少女/女性漫画

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」11巻あらすじ・ネタバレ

まんが王国配信の人気コミック「けだものたちの時間~狂依存症候群~」11話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回の10巻で、今井は覚悟を決めたと言い、ホームセンターでのこぎりなどを購入。

今井は、愛理だけでなく、これまでに何人もの女を監禁して、殺害していたのです。

2階に上がった愛理は今井に追い詰められ、窓から落ちて……。

けだものたちの時間~狂依存症候群~11巻あらすじ・ネタバレ

初めて好きになった人

窓から落ちた愛理ですが、無事にゴミ袋の上に着地して起き上がりました。

すると、今井もすぐに、窓から飛び降りてきます。

「好きっていってくれた、この家でずっと一緒に暮らす」

そう言いながら、今井は、愛理の首を強く締めました。

(自分が好きになった、ひろくんは)と考えながら愛理は意識を失います。

愛理は、今井の声で目を覚ましました。

すき、かわいい、だいすき、と今井は繰り返し愛理に言います。

初めて好きになったのだから1人にしないでと言うのです。

そんな今井に、愛理は、人殺しは無理だと答えました。

今井は、だよね、と素直に愛理から離れます。

しかし自分なしでは生きられない体になるから大丈夫だと言い出しました。

今井は愛理に、ノートを見せています。

そこには、どんなふうに愛理を切断するかが書かれていました。

こうすれば嫌いでも一緒にいるしかないと言うのです。

恐怖のあまり、愛理は泣きながら失禁してしまいました。

そんな愛理に「泣いている顔」が1番可愛い、と今井が言います。

優しい男の子は5年前に死んだ

こんなに綺麗なのにもったいない、と今井が愛理の手を撫でています。

それでも、やはり、こういうのが好きだと今井は続けました。

最近は愛理が嫌がることをやめていた今井。

これからは少しずつ教えると、今井は愛理の爪をはがしました。

愛理の口は塞がれているため、叫び声が出ません。

次々に今井は、愛理の爪を剥がしました。

ネイルの手入れを頑張っていたことを今井は知っています。

小瓶につめて、いつでも見られるようにしておこう、と今井が提案しました。

愛理の爪を自分の爪に載せた今井が「初ネイル」だと笑っています。

そのとき愛理は吐きますが、口が塞がれているため吐瀉物が鼻から出ています。

何か言おうとしていることに気付いた今井が、愛理の口枷を外しました。

愛理は、ひろくんは、こんなことはしない、と言います。

初めて好きになった相手だ、優しい男の子だと愛理は泣きました。

しかし、今井は、そいつは5年前に死んだと答えました。

15枚、爪が残っていると今井は楽しそうです。

そこでケーキがあることを思い出し、今井はキッチンへと向かいました。

このままでは逃げられないと悟る愛理

椅子に縛り付けられている愛理は、逃げようともがきました。

大きな物音を聞いた今井は、いい子にしないと殺すと声を掛けます。

しかし、愛理はあきらめずに椅子を動かしました。

愛理は目の前にあるカッターを掴むと、拘束に使われていたテープを切ります。

自由になった愛理は、家の外に飛び出しました。

すぐに今井が気付き、のこぎりを持って追いかけます。

逃げても意味はないと今井が愛理に声を掛けました。

「刑期が終わったら愛理を迎えて結婚する」

「死刑なら脱獄してくる」

愛情と責任をもって、終生飼育するのだと今井は言います。

逃げられないのだ、と愛理は悟りました。

殺しでもしない限り、ずっと追いかけるのだと。

愛理は、自分の人生を、こんな男に奪われてたまるか、と感じます。

その手にはカッターが握られていました。

今井に見つかった愛理は……

今井は、愛理の血痕を見つけます。

そこから、ついに今井が愛理を見つけてしまいます。

とっさに、愛理は、抱いてと頼みました。

痛いのも我慢するし逃げないから考え直してほしいと言うのです。

愛理が性を武器にするのは何か意味があると今井は指摘します。

そんな今井に、愛理は、自分で選んで服従しているのだと答えました。

興奮した今井は、もっと媚びて見せるように命令します。

