少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ107話!あらすじ感想!女王陛下をおもてなし

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

さっそく107話の展開をご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

クロエは聖女に面会要請をしました。

アルフォンスはクロエの警護を強化していてたので、そのことを知りましたが、理由が分かりません。

クロエはアフタヌーンティータイムに友人を招待しました。

特にポートナム夫人はお腹に赤ちゃんがいるので。むくみが気になると話していました。

それでむくみに効くようなハーブティーをブレンディングして・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ107話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 107話のあらすじをお伝えします。

フランドールの女王陛下をもてなす手伝いを依頼される

アフタヌーンティータイムが終わり、席を立つ時ロネフェルト夫人がお願いしたいことがあると声をかけてきました。

ロネフェルト夫人の夫が、取引先の接待をすることになり侯爵夫人にお力添え頂きたくて・・・。

以前皇室で温の使節団をもてなす席を準備なさったことがありましたでしょう?

皇室ほど盛大にもてなすことはできませんが、できればよいお茶をお出ししたいというので、クロエはそのようなことでしたら大歓迎です、ぜひお手伝いさせてくださいと答えました。

接待なさる取引先とはどなたですか?と尋ねると、フランドールの女王陛下だと。

クロエはフランドール?と驚きます。

フランドールは帝国の東側に位置する小さな王国で、地形的な規模は公国と同じくらい小さいけれど、行政力に優れ・・・何よりも上質なルビーとサファイヤの鉱山を大量に所有しています。

財政的に裕福な国家の一つです。

そしてそのフランドール王国の君主が女王カタリナ2世。

ご存知の通り、貴金属事業を扱う我が公爵家において、カタリナ2世は最も重要な取引先のひとつだというロネフェルト夫人。

彼女が数週間後に、個人的な用で帝国に立ち寄るので、その時に公爵家に招待して思い出に残る特別な時間を過ごしていただきたいんです。

公爵夫人なら何かいいアイディアがあるのではないか?

もてなす相手がフランドール王国の女王とは、大変そうだけれどいい経験になりそう。

それにロネフェルト夫人は、私のとても大切な友人だから・・・る

クロエは、承諾して・・・それでは今度好みに合わせたいいお茶を選べるように、お相手についてもう少し詳しくお聞きしてもよろしいですか?と尋ねました。

ロネフェルト夫人の顔がパアアアアーッと明るくなり、もちろんです。

引き受けてくださって本当にありがとうございますと言いました。

卓越した審美眼・・・!?

フランドール王国の女王は、ついに帝国の首都に入場しました。

さすが帝国ね・・・我がフランドール王国もどこに出しても恥ずかしくないけれど、帝国とは比べものにならないようだ・・・宝石のように美しい・・・私のコレクションに加えたいほどに。

女王陛下のおなりです!

ロネフェルト侯爵たちが出迎える中、ゴージャスな女王陛下が馬車から降り立ちました。

ロネフェルト侯爵に挨拶した後、今度は講釈夫人に挨拶する女王。

中に案内して、女王陛下を気にするロネフェルト夫人。

侯爵も焦りながら女王陛下に、この部屋の飾りは妻が丹精込めてご用意いたしました。

女王陛下にご満足していただけるといいのですが・・・。

侯爵夫人が自ら飾り付けなさったのですね・・・侯爵夫人はお目が高いようです。

夫人の表情が明るくなり、お礼を言いました。

ですが残念ながらそこまでです・・・装飾品一つ一つは美しいけれど、バランスが良くない。

この室内装飾で何を表現したかったのか、一貫性が感じられない。

女王の基準では、高評価を差し上げるのは難しいと。

落ち込んでいるロネフェルト夫人ですが侯爵は陛下は卓越した審美眼をお持ちですねとなんとかフォローしようとしています。

クロエのことを知っていた・・・!?

お料理が出され、ロネフェルト侯爵夫人は、料理もご不満なのかしら?と考えています。

夫の事業になくてはならない大口の取引先・・・なんとしてでも満足してもらわなければ・・・公爵夫人に賭けるしかないようだと。

侯爵が、女王陛下、フランドール王国では紅茶を嗜まれるとお聞きしまして、今回は食後主の代わりにお茶を用意しました・・・お口に合うといいのですが・・・。

お茶ですか?帝国ではお茶を飲まないと聞いておりましたが、再起な突然お茶が流行り出したという噂を耳にしました・・・そのせいかしら?という女王陛下。

そうなんです・・・帝国にお茶を流行らせた当事者・・・クロエ・バーテンベルク公爵夫人が女王陛下のためにお茶を準備いたします。

とても気になりますね・・・すぐに準備していただきたいわと話す女王陛下。

すぐに準備をすることに・・・。

服装の選び方から・・・!?

クロエが部屋に入ってきました。

そしてフランとセールの女王陛下に挨拶をします。

クロエを見て、ロネフェルト夫人は気が付きました。

なぜ公爵夫人が控えめのドレスにすると言ったのか今わかった。

女王が華やかなのに、公爵夫人まで華やかに着飾れば、それぞれが主張しすぎて結局両者とも魅力が半減する。

でも清楚なドレスにすれば、お互いの魅力が帰って引き立つわ。

女王陛下はクロエを見て、数百年もの間お茶を飲まなかった帝国に、お茶の風を吹かせた・・・あの噂の公爵夫人があなたなんですね。

そんなあなたが淹れるお茶を飲めるなんて・・・実に興味深い経験になりそう。

でも、先にお伝えしておく・・・私はあまりお茶が好きではありませんという女王陛下。

クロエは女王陛下の目を、「この世界」は勿論「前世の世界」でも何度となく見て来た目つきだからよくわかる。

初めて会った相手を試す不愉快な目つきです。

理由は何でしょうと尋ねるクロエに、それは美しくないからと女王陛下は答えました。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 107話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

女王陛下はとても気が強そうですね。

クロエはお茶が嫌いだという女王陛下をどうやってもてなすのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

107話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 107話の感想をお伝えします。

クロエに助けを求めたロネフェルト夫人。

ロネフェルト夫人が頑張ったところは、ことごとく不評でした。

あとはクロエにかけているのでしょう。

クロエはドレスの選び方から違っていました。

ちゃんと訳があったのですね。

今度は女王陛下が、お茶が嫌いだというではありませんか・・・。

クロエは子の女王陛下をどうやって攻略するのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ107話!まとめ

107話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 107話のまとめ
  • ロネフェルト夫人の夫が、取引先の接待をすることになり侯爵夫人にお力添え頂きたくて・・とお願いしてきた。
  • 装飾に対して装飾品一つ一つは美しいけれど、バランスが良くないと言う女王陛下。
  • 女王陛下の目は、何度となく見て来た”初めて会った相手を試す不愉快な目つき”。