少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ108話!感想!お茶が好きではない女王陛下

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

さっそく108話の展開をご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

ロネフェルト夫人はクロエに、フランドールの女王陛下のおもてなしをお願いしました。

フランドールの女王陛下は難しい人で、ロネフェルト夫人のもてなしがあまり上手くいきません。

クロエに望みをかけて・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ108話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 108話のあらすじをお伝えします。

お茶が好きではない女王陛下に・・・!?

いつも紅茶を飲んでいる王国の女王だから、みな私が紅茶を好きだと思うでしょう。

もちろん私も普段公私茶を飲みます・・・でもそれだけ。

お茶を何度も飲んだけれど、ただの一度も感動したことがありません。

オレンジ色や朱色に炫る紅茶って美しいかしら?

そんな色など私の目には、バカげた者に見えるだけ。

宝石にたとえたなら、AAA級にも満たないA級程度かしら。

だからといって真っ黒に縮れた乾いた茶葉が美しいかしら?

口元に赤い扇を開いて・・・むしろワインの鮮やかな血の色と、木の上に実る丸い

果実の方が、はるかに美しいでしょう。

ブルーのお茶が・・・!?

クロエは、これから私が美しいお茶をお見せいたします。

準備したお茶の色がブルーで・・・青茶でございます。

紫色の花から作ったハーブティー、ブルーメロウをブレンドして色をつけました。

(ブルーメロウは鮮やかで真っ青な色をしているけど、それ自体には味の香りもほとんどないから、他のお茶にブレンディングするのよね)

女王陛下もティーカップの中を見て、確かに色がサファイヤのようで美しいわ。

でも・・・一口飲んでみて香りはいいですね・・・でもこれだけでは物足りない気がします。

それでは次のいっぱいをお注ぎします・・・同じ色のお茶なので、先ほどの同じお茶ですか?と尋ねる女王陛下。

すると侍女が何かをカップに注ぐと、お茶の色が変化しました。

まさか魔法ですか?

ブルーメロウの青い色は、レモン汁と出会うとこのような美しいピンク色になるのです。

前世では酸性、アルカリ性の実験くらい小学校で習ったけれど、ここでは魔法だと考える方が信じやすいかもしれない。

しかもブルーメロウの青い水の色は、空気に触れると参加して、だんだんと緑色になっていき、その時レモン汁を入れると紅色に変わる。

一種類のお茶で、ありとあらゆる色を楽しむことができるわ。

女王陛下は、まあ面白かったわ・・・この程度なら王国に戻って自慢できそうだと。

ですが公爵夫人、あなたは帝国にお茶を流行らせた当事者ですよね・・・クロエを見つめながら。あなたの腕前はこの程度ではないと思いますがいかがです?挑発するような女王陛下。

フランドールの国旗に見立てたお茶

クロエは落ち着いていて・・・もちろんでございます、他のお茶も準備いたしますと。

すると準備されたのはお湯です。

女王は先にお茶を淹れて持ってくるのではないのねと。

クロエは箱を持ってきて女王に見せました。

中には実のようなものが一つ入っています。

これは茶葉でございますとクロエが告げると、女王陛下は驚きます。

不思議な形ですね・・・この茶葉があなたの言う美しい茶葉ですか?

さようです・・・今からお見せいたしますというクロエ。

一般的にお茶を淹れる時は、茶葉を先に入れてお湯を注ぐ、上投法で淹れます。

だが、ファニングスのように、茶葉が非常に薄くデリケートな場合は、お湯を先に入れて茶葉を後から入れる下投法で淹れることもあります。

今回のようにお湯を半分注ぎ、茶葉を入れたあともう一度お湯を注ぐ方法は、中投法ともよばれ、この方法は比較的茶葉に刺激を与えずにすみます。

女王が茶葉を見ているとポンと音がして、蕾が広がり始めました。

それはまるで、フランドールの国旗のようです。

緑茶と花で作った、温の工芸花茶というもので、ご覧の通り熱いお茶の中で花が咲くお茶で、女王陛下のために特別に注文して作りました。

目で楽しむだけではなく、味と香りも引き立つように気を遣ったと話すクロエ。

女王陛下は一口飲むと、公爵夫人の言葉通り奥深い緑茶の味と共に、甘い花の香りが鼻先をくすぐるのです。

女王陛下のところに侍女が来て、このフランドールの国旗模様の工芸花茶を女王陛下に贈り物として差し上げます・・・このお茶が陛下の喜びとなりますようにというクロエ。

たくさんの人がいろいろな贈り物を捧げて来たけれど、まさか水の中で咲くお茶なんてものを見ることになるとは思わなかったと笑いだす女王陛下。




スカウトされるクロエ

さすが公爵夫人、あなたの評判がただの噂ではなくてよかった。

契約の件もうまくいったようで、ロネフェルト夫人がお礼を言いに来ました。

クロエも貴重な経験をさせていただいてと言って帰ろうとした時、女王陛下に呼び止められました。

そして私のために働きませんか・・・クロエが優れた事業家だという噂は聞いていました。

そして女王陛下は自分の天然石事業を管理してくれる優秀な企業家が必要です。

あるいは貴方が我が国の政務を手伝うことも可能でしょう。

帝国で女性が政治をすることは不可能ですが、わが王国の私の下であれば可能です。

契約金として、宰相級のサファイヤを生産する鉱山を3つ差し上げます。

もちろん年俸は別途支給します。

苦労は今のトリプルスイートとは比較にならないほどの収入だと考えました。

とても光栄ですが、なぜ私にそのような提案を?

女王には趣味があり・・・それは美しいものを集めるということで・・・クロエはまさに光輝く人材ですと・・・。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 108話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

クロエの細かな気配りと、発想が素晴らしいですね。

女王陛下のスカウトにどうクロエは答えるのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

108話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 108話の感想をお伝えします。

ロネフェルト夫人はクロエに救われましたね。

女王陛下が、こんなに難しい人だとは思いませんでした。

その厳しい基準をクリアして、信頼されたクロエは本当に素晴らしいと思います。

女王陛下の提案に、クロエはどう答えるのでしょうか?

でももし帝国を離れなければできない仕事ならば、即断ることでしょう。

アルフォンスが住んでいるのは、帝国なのですから・・・。

アルフォンスのいない生活など、クロエにはもう考えられないでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ108話!まとめ

108話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 108話のまとめ
  • お茶を何度も飲んだけれど、ただの一度も感動したことがないと言う女王陛下。
  • サファイヤのような美しいブルーのお茶を用意した。
  • フランドールの国旗のような茶葉を女王陛下に送ったクロエ。
  • 女王陛下は自分の天然石事業を管理してくれる優秀な企業家が必要だとクロエをスカウトする。