少女/女性漫画

怪物公爵と契約公女ネタバレ119話!あらすじ感想!レスリーの仇を取る

闇の力「怪物公爵と契約公女」。

ピッコマ独占配信ファンタジー

こちらでは119話のストーリーをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

マディアが逃げ出そうとした時、もう太后宮には騎士団が・・・。

裏の階段を使って逃げようとした時、サルバトール公爵がやってきました。

サルバトール公爵に、デビエンが魔法で攻撃したとき、ルーエンティがやってきて・・・。

怪物公爵と契約公女119話のあらすじネタバレ

怪物公爵と契約公女第119話のあらすじをお伝えします。

レスリーの仇を取る

逃げようとするデビエンに、どこに行くんだ?

あんた4年前の貴族裁判で、うちのレスリーをいじめてたやつだよな。

二番目の兄として、かわいい妹の仇を取らせてもらうぜと言いました。

戯けたことを・・・というデビエン。

ルーエンティは反逆罪でもエピアルテスのためでもなく、妹の仇を取る?

それも4年も前の事を今さら・・・。

うちの家門は、一家そろってどうにかしているんだ・・・だが、あんたもレスリーがココアにクッキーをのせて喜んでいるのを見て話しをすれば、少しは考えも変わると思うぜ?

なんせオレもそれまではあんたと同じ考えだったからな。

ルーエンティは魔法陣を操りながら、あんなかわいい妹はいないぜと言いました。

ルーエンティの出した氷の塊が、デビエンに襲い掛かります。

デビエンはかろうじて攻撃を防ぐと、騎士に何をしているのです!

怪物公爵でもなく、剣も使えないような魔法師一人相手に!

魔法師が無防備になる一瞬の隙を狙うのです。

騎士たちは顔を見合わせ、頷きました。

騎士二人でルーエンティに襲い掛かろうとしていると、はぁ~うざってぇと言いながら木の枝をつかみも騎士の喉めがけて打ち込みました。

そして肩を掴むと二人まとめて投げ飛ばしました。

これでも俺もサルバトールの人間だ・・・甘く見てもらっちゃ困るぜ。

何で魔法師ってのは、非力な軟弱者ばかりだと思われているんだ?

邪魔者は消えたし・・・そろそろ降伏したらどうだ?

どうせデビエンは指揮役で、戦闘要員じゃないんだろ?

そんな若くも見えないし、身体はいたわった方がいいぜと言うルーエンティ。

デビエンは、なんて命知らずな・・・と悔しそうです。

うちで暮らしていたら、自然とそうなるだろうな・・・とんでもなく恐ろしい人が一人いるもんでね。

(悔しいけれど、この魔法師の言う通りだ・・・私はこういった戦いに慣れていない、その上圧倒的な力の差・・・魔力も腕力も魔法師の方が遥かに上だ・・・だがここで引き下がるわけにはいかない)

(私が唯一この者に勝るもの・・・あの時は、ほんのわずかな力を加えただけだったが・・・これ程の魔術師を相手にするには、私の持つ力全てを注がなければ勝ち目はないだろう)

(その結果、これまで守ってきた神力と魔力の均衡が崩れるかもしれない・・・どうせこのまま生き残っても、反逆罪で死刑になるか、神殿の裏切り者として、人知れず死にゆくだけならば・・・)

ルーエンティ―の足元がぐらりと揺れ、ゴゴゴと地鳴りがしています。

あの方のところには行かせない!とデビエンは右手から魔法を繰り出しました。

惜しいな、あんたが考えていることは全部お見通しだぜ・・・けどまぁ好きにすると言い、デビエンの手を強く握ると、どっちが勝つか試してみようぜと言いました。

二人の手に火花が散り、デビエンが動揺しているとき、ハイハイ後には背後からはコンラッド卿が・・・。

背後からコンラッド卿が・・・。

デビエンの背中に手を当てると、デビエンに衝撃が走ります。

バチバチバチと火花が散り、あああっ!と悲鳴を上げました。

膝から崩れ落ちてしまうデビエン。

コンラッド卿がデビエンを拘束しています。

シールドを張っても相当痛いというルーエンティ―。

デビエン司祭様と声をかけると・・・アイテラ卿・・・どうですか?自分の父親を売った気分は・・・?

