少女/女性漫画

「彼の好きな人は、私を好きな人」ネタバレ2話!あらすじ・感想を紹介!付き合う二人

めちゃコミ独占配信の人気コミック「彼の好きな人は、私を好きな人」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「彼の好きな人は、私を好きな人2話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

大学時代の友人だった麗子と健吾。

20歳の誕生日に麗子は健吾へ自分の気持ちを告白します。しかし、健吾は同性愛者だったのです。

付き合えなくてもそばにいることを決めた麗子ですが、それでもまだ健吾への恋心を忘れられずにいました。

2年後同じ会社に就職した2人。ある日会社の同僚と飲み会に参加した麗子と健吾。

しかし前に座る健吾の隣を陣取ったのは、麗子を敵視する同僚・阿川でした。

彼の好きな人は、私を好きな人2話のあらすじネタバレ

きみおもしろいね

周りの目も気にせず、阿川は健吾にベタベタとくっつきます。

そこへ健吾と同じ営業部の速水が現れました。

一緒に飲もうと健吾のもとへやってきますが、阿川は健吾から離れようとしません。

他の同僚にも声をかけ何人かで席に座った麗子でしたが、変わらず阿川にくっつかれている健吾の目の前の席になってしまいました。

悶々とする麗子は、同僚の会話も耳に入らず、何とかして阿川を引き離したいとあれこれ考えます。

そんなことを考えていた麗子は突然速水に声をかけられました。

麗子をずっと見ていた速水は、麗子に健吾を好きなんだと聞きます。戸惑う麗子に、図星かと笑う速水。

その笑い方を見て、健吾に少し似ていると麗子はドキッとします。

総務部に創業以来の美人が入ったと聞いていた速水は、麗子に美人は嫌いなんだよなと言います。

からかわれて怒る麗子でしたが、健吾から麗子の話を聞いて気になっていると言われてしまいました。

付き合ってみないか?といきなり言われた麗子は、慌てて立ち上がりますが、そんな麗子にどうしたのかと健吾が声をかけます。

阿川は面白がって、2人がお似合いだと茶化してきました。そんな状況に居たたまれなくなった麗子は、先に帰りますと飲み会を後にするのでした。

既読のつかないメッセージ

速水に告白されたことを健吾に聞かれていないか気にする麗子。

しかし振られた身である麗子は、健吾がそんなことを気にするわけもないと落ち込みます。

帰宅した麗子は、翌日健吾と美術館へ出かける約束をしていたので、メッセージを送りました。

ですが一向に既読がつきません。まだ飲んでるのかと不安になった麗子は、終電逃したらうちに来るよう再度メッセージを送ります。

ベッドに入った麗子でしたが、それでもまだ既読はつきませんでした。

不安のまま眠りについた麗子。しかし、朝になっても既読がつくことはありませんでした。

阿川さんと付き合うことにしたよ

翌朝、麗子は既読になっても返信が来ない健吾に電話をかけました。

けだる気な声で出た健吾に、体調が悪いのか、二日酔いなのかと心配になります。

いや…という健吾の声の後ろから、なんと阿川の声が聞こえてきました。

また後でと何の説明もなく電話は切れてしまいます。

その後も健吾から連絡はなく、その日初めて健吾は麗子との約束を破りました。

夕方になり窓辺で落ち込む麗子の元へ、チャイムの音が聞こえてきます。

健吾だと思い、玄関へ向かう麗子。嫌な予感を感じながら、麗子はドアを開け、怒っていると健吾に向かって言います。

しかしそこにいたのは、バツが悪そうな顔をした、昨日と同じ服を着る健吾でした。

ひとまず部屋へ招こうとする麗子でしたが、健吾は玄関から一向に動きません。

不審に思った麗子が声をかけると、健吾は阿川と付き合うことにしたと言うのでした。

 

<前話 全話一覧 次話>

彼の好きな人は、私を好きな人を無料で読めるか調査した結果

「彼の好きな人は、私を好きな人」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「彼の好きな人は、私を好きな人」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

2話を読んだ感想

1話では健吾への長年の片思いを伝えた麗子でしたが、健吾は自分が同性愛者だとして麗子を振ります。

それでも健吾のことが忘れられない麗子は、同じ会社の同僚になり、友達としてそばにいることを選びました。

そんな健気な麗子ですが、いつかはきっと健吾にも意中の相手ができるはずです。

その時近くにいることが辛くなるでしょう。

案の定モテる健吾は、いろんな男に媚を売る同僚・阿川に狙われてしまいました。

せっかく気を紛らわすために行った飲み会でも、健吾にくっついて離れない阿川を見るはめに。

好きな人が他の女性と一緒にいたら誰でも辛いはずです。

何とか引き離したい麗子ですが、どう声をかけたらいいかわからないのでしょう。

なぜなら、麗子は健吾の彼女でもなく、ただの友達だからです。

友達の立場でしかないのに、離れて欲しいなんて言えませんよね。

しかし本当に阿川は図々しいですね。麗子の気持ちがわかっているからこそ、逆に麗子に見せつけるように健吾のそばへ行きます。

そもそも会社の飲み会でこんなにくっつくなんて、呆れを通り越してすごいとさえ思えてきます。

そしてそんな焦る麗子の前に現れた、健吾と同じ営業部の速水。

どうやら麗子の話を聞いて気になっていたようです。笑い方が健吾に似ていると感じドキっとしてしまう麗子。

やっぱり基準は健吾なんですね。

速水は物腰も柔らかく、優しそうな印象を受けます。とってもいい人そう。

そんな速水は、麗子に付き合おうと持ちかけました。

正直付き合っちゃえ…と思ってしまうのですが、そんな簡単に健吾を忘れられるわけもないですよね。

先に飲み会を後にする麗子でしたが、健吾へメッセージを送っても一向に既読がつきません。

次の日出かける約束をしているのに、既読もつけないなんて。

麗子がかわいそうでしかたありません。

翌日ようやく電話が繋がったと思えば、お約束とでも言わんばかりに、阿川の声が。

飲み会の後からずっと一緒にいたのかと不安になる麗子。そして夕方麗子の元へ訪れた健吾は、昨日と同じスーツを着ていました。

せめて着替えてから来れば良かったのに…。どんどん追い打ちをかけられていきます。

そして極めつけに、阿川と付き合うと言った健吾。

ラストシーンでの麗子は驚愕の表情に。

同性愛者だから、たとえ阿川にアプローチされても付き合うことはないと、麗子はどこか安心していたはずです。

ずっと一緒にいた麗子でさえ振られてしまったのに、まさか阿川と付き合うはずはないと誰でも思います。

しかし、電話から聞こえた阿川の声、そして付き合うと言った健吾。ここまで聞かされたら否定できなくなります。

なぜ健吾は阿川と付き合うことにしたのか、飲み会の後何があったのか、俯く健吾の表情、そして、速水の登場に今後の行方が気になります。

<前話 全話一覧 次話>

彼の好きな人は、私を好きな人2話!まとめ

こちらでは2話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

彼の好きな人は、私を好きな人2話のまとめ
  • 健吾に少し似ていると笑顔を見せる速水に思わずドキッとしてしまう麗子。付き合ってみないかと言葉をかけられた。
  • 飲み会から帰り健吾に連絡をする麗子だったが、既読がつくことはない。翌日電話をすると後ろから阿川の声が…
  • 麗子の家に来た健吾。そして阿川と付き合うことにしたと告げられてしまう。