少年/青年漫画

国民ボタン1話あらすじ・ネタバレ・日本国民全員が死ぬボタン

めちゃコミ独占配信の人気コミック「国民ボタン」1話のあらすじと感想を紹介します。

全話一覧 次話>

国民ボタン1話あらすじ・ネタバレ

深夜に佐藤の部屋を訪れたのは、悪魔?!

6月25日、月曜日の深夜0時過ぎ、佐藤の部屋のチャイムが鳴らされました。

ピンポーンという音に、佐藤は「うーん」と反応します。

部屋の中には電気が付いていません。

明日は仕事であるため、もうベッドに入り眠っていたのです。

こんな夜中に、と言いながらも、佐藤はベッドから起き上がりました。

目を擦りながら、佐藤は「はい」とドアを開けます。

佐藤太郎の部屋を訪ねてきたのは、タキシードに帽子をかぶった不気味な人物です。

ツノが生えた男は、ドアを開けたのが佐藤太郎であることを確認します。

そして、ご当選おめでとうございます、と告げました。

動揺した佐藤は、何のことかと来訪者に聞きました。

すると男は、「悪魔」と書かれた名刺を差し出したのです。

それが、佐藤と悪魔の出会いでした。

2つのボタンがある謎の箱

部屋の中に入った悪魔は、テーブルを挟んで佐藤と向き合い座っています。

今日中に渡さなければうるさいのだと、悪魔は佐藤に詫びました。

佐藤は、悪魔に飲み物まで出しています。

何となく中に入れたものの、どうしたら良いか佐藤には分かりません。

表情も、ツノも、どう見ても普通の人間には見えないと佐藤は感じています。

特に印象的なのは、黒目と白目の大きさがちぐはぐな目です。

クスリをやっているのでは、と佐藤は考えています。

早く帰ってもらおうとした佐藤は、話が何なのかと切り出しました。

すると、悪魔は、パチと指を弾いたのです。

何もないところから、突然、四角い箱が現れました。

上部には、丸いボタンと四角いボタンが付いています。

また、正面と思われる場所には、悪魔の顔が描かれていました。

どうやって、と驚く佐藤に、悪魔は手品ではないのだと答えます。

日本国民全員が死ぬボタン

悪魔は、佐藤が、ゲームの「選択者」に選ばれたのだと説明を始めました。

「1か月以内に、箱に付いた2つのボタンのうち、どちらか1つ」を押す……。

そう言われた佐藤は、僕が?と怪訝そうな表情を浮かべています。

「片方は、ボタンを押しても何も起こらない」

「もう片方のボタンを押すと日本国民全員が死ぬ」

そういうと、悪魔は舌を出します。

普通なら、とても信じられるような話ではありません。

しかし悪魔の雰囲気は不気味です。

「本当かも」と感じる何かを、悪魔は持っています。

7月25日の期限までに、どちらかを必ず押すよう、悪魔は念を押しました。

押さなかったら、と佐藤は質問します。

すると悪魔は、やはり国民全員が死ぬ、と答えました。

無茶苦茶だと佐藤が言うと、悪魔は、当然だと言います。

なぜならこれは、悪魔が考えたゲームだからです。

立ち去ろうとする悪魔を、佐藤が呼び止めました。

そんな怖いボタンなど、押せるわけがありません。

すると悪魔は、押す・押さないは自由だと言います。

佐藤は悪魔を玄関の向こうへと押し出しました。

さらに、持って帰って下さいとボタンがついた箱も渡します。

扉を閉めた佐藤は、そのままドアにカギをかけました。

しかし悪魔は笑っています。

薄気味悪すぎる、と言いながら、佐藤は部屋の中へと戻りました。

ところが、返したはずのボタンが付いた箱が、テーブルの上に置いてあります。

「何なんだ」と佐藤は玄関を振り返ります。

帰宅した佐藤が見たものは……

南DEMO商事株式会社。

佐藤は、勤務先にボタンが付いた箱を持ってきていました。

そんなもんは捨てろ、と同僚が呆れた顔を見せています。

ボタンが付いた箱は精巧な出来です。

小さいのに重いことから、精密機械が詰まっているのでは、と佐藤は考えています。

オークションに出したら高く売れるのでは、と同僚は笑いました。

佐藤は、だめだと答えます。

くだらない、というと、同僚は佐藤の手からボタンが付いた箱を取り上げます。

そして、そのまま自動販売機横にあるゴミ箱に入れてしまいました。

