少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ73話!感想!アルフォンスの意外な一面

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

面白い設定のストーリー紅茶が飲みたくなってしまう

こちらでは73話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

アルフオンスにオーダーメイドの服を作りに行こうとデートに誘われたクロエ。

お店に着くと、目に飛び込んできたのはネグリジェでした。

ドレスではなくて、ネグリジェだったことにクロエは驚きます。

採寸する時も、アルフォンスが同じ部屋にいるし、絵ではなく着ている姿を見たいと言われて、何着か試着するクロエでしたが・・・!?

公爵夫人の50のお茶レシピ73話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 73話のあらすじをお伝えします。

宿屋に向かってというアルフォンスに、食事を先にというクロエ・・・!?

馬車の扉が閉まったとたんに、アルフォンスはクロエにキスをしました。

キスしながらクロエは、アルフォンスは怒っているのではない・・・彼はずっとずっと我慢をしていたのだと感じました。

そして御者に、ここから一番近い宿屋に向かってくれと告げました。

クロエは待ってください・・・食事をする予定でしたよね?

私はとてもお腹が空いているのですが、食事を先にしてはいけませんかと尋ねました。

クロエを見つめてアルフォンスは葛藤しますが・・・悔しそうに奥歯を噛みながら当初の予定通りの場所へ向かってくれと言いました。

 

馬車のついたところは明海館で、久しぶりだとクロエは喜びます。

前回は邪魔した者がいたけれど、今日こそは邪魔ものなしで二人きりの食事を楽しめそうだと思うアルフォンス。

二人きりは許さんというアルフォンス

しかしそうではありませんでした。

ブレクストン伯爵に出迎えられて、アルフォンスは不機嫌になっています。

ブレクストン伯爵は、レストランに来店していただいたお礼を言い、以前クロエに提案していただいた件は本当に助かりました。

公爵夫人にジャスミンティーを教えていただいたおかげで、以前よりも温の料理をよりおいしく召し上がっていただけるようになりました。

 

恩人ともいえるお客様ですので、精一杯のおもてなしをさせていただきますと席に案内しました。

それから侯爵夫人・・・温のお茶のことでお伺いしたいことがあるので近いうちにお伺いします。

するとアルフォンスが、二人きりは許さんと言ったのでブレクストン伯爵は振り向いて驚きます。

 

そういえば・・・と先日のパーティーのアルフォンスの様子を思い出しました。

クロエのことを愛していると告白したあのパーティーです。

あの氷のような眼をしていた侯爵閣下が、こんなにメロメロになるなんて・・・。

もちろん二人きりなどあってはならないことですというブレクストン伯爵。

ブレクストン伯爵とお茶についての話を・・・!?

クロエはいい事を思いついたというように、伯爵さまはお食事はお済みですか?というので何とも思わずに、まだですが何か?と答えてしまいます。

それなら私たちと一緒にいかがですか?

先ほど仰っていた温のお茶の話を伺いたいですというクロエ。

 

もちろん願ってもない事ですが・・・と動揺するブレクストン伯爵。

クロエは、それは良かったです・・・主人も二人きりは許可しないというので・・・いまがちょうどいいですね・・・楽しい食事になりそうですね、アルフォンス。

君の望みとあらば・・・と答えているアルフォンスですが・・・言葉と表情が全く異なっていて・・・ブレクストン伯爵は涙目になってクロエに助けを・・・。

 

お待たせしましたと現れたのは、美味しそうな温料理です。

この店の料理は以前もとてもおいしかったけれど、今回はさらに香り豊かなジャスミン茶までついています。

このメニューにどのようなお茶を追加で提供すべきか悩んでいます。

公爵夫人にアドバイスしていただきたいのですが?

 

クロエはもう緑茶がメニューに入っているので、ウーロン茶のような青茶もいいと思います。

そうだ!黒茶の一種のプーアル茶ともよく合うと思いますと新しいお茶も提案します。

ブレクストン伯爵はプーアル茶ですか?初めて聞く名前ですね。

忍耐力を過信していたアルフォンス

クロエとブレクストン伯爵はお茶の話で盛り上がっていて、こんなことになるなら買い物ではなく先に食事をしておけばよかったと思うアルフォンス。

クロエと二人きりになりたいアルフォンスは、自分の手を見ながら・・・自分の忍耐力を過大評価していたようだと・・・。

 

プーアル茶は黒茶の中で最も有名なお茶で、脂肪分解に非常に効果的でダイエットにも効果があると話している時に、アルフォンスの手がクロエの腰に伸びてきていました。

クロエはアルフォンスのことをじろっと睨みますが、アルフォンスは微笑みを浮かべてクロエの髪をなでています。

話の血途中で何も言わなくなってしまったクロエを、ブレクストン伯爵は具合が悪いのではないかと心配します。

一瞬他のことを考えてしまって・・・どこまでお話ししましたか?というクロエ。

ブレクストン伯爵は、メモまで取り始めています。

 

ウーロン茶には清香タイプと濃香タイプがあるのですが・・・と話していてもアルフォンスのいたずらが止まらないので、クロエはぴしゃりと叩いてしまいます。

その音に驚くブレクストン伯爵。

虫がいたと赤くなるクロエ・・・アルフォンスの手も赤くなっています。

上品そうに見えるアルフォンスにこんな一面があるなんてと驚くクロエ。

夕食も終わり、ブレクストン伯爵に馬車から挨拶し終わるとクロエは・・・!?

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 73話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アルフォンスの意外な一面がどんどん現れてきます。

ブレクストン伯爵はどう思ったのでしょうね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

73話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 73話の感想をお伝えします。

ネグリジェのお店からいきなり宿屋といわれても、クロエもお腹が空いていますよね。

果たしてこれはデートなのでしょうか?

 

食事に行くと、今度はクロエがお仕事の話になってしまいました。

それもアルフォンスが、二人きりはダメだと言ってブレクストン伯爵を睨んだからそうなってしまったわけで・・・。

 

クロエも食事を楽しみながら好きなお茶の話をしているというのに、アルフォンスが見えないところでいたずらをしてきます。

ブレクストン伯爵も気を遣ったのではないでしょうか。

 

アルフォンスは遠慮とか我慢をしなくなってしまいましたね。

周りの人たちはどう思っているのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ73話!まとめ

こちらでは73話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 73話のまとめ
  • クロエを見つめてアルフォンスは葛藤したが、当初の予定通りに進めた。
  • ブレクストン伯爵は侯爵閣下がクロエに予想以上にメロメロな事に驚いた。
  • 2人での食事と思っていたのにクロエがブレクストン伯爵を誘った。
  • アルフォンスに忍耐力も限界に・・。