少女/女性漫画

「ここからはオトナの時間です。」ネタバレ6巻!あらすじ・感想を紹介!濃厚なキス

広告で大人気の「ここからはオトナの時間です。」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「ここからはオトナの時間です。6巻」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

ここからはオトナの時間です。の前回のあらすじ

真っ暗な空間にたたずむみかん。

すると裸のみかんが亜久津にキスを迫ろうとしている場面を目撃する。

まさか今度は私が身体を乗っ取られた?!

馬乗りになり、気持ちよくなりましょとさらに迫るみかん。

最大のピンチを迎えたが、みかんはなんとか自分で身体を取り戻すことができた。

霊の話しを亜久津にすると信じてはもらえたが ペンダントはみかんに返すと言う。

あとは自分でなんとかする、と。もう頼ってもらえなくなるかもと不安になるみかん。

繁忙期が落ち着き、社員みんなで居酒屋で打ち上げをしていた。

その席でみかんはお茶と間違いお酒をのんで、あの抱っこ癖が出てしまう。

男性社員から可愛いとちやほやされるが、みかんは陽気にはしゃいでいる。

その様子を見た亜久津は微妙な表情を浮かべていた、、

ここからはオトナの時間です。6巻のあらすじネタバレ

目を覚ますと亜久津部長が!

酔ってよろめいたみかんを亜久津が支えた。

みかんを介抱していた先輩の西は、みかんを支えた亜久津に「亜久津!佐々木をよろしく!住所送ったから!」と亜久津にバトンタッチして帰ってしまう。

西は、この間のかりは返したからね!とルンルンな足取りで帰宅する。

幸せそうな顔で亜久津にしがみつくみかん。

亜久津は仕方なくみかんを家へ送り届けた。鍵を開け中に入るとみかんが目をさました。

先輩ありがとうございます、、!?とよく見ると亜久津だった!

