少女/女性漫画

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」2巻あらすじ・ネタバレネットもダメ

まんが王国配信の人気コミック「けだものたちの時間~狂依存症候群~」2巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回の1巻で、人気モデルの愛理は、コンビニ店員の今井に監禁されました。

突然結婚してほしいとプロポーズすると、今井は愛理を犯してしまいます。

殴られ、凌辱される愛理は、使えるものは使って戦うと決め……。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

けだものたちの時間~狂依存症候群~2巻あらすじ・ネタバレ

従い続けたことによる快挙

出掛けていた今井が、帰宅し、箱の中にいる愛理に声を掛けます。

ぎこちない笑顔で、愛理はおかえりなさいと答えました。

今井はソファに座り、愛理に足を舐めさせています。

こういうのが好きかと聞かれ、愛理は好きだと答えました。

「愛理は弱くてみじめで警戒に値しない女」

そう思ってもらおうとしているのです。

コンビニの廃棄弁当が床に置かれています。

弁当には虫が入らなくなりました。

愛理は、そのことを快挙だと感じています。

トイレは部屋の隅で、猫砂の上。

それでも愛理は、オムツよりはマシだと考えています。

ふと今井が、愛理に触れ、髪の臭いを嗅ぎ、シャワーに入れてくれました。

愛理は殴られ続けているため、全身が痣だけです。

シャワーから出ると、化粧品が並べられていました。

愛理がいつも使っているブランドです。

最近良い子にしていたご褒美だと今井が言います。

いつもメイクをして可愛い状態でいてねと今井は言います。

それを見て、愛理は思わず涙を流すのでした。

ネットもテレビもダメ

監禁から2か月が過ぎました。

愛理は裸ではなく、服を着ています。

足枷はついていますが手は自由で、ペディキュアを塗っています。

今井が帰宅しました。

ほしいものがあったか聞かれ、愛理は付箋を貼った雑誌を見せます。

すると今井は全部買ってあげると答えました。

ニタっと笑う顔を見て、愛理はキモいと感じています。

しかし、いまがチャンスだと考えました。

ネットでも見たいものが。

そう切り出すと、今井は、ネットは駄目だと答えます。

毎日愛理とセックスできるなんて夢みたいだと今井は嬉しそうです。

楽しいかと聞かれて、愛理はうんと答えました。

それでも、夜は暇だと言います。

テレビを見たいというのが愛理の本心です。

しかし、今井は、暇つぶしなら本があるというと、愛理の髪を掴みます。

やっぱりいらない、と答えると今井は笑顔を見せるのでした。

腹痛で動けない愛理を無理やりに

監禁から3か月が経過しました。

今井が買ってきた乳液が、いつもと違うものだったと愛理が怒っています。

返品してきて、と愛理は乳液を投げつけました。

いつも可愛くしてほしいんでしょ、というと、今井は素直に謝罪します。

相変わらず愛理の身体は痣だらけです。

今井は乳液を拾うと、にやにやしながら謝りました。

それまで愛理は、綺麗なものや可愛いものに囲まれて暮らしていました。

素敵なものに囲まれていれば、自然と笑顔になれたのです。

だいぶたちますが、今井には隙が見あたりません。

いつ逃げられるのかを愛理は考えています。

帰宅した今井は、大人のオモチャを手にしています。

今日はコレを使おうと上機嫌です。

しかし愛理は生理痛により動けずにいます。

今日はお腹が痛くて、と愛理は答えました。

すると突然今井は愛理を蹴り始めます。

オモチャを使って無理やり犯された愛理は泣きながら謝罪しました。

「生意気な態度を取らない」「もうわがままいわない」

そう謝り続ける愛理に、今井はにやにやと笑いかけます。

さらには買ってきたシュークリームを無理やり愛理の口の中に入れるのでした。

すべてを返してほしいと話す愛理

翌日、愛理は雑誌を渡されますが、いらないと答えます。

自分以外が活躍しているのを見たくないのか、と今井はからかいました。

そして今井は、無理やり顔の前に雑誌を広げます。

怒りが爆発し、愛理は「いらない」と大声で何度も言いました。

服も化粧品も全部要らない、元の時間と自分の努力を返せと愛理は言います。