私には・・・到底・・・考えられなっ・・・と言おうとしてまだコンラッド卿がデビエンに手を当てました。

苦しそうな声を発するデビエンに、今からでも神に懺悔するつもりはありませんか?コンラッド卿は尋ねました。

デビエンは、ははっと力なく笑うと、私の神は一人だけですと言いました。

コンラッド卿は目をつぶって・・・残念です、司祭様と告げたのです。

どの馬車にマディアが・・・?

馬車が四方に散らばって逃げています。

追いかけている公爵に、芝者が四方にばらけましたと報告が入ります。

公爵はどれかに目星をつけて、ハルトは私についてこい・・・他の他のものは残りの馬車を追え。

民間人に被害が出ないよう、処理したらすぐに戻るように。

騎士は公爵に、あの馬車に太后が乗っているとなぜわかったのですか?と尋ねました。

勘だという侯爵に・・・はい?勘!?と聞き返す騎士。

あとは馬車の車輪だな。

車輪・・・ですか?

よく見るとあの馬車だけ車輪が違う・・・少し仕様を変えているのだろう。

随分離れているので、あれが見えるのか?と思う騎士。

マディアならあんなミスはしないと思うけれど、下の者は違う・・・主が少しでも遠くに逃げられるよう気を遣ったのだろう。

行こう、サルテ平原で捕まえるぞ・・・あそこなら民家への被害もない。

サルテ高原に入り、あと少しでサルテの森です。

そこなら追跡も難しいだろう・・・後ろから追手がきている気配もないし、このまま無事に平原さえ抜ければ・・・。

中に乗っていたのは・・・!?

そう話している姿をサルバトール公爵たちは少し高いところからじっと見つめています。

気がついて、サルバトールの騎士・・・!いや、待て・・・なぜ馬が2頭。

上からサルバトール公爵が、馬車に斬りかかってきました。

馬車が倒れて中から悲鳴が聞こえてきました。

サルバトール公爵は、なかなか頑丈だな、やはり魔法と剣劇に備えていたか。

馬車事ひっくり返してしまえば、それまでだが・・・。

ドアを開けると中から出てきたのは、マディアではありませんでした。

サルバトール公爵は、大したものだな・・・あれも囮だったのかと。

今さら気づいたところで、もう手遅れですわ・・・マディア太后殿下は、すでに安全な場所に避難されました。

あなた方には見つけられない・・・太后陛下さえご無事なら私たちは何度でもたちあがれる。

するとサルバトール公爵は、さて、それはどうかな。

マディアは長い間私を見てきたように、私もずっとマディアを見て来たんだ。

いこうか、クレンベイツ城に・・・。

 

怪物公爵と契約公女第119話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

馬車に乗っていたのはマディアではありませんでした。

しかしサルバトール公爵は、マディアの行き先を知っていました。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪物公爵と契約公女がお得に読めるか調査しました!

「怪物公爵と契約公女」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「怪物公爵と契約公女」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

119話を読んだ感想

怪物公爵と契約公女第119話の感想をお伝えします。

手強そうだったデビエン・・・しかしルーエンティとコンラッド卿で倒すことができました。

サルバトール公爵が、マディアが乗っていると思った馬車は、なりすました者が載っていました。

見失ったかと思いましたが、サルバトール公爵はマディアを知り尽くしていたのです。

までぃあをおいつめることができるでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪物公爵と契約公女ネタバレ119話!まとめ

こちらでは119話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

怪物公爵と契約公女 119話のまとめ
  • デビエンとルーエンティ―がやり合っていると・・コンラッド卿が現れた。
  • コンラッド卿がデビエンを拘束した。
  • 騎士が公爵にどうして太后が乗っているとなぜわかったのですか?と尋ねると勘だと言う。
  • サルバトール公爵が切り込んだ馬車は囮だった。