少女/女性漫画

「ここからはオトナの時間です。」ネタバレ4巻!あらすじ・感想を紹介!取り憑かれたみかん

広告で大人気の「ここからはオトナの時間です。」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「ここからはオトナの時間です。4巻」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

ここからはオトナの時間です。の前回のあらすじ

迷惑かけた恩返しに亜久津からのお願いで一緒に寝ることになったが、先に眠ったはずの亜久津にいきなり押し倒されるみかん。

いつもと違う雰囲気の亜久津の言動に中身は亜久津でないと気づく。首元のペンダントがないことにも気づく。

必死で抵抗するも力及ばずで、服を脱がされ身体を舐められ最大のピンチ!

どうしようどうしようと考え、亜久津に強烈なキックをあびせ中に入っていた霊を追い出すことに成功する。

そんな一夜を過ごして眠れないまま会社へ。

寝不足からまた先輩に怒られかけてしまうが、亜久津からの会議室への呼び出しで助けられる。

昨日の夜何かしたかなと亜久津に聞かれるが本当のことを言えるはずもなく、大丈夫ですと答える。

チョコを手渡され、餌付けしてなつかせようって作戦だからと冗談で言われ、みかんはそんなことしなくても部長のこと大好きですよと言ってしまう。

はっとしてそそくさと立ち去るみかんだった。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

ここからはオトナの時間です。4巻のあらすじネタバレ

亜久津がみかんの気持ちに気づく??