呆然と座っている愛理を、今井が後ろから抱きしめました。

「ニュースを見ても無駄、誰も愛理を探していない」

「いなくなっても誰も気付かない」

「友達もファンもみんないなくなった」

「でも自分は愛理をずっと必要としているし大事にする」

そう今井が言います。

悪夢にうなされた今井が突然……

1人で寝ていた今井は、夢を見ています。

「死ねばよかった、生まれなければ、邪魔、気持ち悪い」

そう言われながら今井は踏みつけられています。

涙を流しながら今井は目を覚ましました。

今井は、愛理のもとへと走りました。

そして愛理の名前を呼ぶと、死ねよ、と笑顔を見せて……。

<前話 全話一覧 次話>

けだものたちの時間~狂依存症候群~を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

けだものたちの時間~狂依存症候群~2巻を読んだ感想

使えるものは使う、と決意した愛理。

なんと監禁生活は2話めの時点で3か月に突入しています。

ほとんど知らない相手との3か月。

想像しただけで怖くなりますね。

しかも毎晩、愛理は相手をさせられているようです。

例え生理でも。

このシーンが本当に可哀想でした。

愛理にとっては屈辱的な時間だったに違いありません。

残酷な描写だというわけではありませんが、つらくなります。

まだ2話めでありながらも、すでに越えることばかり。

女性からすると本当に怖くなる話です。

嫌なことばかりが起こる漫画ですね。

コンビニで笑ったのが、好きになった理由。

これが怖いと感じます。

もちろん普通なら有り得ないこと。

「しかし、こういう発想の人がいるのかも」と考えてしまいますよね。

おとなしくしていた愛理には化粧品が与えられました。

また、服も買ってもらえたようです。

ただし今井は、やはり異常です。

お腹が痛いと断られただけで激怒し、愛理を殴っています。

優しく見えていても、それは表面だけのこと。

かなり残酷な人物のように感じられます。

笑顔も、ただにやにやしているだけ。

あまり感情が伝わってきません。

テレビもダメ、ネットもダメという今井。

確かに、インターネットは分かる気がします。

誰かに助けを求められたらアウトでしょう。

今井が愛理にネットを見せるはずがないと感じます。

「テレビを見てはいけない」

これは愛理のことが報道されているからなのではないでしょうか。

人気モデルが突然失踪したのです。

騒ぎにならないはずがありません。

今井は「誰も探していない」と言っていました。

これは嘘だと感じます。

そんなはずがありません。

友達や家族はともかく、仕事には支障が出ているはずです。

そんな今井は何か悪い夢を見ていたようです。

「気持ち悪い、生まれなければ」

そんなことを言われていた今井。

これは現実にあった出来事なのでしょうか。

愛理も虐待を受けていたような描写がありました。

もしかしたら今井も、同じ経験があるのかもしれません。

しかし何があろうと、拉致監禁暴行など、許されませんよね。

「死ねよ」と愛理に話した今井。

ここからどうなるのでしょうか。

かなり不安な終わりかたであるため、続きが気になります。

けだものたちの時間~狂依存症候群~2巻まとめ

こちらでは2巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

けだものたちの時間~狂依存症候群~2巻まとめ
  • 今井が愛理をシャワーに入れました。シャワーから出ると、化粧品が並べられていました。おとなしくしていたご褒美だと今井が言います。愛理は思わず涙を流すのでした。
  • 愛理は付箋を貼った雑誌を見せます。すると今井は全部買ってあげると答えました。しかしテレビもダメ、ネットもダメという今井でした。
  • 今井は、大人のオモチャを使おうと上機嫌ですが、しかし愛理は生理痛により、今日はお腹が痛いと答えました。すると突然今井は愛理を蹴り始めます。すると愛理は泣きながら謝罪しました。
  • 翌日、服も化粧品も全部要らないから元の時間と自分の努力を返せと愛理は言います。
  • 「死ねばよかった、生まれなければ、邪魔、気持ち悪い」そう言われながら今井が踏みつけられている夢から今井は目を覚ますと、愛理のもとへと走りました。

<前話 全話一覧 次話>