少女/女性漫画

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」9巻あらすじ・ネタバレ覚悟を決めた

まんが王国配信の人気コミック「けだものたちの時間~狂依存症候群~」9巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回の8巻で、愛理は今井の誕生日にケーキとハンバーグを作ると約束します。

当日になり料理ができあがると、今井は豹変し、愛理に包丁を突きつけました。

自首して罪を償おうという愛理に、今井は許してもらえないと答え……。

けだものたちの時間~狂依存症候群~9巻あらすじ・ネタバレ

今井の言葉に涙する愛理

「愛理は自分を好きにはならない」

そう話したとき、明らかに今井は、おかしな様子でした。

愛理と向き合う覚悟を決めてほしいと愛理は言います。

今井の様子に、愛理は、彼が何かを隠していると感じます。

一緒に寝ている今井に寄り添うも、今井は喉が渇いたとベッドを出ます。

まだやり直せるという言葉を、今井はまったく信用できずにいました。

しかし今井は、仕事から帰ると、愛理のもとに駆け寄りました。

そして愛理を抱きしめ、覚悟を決めた、と言います。

自首して罪を償って、向き合ってほしいと愛理は話していました。

それが叶うのだと愛理は感動しています。

ずっと一緒にいたいという今井に、愛理は、「うん」と泣きながら答えます。

完璧な天使が家で待っている

アルバイトをしている今井は、最近接客が良くなったと褒められています。

もしかして彼女でも出来たのかと店員は言いました。

今井と愛理は2人で外出を繰り返しています。

一緒に手をつないで出掛け、遊んだり、食事をしたりしているのです。

うたたねをしていた愛理は、ふと目を覚ましました。

寝ぼけたまま、今井が理解してくれたことについて考えています。

「後ろめたくない」

そんな2人になりたいと考える愛理は、箱に寄りかかりました。

すると、不意に音がして、箱が空きます。

普段、外から掛けられているはずの鍵が、掛かっていないのです。

愛理は、ライトを手に、箱の外に出ました。

アルバイト中の今井は、トイレ掃除をしています。

……店に良く来る可愛い子を、知れば知るほど好きになった今井。

「明るくて清潔でまじめ」そんな完璧な天使だと今井は考えています。

その天使が、今は、家で今井の帰りを待っているのです。

鼻歌を歌いながら掃除をする今井は、帰りにケーキを買おうと考えています。

愛理が押入れの中で見つけたものは

また忠誠心を試されているのだろうかと愛理は考えています。

しかし、もうそんな必要もないはずです。

「ひろくん」と呼んでも、返事はありません。

本当に鍵を掛け忘れたようです。

ふと、愛理は、今井の部屋に目を止めました。

母親の遺骨らしき箱が見えます。

愛理は、その部屋の中に足を踏み入れました。

愛理は自分を好きにならないという言葉が思い出されます。

そのころ今井は、ホームセンターにいました。

愛理は特別で、今までの女とは違います。

だから、のこぎりは新調しよう、と考えていました。

ブルーシートと、止血用のウェスト、ペンチ。

今井は楽しそうに品物を選んでいました。

……母親の死後、痩せて無精ひげを生やした今井は、ふらふらと歩いていました。

母親を殺すべきだったと考えていた今井に、突然、転機が訪れました。

道端で、泥酔した女がうずくまっていたのです。

今井は女に声を掛け、連れ帰ると、首を絞めながら犯しました。

しかし正気に返ると、女は既に息絶えていたのです。

次は、もっと上手にやろうと今井は考えました。

ばらばらにした女の死体を瓶に詰め、今井は押入れに入れました。

もっと長く、自分がされたように、いろんなことがしたかったのです。

生きる希望を見つけたと今井は感じました。

覚悟を決めたと笑顔を見せる今井

その瓶の入った押入れの前に、愛理が立っています。

手や足が、部位ごとに瓶の中に入れられていました。

何人分なのかも分かりません。

壁には、死体と一緒らしき今井の写真まで貼られています。

作りものだ、母親が殺したのでは、と愛理は考えました。

