少女/女性漫画

【最新話】公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ109話!あらすじ感想!

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

さっそく109話の展開をご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

お茶を何度も飲んだけれど、ただの一度も感動したことがありません。

クロエはブルーのお茶を淹れ、レモン汁も足して味と香りでもてなし、フランドールの国旗模様の工芸花茶を贈りました。

女王陛下にスカウトされたクロエですが・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ109話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 109話のあらすじをお伝えします。

女王陛下

あなたのような人材を手に入れるためなら、何でもするわよ。

これが私の人生における楽しみであり、存在理由ですからという女王陛下。

クロエはつまり、陛下のコレクションになってほしいということですね。

とても光栄ですが、その提案をお受けすることはできませんと伝えるクロエ。

女王陛下は、帝国の女性は政治や相続の部分で制約があるのになぜ・・・?

クロエがいくら敏腕の事業家でも、たくさんの偏見からは逃れることはできないでしょう。

それら比べてフランドールでは、このカタリナ2世の下で、何でもできる・・・お茶も帝国より手に入りやすいのに、断るとはどういうことですとお怒りです。

またとない機会だと思うのですが、私は私の仕事をしたいのですというクロエ。

勿論陛下が提案してくださったお仕事もやりがいがあると思います。

ですが、より困難で苦しい道だとしても、今が好きなんです・・・まだやりたいこともたくさんありますし。

私はただただお茶に関わる仕事をしている時が幸せなのです。

女王陛下は、そこまで言うなら・・・あなたの選択を尊重するけれど、考えが変わったらその時は連絡をください・・・待っていますよ。

国家の損失

陛下は風の噂で聞いたよ、公爵夫人がフランドールの女王に専属雇用のオファーをもらったという話は本当か?

アルフォンスはすべて事実だと答えると、さすが公爵夫人だと。

ですが、バーデンベルク公爵も実にご立派です・・・奥様が働くことをお許しになるとは。

そのとおりです・・・私だったらそう簡単に許さないでしょうという貴族たち。

アルフォンスはナイフを置くと、私は妻を「許した」わけではない・・・妻が仕事をするのは当然の権利です・・・そして私は妻の聡明さと才能を誇りに思っています。

自分の仕事を心から愛しているのに、それを辞めさせろというのですか?

すると相手は、公爵夫人を貶しているわけではありません…お許しくださいと。

陛下は笑い飛ばして、何はともあれ公爵夫人が提案を断ってくれてよかった・・・危うく帝国の人材を二人も失うところだったからなと言いました。

公爵夫人がフランドールに行ってしまったら公爵も一緒に行くではないか・・・それは国家にとって大きな損失だ。

陛下はご上端がお上手ですと話していますが・・・アルフォンスはさすが皇帝陛下、鋭いと思っています。

閉じこもる皇子殿下

その後クロエは、これまで準備してきた支店展開に一層拍車をかけて、ついにミルトンケインズにトリプルスイートの2号店をオープンしました。

さっそくそのことは噂になっていて、最近その話題でもちきりになっています。

少し遠いけれど、一度行ってみようと思うと話しています。

ところであの噂、お聞きになりました?

近頃皇子殿下は、王宮内に閉じこもることが多いそうですよ。

この宴会にも招待されたのに、お断りになったとか・・・。

どこか体の具合でも悪いのではないか・・・ただの噂だといいと話していました。

その頃皇子王子は、部屋でぼんやりとしていました。

頭の中がぐちゃぐちゃです・・・それはクロエがアルフォンスのことを心から大好きですと言ったから。

以前クロエが皇子王子に告白してきた時、軽く返さずに真剣に応えてあげていたら今の関係は違っただろうか?

今からでもクロエの心を取り戻すことができたらいいのに・・・二人の姿を思い出し苦悩する皇子殿下。

その時ドアがノックされ、本日は皇帝陛下の誕生祝賀パーティーだと告げられました。

皇子殿下は父上の誕生日を忘れていたのです。

決闘の申し込み

パーティーに出たもののつまらないと思っていた皇子殿下・・・クロエの声が聞こえました。

皇子殿下にアルフォンスとともに挨拶に来たのです。

アルフォンスをチラッと見て、イチャイチャする姿など見たくもない・・・なにもかもアルフォンスのせいだ。

皇子殿下がクロエとアルフォンスに近づいてきました。

そしてアルフォンス・バーテンベルク・・・決闘だと叫びました。

私と正々堂々名誉をかけて対決しよう・・・まさか怖気づいて逃げ出したりしないだろうな?

いきなり決闘ですって?とクロエは思い、いったいどういうことでしょうかと尋ねました。

何か誤解があったようです・・・どうか物騒なことはおやめください。

皇子殿下は、クロエこの公爵野郎のことがそんなにも心配なのか?と面白くありません。

心配しないでくださいというアルフォンス。

私は一滴の血も流しません・・・3振りで終わらせますというアルフォンス。

何?血一滴も流さずに、3振りで終わらせるだと?後悔しても無駄だぞ公爵。

それから決闘はここで行うという皇子殿下。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 109話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

陛下の誕生日に、どうしてアルフォンスに決闘を申し込んだのでしょうか?

本当にその場で、決闘をするのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

109話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 109話の感想をお伝えします。

女王様の誘いを断ったクロエ・・・もし断っていなければ国家の損失になっていたという陛下の言葉はあたっていましたね。

陛下の誕生日も忘れて、引きこもっていた皇子殿下。

ようやく出てきたと思ったら、クロエとアルフォンスに会ってしまいました。

ずっと一人でいて、クロエの事ばかり考えていたので思い込みもあったのか、悪いのはアルフォンスだと考えてしまっています。

だから排除したいと思っているのでしょう。

そんなことをしたとしても、アルフォンスのことを愛しているクロエが悲しむだけなのに・・・。

アルフォンスがいなくなれば、自分のものになると単純に思っているのでしょう。

しかも、陛下の誕生パーティーの日に、その場で決闘すると言い出したのです。

陛下の誕生日をなんだと思っているのでしょうね。

絶対にクロエが止めてくれると思っています。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ109話!まとめ

109話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 109話のまとめ
  • 女王陛下はクロエの選択を尊重してくれたが、考えが変わったら連絡をくださいと言った。
  • もしも公爵夫人がフランドールに行ってしまったら公爵も一緒に行くことに・・・それは国家にとって大きな損失になるところだった。
  • ミルトンケインズにトリプルスイートの2号店をオープンした。
  • アルフォンスに決闘を申し込んだ皇子殿下。