驚くみかんに間違って酒をのんで寝てたんだと教えてあげた。

謝るみかんだったがなぜ部長がと聞くと、西から頼まれてと答えた。

亜久津はなんだか怒っているような顔だった。

そのことに気づいたみかんは 不安になり帰ろうとした亜久津の腕をつかみ、ひきとめた。

濃厚なキス

私また何かしましたか?と聞く。

佐々木が酔っ払ったとき会社の奴らが可愛いとか色々言ってて佐々木も隙だらけだしそういうの見てたら態度が悪くなって。不機嫌丸出しにしてガキかよ、と呟いた。

みかんはそれはやきもちですか?と聞くと亜久津はそうかもしれないと答えた。

みかんは赤くなりそれが本当なら嬉しいです。すると亜久津はバッグを床におとしみかんにキスをした。

驚いて部長を突き放してしまうみかん。

再び亜久津に引き寄せられ今度はもっと長いキスをされる。さらに舌をからませてきた。

濃厚なキスにみかんはその音と舌使いに頭がふわふわして何も考えられなくなる、、と気持ちよさに震えた。

それを見た亜久津はもう他のやつの前で飲むなよとと言い、帰ろうとする。

みかんは今日は一緒に、、と言いかけるが、今日は帰るよと亜久津。

今何するかわからないし、じゃあおやすみと帰っていった。

みかんは幸せで真っ赤になりうわーと叫んだ。

今起こったことを回想してベッドに顔をうずめ足をバタバタさせ、キスした!と興奮が収まらない。

部長のくちびるの感触を思い出し、柔らかさと気持ちよさと激しさにすごかった!あんなキスするんだ!と驚きもした。

みかんはショーツがびしょ濡れなことに気づき どういうことー!と大興奮であまり眠れない夜を過ごした。

西先輩の気遣い

翌朝会社に着くと、抱っこしてくださーいと声がし、ギョッとする。

面白がった先輩がみかんをからかってそう言ってきたのだ。

やめてくださいよーと恥ずかしくて泣きそうなみかん。

今度は私が抱っこしてもらおうかなーとみかんをさらにいじる。

西先輩がこら!佐々木をいじめるな!と追い払ってくれた。

昨日亜久津に任せちゃったけど大丈夫だった?と聞かれ、真っ赤になりながら冷や汗をかくみかん。

それを見た西は苦笑いしながらこりゃなんかあったなと思った。

ココアの元をみかんに差し入れし、これあっちで飲んで落ち着きな!と言った。

お礼を言い受け取って給湯室へ向かうみかん。

西はその背中をみながら、あのこなら亜久津を、、と何やら考えていた。

 

亜久津部長の用事

ココアでルンルンのみかん。通りすがりに出勤した亜久津と目が合いドキっとする。

昨日のキスを思い出し目をぎゅっと瞑るみかん。近くにいた男性社員とぶつかりココアが上着にかかってしまう。

男性社員はごめんなと謝る。大丈夫ですとみかん。

そのやりとりをみた亜久津は、オレのせいだなと昨日のことを思い出した。

そのあともみかんを目で追い、こけそうになるみかんを見て微笑んだ。

でもこんな感情は許されるんだろうか、、と何か思っている様子。

給湯室で上着のココアを洗い部屋を出るみかん。

入れ違いで入ってきた女性2人は明日のバレンタインについて話している。部長と課長にはあげようかなと1人が言うと、亜久津部長はやめときなーだって、、と何かあるようだ。

仕事をいつもより少し早く上がる部長。今日は用事があってといい退社する。

みかんは今日は全然話せなかったとしょんぼりしながら歩いていると、チョコの試食販売を見つけた。

明日がバレンタインだということを思いだし、店に入って紙袋を持って店から出てきた。

かってしまったー!とみかん。もらってもらえるわけがないと毎年家族にしか渡してなかったけど、今年は受け取ってもらえるといいなと亜久津のことを想った。

早めに退社した亜久津は病院で問診をうけていた。

もし辛いとかなにかあったらいつでもきてくださいね。と言われ病院を出た。

そこでバッタリとみかんと出会ったのだった。

<前話 全話一覧 次話>

ここからはオトナの時間です。を無料で読めるか調査した結果

「ここからはオトナの時間です。」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

6巻を読んだ感想

ずっと横で介抱していた西先輩、優しいですよね。

亜久津にバトンタッチがナイスです。この2人は同期なのかな?

みかんを送り届け、玄関でお互いの気持ちを確認しあい、キス。

好きだ付き合ってとは言葉には出してませんが、充分ですよね。

部長は案外濃厚なキスをするんですね。今まで控えめな感じがしていたのでワイルドそうな一面が見えてドキドキしました。

みかんに一緒にと誘われたので、そのまま過ごすのかと期待しましたが何をするかわからないからと帰宅した亜久津部長。

女性としては、え?となりますが、やっぱり誠実な人柄を感じ好感をもてました。

みかんはキスでふにゃふにゃになり次の日もこころここにあらずな感じでバタバタやらかしてましたね。可愛いです。

それを見ていた亜久津も可愛いなと感じたんでしょうね。

こんな感情は許されるんだろうかと意味深なことを思っていましたが、何なんでしょう。

給湯室での女性の会話で亜久津はやめときな、だって、とありましたがこちらも何かあるようで気になります。

病院でのやりとりは私は最初内科かとおもいましたが心療内科を受診していた?心の病?何なのか次回が楽しみです!

<前話 全話一覧 次話>

ここからはオトナの時間です。6巻!まとめ

こちらでは6巻の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ここからはオトナの時間です。6巻のまとめ
  • 酔っ払ったみかんを介抱することになった部長。理性を取り戻したみかんと熱いキスをした。
  • 西先輩、女性職員が話している内容から部長はどうやら持病を持っているよう。
  • みかんは部長に渡すバレンタインのチョコを買って帰るが、その最中病院から出てきた部長と鉢合わせする。