来たのですがそんな状況ではなさそうだと颯爽と現れたのはサルバトール公爵でした。

サルバトール公爵は魔法も使える・・・!?

立ちはだかる騎士に、そこをどけ・・・すれ違った時にはすでに二人は斬られていました。

王室の騎士団に何ということを!王族に対する暴力行為・・・これは反逆罪ですよ。

あいにく裏切り者を人として敬うほど私は心が広くない・・・剣に就いた血を払いながら言いました。

それに反逆者というのは、正当な王太子を無視し、自分の実子を王位に就かせるためにエピァルテスを利用しようとする者のことではないのか?

よくわかりましたねというマディア。

(どうりであのウエイストレーが躊躇なく騎士たちを送ったと思ったら、家族を利用されて腹が立ったのね)

マディアのことをもう太后と呼ぶ必要もないとサルバトール公爵が言った時、腹を立てたデビエンが魔法で火を放ちました。

そしてマディアのことを逃がそうとして、リフィエルにお願いをしました。

しかしデビエンに炎が襲い掛かります。

炎の中からサルバトール公爵が現れ、このところ私が剣ばかり使っていて皆忘れているようだが、私は魔法も使えるのだよ・・・パチンと指を鳴らしました。

デビエンに今度は氷が襲い掛かります。

これはすまない、一度で逝かせてやるつもりだったんだが、歳のせいか手元が狂ってしまったようだ。

ルーエンティも・・・!?

焼けた喉を押さえて、陛下の元へは行かせませんというデビエン。

サルバトール公爵は、デビエン高位司祭違うな・・・何か勘違いしているようだがそれを決めるのはマディアでもそなたでもない・・・このわたしだ。

自分の立場を勘違いしてもらっては困ると言いました。

怒りに任せて魔法を繰り出すデビエン。

まだここにいたんですか?ルーエンティが現れ防御の魔法を使います。

今しがた馬車が4台消えたので、そのうちの一つにマディアが乗っているはずですと伝えました。

サルバトール公爵が行ってしまうと、デビアンが後を追おうとしましたが、ルーエンティが4年前の貴族裁判でレスリーをいじめてたやつだな・・・二番目の兄として可愛い妹の仇を取らせてもらうぞと宣言しました。

 

怪物公爵と契約公女第118話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

サルバトール公爵の圧倒的な強さ!ルーエンティも頼もしいですね。

レスリーの仇を今こそ!

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪物公爵と契約公女がお得に読めるか調査しました!

「怪物公爵と契約公女」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「怪物公爵と契約公女」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

118話を読んだ感想

怪物公爵と契約公女第118話の感想をお伝えします。

コンラッド卿はついに自分の手で、父を罪人にしました。

後始末をしてくると静かに涙している姿・・・母の前で父のことを捕らえたくはなかったと思います。

マディアは秘密の通路を使って逃げようとしていましたが、サルバトール公爵に見つかってしまいました。

騎士がついていても、サルバトール公爵の気配も感じられなかったのですね。

鮮やかに騎士を斬ってしまいました。

デビエンももはや敵でもありません。

ルーエンティ―に後を任せて、マディアを追い詰めます。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪物公爵と契約公女ネタバレ118話!まとめ

こちらでは118話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

怪物公爵と契約公女 118話のまとめ
  • コンラッド卿は父に剣を向けあなたを拘束すると言った。
  • 裏の階段から脱出しようとサルバトール公爵が現れた。
  • サルバトール公爵は魔法も使える。