少年/青年漫画

怪獣8号ネタバレ48話!感想!鳴海隊長の専用兵器は日本最古の識別怪獣兵器!

怪獣になってしまった「怪獣8号」。

怪獣8号が凄い戦いシーンにドキドキする

こちらでは「怪獣8号 48話」のストーリーをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

怪獣9号はβと合体しようとしていました。

しかしβは鳴海隊長と戦っていて、学習をしていたのです。

鳴海隊長の専用武器を見て、攻撃もどんどんかわせるようになっていきます。

戦いの中で進化しているβ・・・第3部隊からの報告時ともまったくちがっていて・・・まるでウィルスのようだという四ノ宮長官。

鳴海隊長の武器はそれだけではありませんでした。

怪獣1号の眼が・・・!?

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

怪獣8号48話のあらすじネタバレ

怪獣8号第48話のあらすじをお伝えします。

鳴海隊長の専用兵器は怪獣1号の網膜からつくられた・・・!?

怪獣9号の胴体の真ん中に、大きな穴が開きました。

鳴海隊長の攻撃で開けられたものです。

鳴海隊長のもう一つの専用兵器は、怪獣1号の網膜から造られた日本最古の識別怪獣兵器でした。

おかしい・・・怪獣9号は感じていました。

見切ったはずの攻撃が、躱せないのです。

彼の攻撃の速度が上がったのだろうか?

いや違う・・・ボクの動く先に攻撃している!?

鳴海隊長の攻撃が、怪獣9号にすべて命中しています。

四ノ宮長官は、未来視の怪獣「1号」だと。

生物の運動時、脳から発せられる信号を視覚化することで、本人の体が動くより先にそれを察知する。

記録には回避不能の攻撃を放つ,恐るべき怪獣だったと記されていると話しています。

怪獣9号の核も視えた・・・!?

その頃、高くジャンプしていた鳴海隊長が、視えたぞと怪獣9号に告げていました。

全ての信号が必ず経由する一点がある・・・そこがお前の核か!!

怪獣9号は呆然として・・・ダメだ、学習が追いつかない・・・。

鳴海隊長は、隊式銃剣術2式・斬幕砲火で、怪獣9号を真っ二つに斬り裂きました。

斬られた怪獣9号も驚き、呆然としています。

司令部の人たちもおどろいてなかなかことばがでませんでしたが、鳴海隊長・怪獣8号本獣撃破というアナウンスがありました。

オオオオオと歓声が上がります。

蘇生していた余獣の反応が、次々と消失していきます。

隊員たちはガッツポーズ!

若い世代は簡単に想像を超えていく

まだ・・・と四ノ宮長官が言いかけた時・・・まだよ!!四ノ宮キコルの声が!!

まだ余獣が残っている!!引き続き殲滅行動に移行します!!

四ノ宮長官はキコルが映し出されている、大きな画面をじっと見つめていました。

すると隣で副長官が、強くなったな・・・君の娘はとつぶやきました。

四ノ宮長官は副長官を見ると、鳴海の時もそうだった・・・若い世代にはいつも驚かされる。

そして少し嬉しそうに、誇らしげに・・・簡単に私の想像を超えていくと言います。

キコルは殲滅行動を続けていて・・・長谷川は驚いていました。

実質識別怪獣が2対同時出現したにもかかわらず、防衛ラインはたった2か所・・・信じられないくらい小さな被害です。

全余獣討伐完了・・・。

品川討伐作戦・・・完遂です。

これが、四ノ宮長官の思い描く最強の部隊!!

怪獣8号からカフカに戻った時、キコルが目の前にいました。

二人は何も言わずに、グータッチしました。

その様子を嬉しそうに見ている四ノ宮長官。

鳴海、日比野、それからキコル・・・よくやった。

それは四ノ宮長官の声でした。

キコルは驚いて、カフカを振り返ります。

その眼には、涙がいっぱい溜まっていて・・・泣くのをこらえているようです。

引き続き住民保護を最優先に・・・現場の安全確保だと四ノ宮長官。

了!!カフカとキコルは敬礼をしました。

強大な怪獣の力・・・!?

鳴海隊長は武器を担ぎながら・・・何か引っかかると考えていました。

「君を殺シて、強大な怪獣の力をもらう」と怪獣9号が怪獣8号に向かって放った言葉。

命を奪うというのはわかる・・・だが後半の意味が分からない。

怪獣8号の目的は何だったんだ?

本当に怪獣8号の命を奪うことだったのか?

何かほかに目的が・・・と鳴海隊長が考えている時、ビーッビーッビーと大きなブザーの音が鳴り響きました。

カフカ、キコル・・・そして鳴海隊長が驚きます。

何事だ!怪獣反応!?現在詳細を調査中!!

 

その時カフカの耳に「間に合っタか」という声が聞こえてきました。

キコルもすぐに気が付き、ふりかえると余獣の中に怪獣9号が・・・!

残念・・・ダ、怪獣8号。

「君を殺ス」ことは叶わ・・・なかった。

カフカはあの野郎・・・!しぶてぇな、とどめを・・・と構えます。

怪獣9号は、だが・・・もウ一つの目的は果たさせてもらう・・・。

「強大な怪獣の力」はいただいていくよというと、ジュウウウ・・・溶けていくのでした。

何を言って・・・とカフカが尋ねようとしている時、あ―という声がイヤホンから聞こえてきました。

怪獣9号のもう一体の方が、「見つけたぞ・・・適合者と怪獣2号」

四ノ宮長官の背後に現れたのです。

狙われた人類最強・・・!!

 

怪獣8号第48話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

倒したと思った怪獣9号でしたが、もう一体残っていました。

まさか指令室に入り込んでいるとは思いませんでしたが・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪獣8号を無料で読めるか調査した結果

「怪獣8号」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

48話を読んだ感想

怪獣8号第48話の感想をお伝えします。

四ノ宮長官からお褒めの言葉が出るほどの最強の部隊ができました。

怪獣8号になかなか変身することができなかったカフカも以前よりも強くなり、キコルの攻撃にも磨きがかかり・・・鳴海隊長は最強の兵器を使いこなしています。

しかし怪獣9号も学習しながら成長する怪獣です。

相手の動きを分析して学ぶ怪獣がいるとは、誰も思っていなかったでしょう。

でもそれを上回ったのは、鳴海隊長の日本最古の識別怪獣兵器でした。

未来視ができるものなので、敵が次にどこに行くのかを予測できるものです。

怪獣1号からつくられたものなので・・・怪獣1号はどれだけ強かったのでしょうね。

完全に勝利したと思っても、キコルやカフカは余獣と最後まで戦っていました。

しかし倒したと思った怪獣9号はもう一体いたのです。

たしかに怪獣が現れたということを、指令室では察知していました。

でも怪獣はその時にはどこにもいなかったのです。

いきなり宣言して現れたのは、四ノ宮長官の背後でした。

怪獣9号は、怪獣2号を使いこなしている四ノ宮長官を狙っていたのです。

このまま連れ去られてしまうのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

怪獣8号ネタバレ48話!まとめ

こちらでは48話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

怪獣8号 48話のまとめ
  • 鳴海隊長のもう一つの専用兵器は、怪獣1号の網膜から造られた日本最古の識別怪獣兵器。
  • 怪獣9号の全ての信号が必ず経由する一点を狙った。
  • 信じられないくらい小さな被害で抑えられた。
  • 四ノ宮長官の背後に怪獣9号が!?