みかんが立ち去った後、亜久津はみかんの言葉にえ?と顔を少し赤らめた。

自分のデスクへ戻ったみかんは穴があったら入りたい状態で赤面しながら机に顔をふせ、わああーと泣いていた。

自然に出てしまった言葉がよく考えてみれば大好きなんて、告白になってない?!と自問自答していた。

その様子を見た隣のデスクの先輩は、佐々木どうした?亜久津にいじめられたか?と声をかける。

みかんは先輩の声が聞こえていない様子。

部長があの霊から解放されて安心して暮らせるといいな、と思うが同時にまた一緒に過ごせたら良いなと自分勝手なことも考えてしまうんだよね、と二つの思いが錯綜していた。

でもまずはどっちにしろアレをなんとかしなきゃね!と気持ちを奮い立たせた。

1人あれやこれやと考え、泣いたりおかしを見つめたり忙しいみかんを見ていた先輩。

さっきからどした?おもしろいぞ、お菓子見てどした?と言うが、みかんには聞こえていない。

亜久津と一緒にいたいみかん

それからというものみかんは、仕事が忙しそうな亜久津の体調が日に日に悪くなっているのを感じていた。

心配で声をかけたいが、忙しそうな亜久津になかなか声をかけられずにいた。

彼女でも何でもないのに疲れてるみたいだから一緒に寝ませんかなんて言えるはずもなく、、悶々とした日を過ごした。

いつものように1人でご飯をたべていた時、ふと1人のご飯ってこんなに味気ないものだったかなと亜久津との食事を思い出していた。

ある日隣のデスクの先輩がスマホを見ながら、困っていた様子だったので声をかけるみかん。

聞くと娘さんが熱を出したから迎えに来てくださいと幼稚園からメールが入っていたそうだ。

一大事じゃないですか?!すぐお迎えに行ってあげて下さいとみかん。

先輩は迎えに行きたいけどまだまだ仕事が残っているからと言う。

先輩のパソコンを確認したみかんは、これなら私できるのでお迎えに行ってください!お母さんは1人しかいないんですしと心強い言葉をかけた。

先輩は涙目でありがとう!この借りは必ず返すから。と退社していった。

2回目のお呼ばれ

引き受けた仕事も終わらせるといつもの終業時刻をとっくに過ぎていた。

帰ろうとすると亜久津にバッタリであう。

まだ残ったんだと亜久津。もう帰るところです、とみかん。

その時2人同時にあの!と言った。

先に亜久津が、急なんだけど今夜って一緒に過ごせるかな、、と申し訳なさそうに聞いてきた。

みかんはもちろん!と即答だった。最近の亜久津が疲れてる様子で心配だったと話すみかん。

他の人にも指摘されててやばいなと思っていたんだけどみかんに遠慮していたと亜久津。

困ったときはいつでも言って下さいとみかん。

でも、、オレばっかり得してるから佐々木はしてほしいこと何かない?と聞かれる。

え、、と少し考えたみかんはごはんまた一緒に食べて欲しいです!と言う。

そんなことでいいの?じゃあそれが交換条件てことで一旦帰って準備したら来てと亜久津。

ではお先にと帰ろうとするとイスに引っかかり転びそうになるみかん。

亜久津は全身で受け止めてくれて転ばずに済んだ。そのはずみでペンダントが首から外れ、亜久津が拾って渡してくれた。

少し考えたみかんは亜久津にペンダントを渡しながら必死でこれをつけて下さい!と言う。

そんなことをすれば自分が危ない目にあうと分かっているのに。

亜久津宅へ

一旦帰宅し準備をして急いで亜久津の家へ向かったみかん。

亜久津はまだご飯できてなくて、と申し訳なさそうに言うが、みかんは持参した手料理を差し出しながら私も手伝いますとはりきる。

そんなみかんに風呂に入っておいでと亜久津。みかんはびっくりしてバッグを床に落とす。

お風呂に入りながらみかんは、私がお風呂に入ってても何も思わないのかなとしょぼんとした。

ふわっと部長の香りがしたかと思うと、よおひさしぶりと黒い声がした。

思わず立ち上がるみかん。見えてるけどいいのか?という黒い声の方をキッと睨む。黒い声はこの間の借りを返させろよと言った、、、。

キッチンでは亜久津が料理の仕上げにとりかかっていた。

そろそろ佐々木上がってくるかなと思っていると、部長と声がした。

振り返るとタオル一枚でびしょ濡れのまま微笑んでいるみかんがいた。

その姿に恥ずかしくなった亜久津は後ろをむき気持ちを落ち着かせようとした。

するとみかんに首のそれ返してほしいと言われ外す亜久津。みかんに渡そうとすると、向こうを指差し、あっちに置きに行くよう指示され隣の部屋に置いた。

置いたから服を着て一緒に食べようと亜久津が言いかけるとみかんが後ろから抱きついてきた。

タオルがパサっと床に落ちたのを感じた亜久津はドキっとする。

佐々木離れてと言うが部長こっち見てと言うみかん。そんなの無理だと亜久津。

無理矢理自分の方へ向かせ、どうして?と聞くみかん。首に腕を回し、この間はあんなことしたのにと言う。

亜久津はやっぱりオレ何かしたんだと不安になり謝る。

抱きついたまま耳元で、それはいいからもっと気持ち良いことしましょとくちびるを近づけて行く、、

<前話 全話一覧 次話>

ここからはオトナの時間です。を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

4巻を読んだ感想

みかんの発言で亜久津はみかんの気持ちに気づいたようですね!

亜久津もみかんのことを可愛いと言っていたし、また一歩2人の距離が縮まったように感じました!

思わず言ってしまったことに1人ジタバタ泣いたり赤面したりするみかんですが、良い方向に進んで行く予感しかしません。

日に日に体調が明らかに悪化していく亜久津を心配し声をかけたいが彼女じゃないし、となかなか声をかけられないみかんに奥ゆかしい女性と言う印象を持ちました。

先輩が困っていたら代わりに仕事を引き受け残業したり優しいし控えめだけど、相手を思いやることのできる素晴らしい女性ですね。

残業を終え、亜久津から今夜って一緒にすごせるかなと言われますがドキドキするセリフですね。言われてみたい。

また一緒にご飯を食べる約束をして帰り際 転びそうになりペンダントが首から外れてしまいます。

よく外れるペンダントだなと思いますがこれを亜久津に渡すなんて、心から相手を心配し自分のことより他人を思いやる、みかんの良い所ですね。

このペンダントを渡したことで みかんが霊に身体を乗っ取られるとは!

裸で亜久津に迫り、この間とは真逆ですが亜久津は覚えていないし霊の存在も知らないので、この後どうなってしまうのか続きが気になります!

<前話 全話一覧 次話>

ここからはオトナの時間です。4巻!まとめ

こちらでは4巻の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ここからはオトナの時間です。4巻のまとめ
  • みかんは部長に告白してしまった恥ずかしさがすごい高まっている。
  • 残業を終えて帰ろうとすると、部長と会い今日また泊まりに行く約束をする。そのとき日に日に疲れている部長を想いペンダントを渡した。
  • 部長の家でお風呂に入っていると、この間の霊が現れペンダントをしていないみかんは取り憑かれてしまう。