忙しいのに付き合いきれない、人がよすぎる、と同僚は佐藤に言います。

夜になり、仕事を終えた佐藤は部屋に戻って電気を付けます。

結局はボタンが付いた箱が気になり、仕事には集中出来ない1日でした。

そんな佐藤は、テーブルの上にあるボタンが付いた箱を見て、青ざめるのでした。

全話一覧 次話>
【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

国民ボタンを無料で読めるか調査した結果

「国民ボタン」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「国民ボタン」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

国民ボタン1話を読んだ感想

6月25日の深夜に、佐藤が住む部屋を訪れた謎の男は、悪魔とのこと。

その顔にはツノがあり、歯は尖っています。

とても人間とは思えない、不気味な様子でした。

悪魔でも、そうでなくても、こんな人物が突然現れたら……かなり怖いですよね。

思わず信じてしまう気持ちも分かる気がしています。

対照的に、佐藤の同僚は、まったく信じていませんでした。

悪魔の顔を見ていないのですから、それも無理はないのかもしれません。

オークションで売ることを提案された佐藤は、かなり強く駄目だと答えています。

「もしもボタンが付いた箱が本物だったら」と考えると、オークションは怖いですよね。

手元には置きたくないものの、迂闊に手放すのも怖いというのが、厄介です。

そもそも、なぜ唐突に、佐藤が「当選」したのでしょうか。

無作為に選ばれたようにも見えますが、正解は分かりません。

正解のボタンを選べば、何も起こりません。

しかし、もう1つのボタンを選ぶと国民全員が死ぬのです。

「正解のヒント」などもなく、ただ選ぶだけ。

しかも両方押さなかった場合も、国民全員が死んでしまいます。

現在の段階では、このボタンが本当に危険なものなのかも、不明です。

ただ、普通の品物ではないことが、よく分かります。

悪魔に返しても、ゴミ箱に捨てても、ボタンは勝手に帰ってくるのです。

この様子なら、オークションに出して売れても、戻ってきそうですよね。

「捨てても捨てても人形が戻ってくる」という怪談を思い出します。

もし本物なら、佐藤1人が抱えるような問題ではないと感じます。

かなりプレッシャーがかかりそうです。

誰か信頼出来る相談相手がほしいように感じます。

いまのところ、ボタンについて知っているのは、悪魔・佐藤・佐藤の同僚のみ。

この同僚は、まったくあてにならない印象です。

そもそも、ボタンが本物だとは信じていないように見えます。

内容から「試しに押してみる」という訳にも行きません。

本物であれば1か月以内に正解のボタンを選ぶ必要があります。

まずは本物かを確認したいところですが、方法はあるのでしょうか。

1話目から、かなり不気味なスタートです。

7月25日までに、佐藤は正解を見つけられるのでしょうか。

国民ボタン1話まとめ

こちらでは1話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

国民ボタン1話まとめ
  • 深夜に、佐藤の部屋のチャイムが鳴らされました。部屋を訪れたのは悪魔とのこと。その顔にはツノがあり、歯は尖っていて不気味な様子でした。ご当選おめでとうございます、と告げました。
  • 佐藤は、話が何なのかと切り出します。突然、四角い箱が現れ、上部には、丸いボタンと四角いボタンが付いていました。
  • 悪魔は、2つのうち1つのボタンを選ぶと国民全員が死ぬ。両方押さなかった場合も、国民全員が死んでしまうのです。
  • 期限の7月25日までに押すよう悪魔に言われました。
  • 佐藤は、勤務先にボタンが付いた箱を持ってきていました。同僚は佐藤から取り上げ自動販売機横にあるゴミ箱に入れてしまいました。
  • 仕事を終えた佐藤は部屋に戻ってくるとテーブルの上にあるボタンが付いた箱を見て、青ざめるのでした。

全話一覧 次話>