少女/女性漫画

けだものたちの時間~狂依存症候群~10巻あらすじ・ネタバレ

まんが王国配信の人気コミック「けだものたちの時間~狂依存症候群~」10巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回の9巻で、箱に鍵が掛かっていないと気付いた愛理は今井の部屋に入りました。

愛理は、瓶詰めにされた女たちの遺体や、切り取り線が書かれた自分の写真を見つけます。

すると今井が帰宅してしまい……。

けだものたちの時間~狂依存症候群~10巻あらすじ・ネタバレ

のこぎりを手に愛理を追う今井

瓶詰めにされた遺体を見つけて、愛理は言葉を失っています。

そんな愛理に、今井は「選択肢があれば愛理は自分を選ばない」と言いました。

右手には、のこぎりを手にしています。

愛理のために、新しくホームセンターで購入したのこぎりです。

とっさに、愛理は手元にあった薬を投げつけました。

すると今井はバランスを崩しました。

さらに、足元にあったゴミを踏んで、しりもちをついたのです。

その隙に、急いで愛理は今井の部屋から飛び出します。

冷蔵庫にケーキがあるから一緒に食べよう、と今井が愛理を呼びます。

あまりのことに、愛理は理解が追い付いていません。

愛理はゴミの山に隠れました。

ゴミ袋の山からは、ひどい匂いがします。

「あんなことできる人じゃない」と愛理は考え続けています。

これまでの殺人については話す今井

「何か誤解していないか」と今井は愛理に言いました。

愛理は特別だから、今までの女たちのようには潰さないと言うのです。

「1人目はうっかりして、すぐ絞め殺した」

「2人目からは、事前に調べて準備した」

愛理は1番入念に準備したため、やきもちは不要だと今井は言います。

今井はこれまでの相手について話し始めました。

OL・女子高生・女子大生・主婦・妊婦。

特に妊婦が興奮したのだと今井は楽しそうに語ります。

殴る側は、殴られない

今まで、大勢が今井の餌食になっていました。

殴る・切る・焼く・芸を覚えさせるなど、様々なことをしたのだと今井はいいます。

そして、それらはすべて、今井が母親にされてきたことでした。

「殴る側だから殴られない」のだと、今井は言います。

他の女たちも愛理のように媚びを売ったと今井は笑いました。

しかし愛理ほど、うまくいった相手はいないようです。

今井は猛烈な勢いで話し続けています。

暴力もなく、優しそうな顔をしていた時期もありました。

とても今までの今井と同一人物とは思えません。

ひととおりしたら、手足を切り「だるま」にすると今井は言います。

もう手足はいらないだろうと笑っています。

2階の窓から愛理が落ちて……

そのとき、愛理の目の前に、大きなごきぶりが落ちてきました。

突然のことに、愛理は思わず大きな悲鳴を上げます。

叫びながら階段を上がる愛理を、今井がゆっくりと追いかけました。

「いらないところを落とすだけ、ほしいものは全部買う」

今井は、そう愛理に説明しています。

愛理の手足を落とし、自分が世話をするつもりでいるのです。

愛理は2階の部屋に駆け込むと、鍵を閉め、テーブルでドアを塞ぎました。

今井は、ドアをのこぎりで叩きながら話し続けます。

顔を溶かすのと迷ったと言うのです。

しかし愛理の顔を見られなくなるのは寂しいと今井は考えていました。

そこで手足を落とすと決めたようです。

愛理が「やめて」と叫ぶと、今井はドアを叩く手を止めました。

そして、自分はズルをして愛理を手に入れたのだと言います。

外に出て正気に戻れば自分を忘れ、誠実な男を選ぶだろう、と。

ずっと愛理は、今井を選ぶと言い続けていました。

しかし今井は愛理を信じることができなかったのです。

再び今井は、ドアを叩き始めました。

愛理は部屋の窓を開けます。

下を見ると、地面には、ゴミ袋が高く積まれていました。

ちょうどそのとき、今井がドアを破り、室内へ入ってきます。

愛理が手にしているのは、のこぎりには抵抗できそうもない棒だけです。

この家で死ぬまで暮らそう、と今井が手を差し出しました。

それに対して愛理は、来ないでと答え、窓から落ちました。

名前を呼びながら、今井は落ちる愛理に手を伸ばし……。

<前話 全話一覧 次話>

けだものたちの時間~狂依存症候群~を無料で読めるか調査した結果

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

けだものたちの時間~狂依存症候群~10話を読んだ感想

今までの女たちとは、「OL・女子高生・女子大生・主婦・妊婦」など。

その女たちの顔も、漫画には登場しています。

また、彼女たちが、ひどい目に遭わされている様子も少し描かれています。

あまりはっきりと出ていないぶん、想像が膨らんでしまいました。

少なくとも5人は今井の犠牲になっているのが確定です。

今井は、想像以上に残酷な連続殺人犯でした。

1人目以降は、用意周到に準備していたという今井。

かなり計画的でもあるようです。

そもそも、愛理は、いつから狙われていたのでしょうか。

「優しい人だったのに」

繰り返し、愛理はそう考えています。

しかし本当に優しいなら、拉致も暴行も、しませんよね。

何話か、暴力のない時期が続きました。

だから愛理も、今井を信じてしまったのでしょう。

怖いと感じた予感通りにはなりました。

しかし、予想の何倍も怖い話です。

今井が歪んでしまったのは、親の虐待が原因です。

「すべて親にされた虐待であること」というのが、悲しい話です。

もし母親がひどいことをしていなければ……。

それにしても、これはひどすぎます。

愛理の顔を溶かす気だったという話。

かなり怖いと感じます。

どうしたらそんな発想になるのでしょうか。

『愛理を自分のものにしたい』

それは本当なのでしょうか。

愛理の手足を落としても、また別な女が犠牲になるのでは。

そう思えてなりません。

今井が我慢できる性格に見えないからです。

愛理は、とりあえず2階へと逃げました。

しかし時間稼ぎに成功しただけです。

すぐに追いつかれ、ドアも破られてしまいました。

窓の下には、多数のゴミ袋があります。

中身にもよりますが、ゴミの上に落ちたら助かるかもしれません。

それでも今井に追いつかれそうですよね。

どこまでも、愛理には不利な状況です。

1話で愛理が話していた通り、腕力では勝てないでしょう。

何か策を考える必要があります。

しかし時間の猶予がありません。

今井を、すっかり信じていた愛理。

さすがに、もう信じる気持ちはなくなっているはずです。

なんとか逃げなくてはなりません。

モデルに戻るどころか、命も危険です。

愛理は、どうやって今井と戦うのでしょうか。

まずは落ちた愛理が無事だと良いのですが……。

けだものたちの時間~狂依存症候群~10巻まとめ

こちらでは10巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

けだものたちの時間~狂依存症候群~10巻まとめ
  • 今井の右手には、のこぎりを手にしています。とっさに、愛理は薬を投げつけると今井はしりもちをつきます。その隙に、愛理は今井の部屋から飛び出します。愛理はゴミの山に隠れました。
  • 今井はこれまでの相手について話し楽しそうに語ります。今まで、大勢が今井の餌食になっていました。
  • 手足を切り「だるま」にすると今井は言います。今井は、愛理の手足を落とし、自分が世話をするつもりでいるのです。
  • 愛理は2階の部屋に駆け込みますが、すぐに追いつかれ、ドアも破られてしまいました。窓の下には、多数のゴミ袋があります。今井が手を差し出しますが、愛理は、来ないでと答え、窓から落ちました。

<前話 全話一覧 次話>