愛理は、犯してください、と懇願しました。

さらに興奮した今井は愛理の手を掴むと、股間を触るよう指示します。

すると愛理はカッターの刃を出して、今井の股間に刺したのです。

今井は悲鳴を上げました。

愛理は今井の腹を蹴ると、落ちていたのこぎりを手に取り、今井に振り上げました。

意識を失っていた今井が、目を覚ましました。

今井は、愛理にしたのと同じように、椅子に縛り付けられています。

目の前には、愛理が立っていて、許さないと呟き……。

<前話 全話一覧 次話>

けだものたちの時間~狂依存症候群~を無料で読めるか調査した結果

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

けだものたちの時間~狂依存症候群~11話を読んだ感想

今井は、やはり、かなり怖い存在だと感じます。

愛理の爪を剥がしていく今井が、かなり楽しそうでした。

明るい表情で、何の迷いもありません。

やはり今までは「我慢していただけ」だったようです。

今井を信用し、好きになってしまった愛理。

すぐには受け入れられないのも無理はありません。

拉致監禁や暴行までは、なんとか受け入れました。

しかしやはり、人殺しは無理だと話しています。

人殺しどころか、その遺体を保管までしているのです。

とても無理でしょう。

優しい男の子は5年前に死んだ、と今井は話しています。

その5年前というのが1人目を殺したときのようです。

もし事故的に相手が死ななかったら違ったのでしょうか。

ただ、今井は、殺人を楽しんでいるようです。

縛られていた愛理ですが、なんとか脱出しました。

カッターという武器も手に入れています。

おそらく今井が、愛理に使おうとしていたのでしょう。

そのカッターを、愛理は上手に利用しましたね。

今井はのこぎりを持っています。

武器としては弱いものの、良いタイミングで使っています。

奪ったのこぎりで殴ったため、今井が意識を失ったようです。

そして愛理は、今井を椅子に縛り付けました。

……愛理は何をする気なのでしょうか。

逃げるなら、今がチャンスだと感じます。

ただ、逃げても「追いかけてくる」と愛理は考えていました。

今井も、そう愛理に話していますし、たぶん本気でしょう。

そうなると、このまま逃げても危険です。

生きている限り狙われてしまうかもしれません。

そうは言っても、さすがに今井を殺すわけにもいきませんよね。

初めて、2人の立場が逆転しました。

「殴る側は殴られない」という今井の言葉を思い出します。

今なら愛理も殴られる心配などないはずです。

まさに、こういう状況なのかもしれませんね。

愛理は最後のページで、許さないと呟いています。

監禁生活は半年にも及びました。

かなりつらい日々だったはずです。

まさか愛理は今井に復讐する気なのでしょうか。

復讐したいと感じるのも無理はないのですが……。

腕力では男にかなわないと考えている愛理。

しかし、今井は縛られています。

勝てる可能性もありますよね。

ここからの愛理の行動が気になります!

けだものたちの時間~狂依存症候群~11巻まとめ

こちらでは11巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

けだものたちの時間~狂依存症候群~11巻まとめ
  • 愛理は、無事にゴミ袋の上に着地しました。今井も窓から飛び降りて愛理の首を強く締めました。目を覚ましました愛理は、今井に人殺しは無理だと答えました。今井のノートにはどんなふうに愛理を切断するかが書かれていました。
  • 次々に今井は、愛理の爪を剥がしました。小瓶につめて、いつでも見られるようにしておこう、と今井が提案しました。
  • 椅子に縛り付けられている愛理は、テープを切り、家の外に飛び出しました。今井が気付き、のこぎりを持って追いかけます。愛理の手にはカッターが握られていました。
  • 今井に見つかった愛理は犯してください、と懇願しました。今井は股間を触るよう指示します。すると愛理はカッターで今井の股間を刺しました。
  • 意識を失っていた今井が目を覚ますと、椅子に縛り付けられていました。愛理が立っていて、許さないと呟きます。

<前話 全話一覧 次話>