そして後ずさりをした愛理は、何かで足を滑らせ、転びます。

足元にあったのは、愛理の写真が貼られたアルバムらしきものです。

写真の周囲には無数の書き込みがありました。

「すき」「かわいい」という言葉の他に、「だるま」という文字があります。

さらに愛理の足や首には切り取り線が書かれていました。

思わず愛理が口元を抑えたとき、電気がつきました。

今井が来たのです。

鍵を掛け忘れていた?と今井は笑いました。

そして愛理に対して、覚悟を決めたと笑顔を見せ……。

<前話 全話一覧 次話>

けだものたちの時間~狂依存症候群~を無料で読めるか調査した結果

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

けだものたちの時間~狂依存症候群~9話を読んだ感想

想像を絶する展開が待っていました。

嫌な予感はしていましたが、こんな展開になるなんて。

今回は、かなり怖いストーリーでした。

愛理を拉致し、監禁している今井。

そんな今井は、ずっと愛理のストーカーをしていました。

しかし、過去にも、大勢の女を監禁していたようです。

そして死体は部分ごとに切られて瓶の中に。

1人目は無計画に連れ去って殺してしまった様子。

母親が自殺した直後のようです。

すぐ殺してしまったことを今井は後悔しています。

おそらく、それ以降は計画的な犯行なのでしょう。

「もっと長くいろんなことがしたかった」

それが女たちを殺した理由のように見えます。

殺したことへの後悔は感じていないようです。

それが、まず怖いですよね。

愛理の写真が貼られたアルバムは不気味なほどに書き込みがありました。

気になるのは「だるま」という文字と、切り取り線です。

つまり愛理の手足も落とそうとしているのでしょう。

確かに今井は最初から、かなり暴力的でした。

愛理を好きだと話ながらも、壮絶な暴力で支配したのです。

ただ、虐待被害者だと知り、今井は少しずつ変わりました。

だから穏やかな日々が続いているかと考えていたのです。

実際に今井はホームセンターに足を運んでいます。

のこぎりを新調するのだと。

その表情は、今まで見た中で1番いきいきとしていました。

きっと本当に愛理の手足を切断する気なのでしょう。

瓶の中には女性の髪の毛が入っているものもありました。

こんなものを実際に見たら、とても耐えられそうにありません。

愛理も現実を直視できずにいます。

母親がやったのでは?と考えているのです。

それは当然ですよね。

認めてしまうと、怖くなってしまいます。

自分も「その中の1人」になる可能性があるでしょう。

「覚悟を決めた」と今井は話していました。

それは、自首ではないに違いありません。

愛理を殺すこと、または、愛理の手足を切断すること。

そう覚悟したように見えます。

タイミング悪く、今井が帰宅しました。

愛理は、まだ今井に自首してほしいと考えています。

しかし、早く逃げたほうが良さそうです。

愛理は、どうなってしまうのでしょうか。

他の女たちのようにならなければ良いのですが……。

けだものたちの時間~狂依存症候群~9巻まとめ

こちらでは9巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

けだものたちの時間~狂依存症候群~9巻まとめ
  • 愛理は、彼が何かを隠していると感じます。今井は、仕事から帰ると、愛理を抱きしめ、覚悟を決めたと言います。今井と愛理は、一緒に手をつないで出掛け、遊んだり、食事をしたりしています。
  • ふと目を覚ますと箱に鍵がかかっておらず、愛理はライトを手に箱の外に出ました。アルバイト中の今井は、帰りにケーキを買おうと考えています。
  • 愛理は、今井の部屋から母親の遺骨らしき箱が見えます。そのころ今井は、ホームセンターにいました。のこぎりと、ブルーシートと、止血用のウェスト、ペンチを選んでいました。
  • 押入れには女性をバラバラにして詰めた瓶があり、その前に愛理が立っています。愛理の写真もあり「だるま」という文字と足や首には切り取り線が書かれていました。
  • 今井が来て、愛理に対して、覚悟を決めたと笑顔を見せます。

<前話 全話一覧 次話>