少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ74話!あらすじ感想!ティーレッスン

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

面白い設定のストーリー紅茶が飲みたくなってしまう

こちらでは74話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

アルフォンスとデートしたクロエ。

アルフォンスは早く宿屋に行きたそうですが、クロエは食事に行きたいと・・・。

そこでブレクストン伯爵が出迎えて、クロエにお茶のことで相談したいことがあると言います。

二人きりになりたいのに、クロエはブレクストン伯爵いっ所に食事をしましょうと誘うので、アルフォンスは不機嫌になり・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ74話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 74話のあらすじをお伝えします。

ティーレッスン

ロネフェルト夫人は4人の貴婦人を招待して、クロエにティーレッスンの講師をお願いしました。

参加できて光栄だと言い、ウェルカムティーとティーフードも用意していました。

しかもティーフードは、クロエ直々のレシピだと言いました。

メニューは、キュウリのサンドイッチ・スポンジケーキ・スコーンなど紅茶と相性が抜群のメニューです。

紅茶に合うティーフードというものがあるなんて奥が深いんですねと言われ、大したものではありませんし照れるクロエ。

ガラスのポットの下に何かが置かれていて・・・ろうそくが入っています。それはお茶の温度が維持できるティーウォーマーというもので、ガラスでできた茶器は見た目は美しいのですが、保温性が良くないので使っていると言います。

 

ティーレッスンが始まりました。

まずはお茶の種類から・・・大きく6種類に分けられていて、白茶・緑茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶と言って六大茶類とよばれています。

クロエの説明が続いています。

ロネフェルト夫人は、やはり自分の目に狂いはなかった・・・侯爵夫人は人を教える才能があると思っています。

 

タイム子爵夫人が、お茶にもやがかかっているみたいだと言いました。

もやがかかるというので見てみると、クロエは嬉しそうに・・・これはフォギークラックというもので、お茶に含まれる成分によって現れる現象で・・・良いお茶を上手に入れた時に現れるそうです。

良いお茶だという証拠ですねとタイム子爵夫人は言いますが。侯爵夫人が選んだお茶ですもの当然ですわというロネフェルト夫人。

ハロッズ伯爵夫人が、それはそうと本当においしいアッサムですね・・・もう一杯いただいても構いませんか?

もちろん・・・でもお茶の葉を取り出さずにティーポットに入れたままですので、かなり渋みが出ていると思います。

簡単なミルクティーの作り方

でもおいしく頂ける方法があります・・・アッサムは特有のサツマイモにも似た甘い香りと濃厚な風味のおかげで、ミルクティーによく合うので、すごく簡単なミルクティーの作り方を教えるというクロエ。

牛乳と砂糖の代わりにぴったりの材料・・・それは練乳です。

濃く淹れたアッサムにティースプーンで5杯の練乳を入れて混ぜると、一瞬でミルクティーの出来上がり!

濃厚で牛乳を入れて作ったミルクティーよりおいしい・・・しかもすごく簡単。

お茶を上手に入れることはできないのですけど、こんな簡単なら・・・と嬉しそうです。

 

茶葉の正確な量と蒸らす時間など気にする必要がないところがいいというので、クロエはやはりみんな手軽で簡単に淹れる方法を好むのだと。

お茶を淹れる手順を考えると、確かに面倒です。

からかい甲斐のあるクロエ

レッスンが終わりになり・・・またレッスンをなさる時は必ず教えてくださいと言われます。

みんなでクロエのことを、どんどん褒めると、クロエは真っ赤になってほめ過ぎだと・・・。

みんなでアイコンタクトをとってさらに褒めると・・・タジタジとなるクロエをみて、やはり公爵夫人はからかい甲斐があると思うのでした。

とにかくまた今度お茶を飲みましょう・・・お店にも遊びに行きますねといわれて、クロエは本当に嬉しそうです。

いつでも大歓迎です・・・是非遊びに来てください。

 

屋敷に帰ったクロエはベッドに倒れ込みました。

そしてお茶の魅力を知ってもらうために、お茶を入れる方法を簡素化しなきゃ・・・今のお茶の淹れ方は普通の人には複雑だから、ティーバッグを作ろうと思い立ちました。

茶葉よりもずっとアプローチしやすいので、手軽で簡単にお茶を淹れて飲むことができます。

実験開始

ティーバッグなら多くの人たちがお茶を楽しむことができるので、材質を決めなきゃと考えました。

用意したのは、綿とリネンと絹とガーゼです。

前世でのティーバッグの材質は主にナイロンやソイロンを使っていたけれど、帝国ではまだ開発されていません。

綿とリネンは生産価格が安い、でも素材特有の味が一緒にてしまいます。

味に敏感な人だけが感じる程度だけれど。

これで妥協したくないクロエは悩んでいます。

特に絹は生産単価が高いし、他の材質に比べてお茶の通過率がぐんと下がります。

絹はやめよう。

最後にガーゼです。

木綿の目を粗く織ったもので、綿と似ているけれど含まれる繊維が少ないだけに素材の味はほとんど出ません。

単価も安いし、組織も粗いのでお茶の成分の通過率もいい。

前世でもガーゼで作られたティーバックがあったけれど、やっぱり理由があった。

 

次は茶葉の粉砕で、どの程度にするのか決めなくてはいけません。

トリプルスイートは販売している茶葉は、すべてホールリーフで、一度もカットしていないそのままの形態です。

前世ではホールリーフが入ったティーバッグもあったけれど、一般に消費されるファニングスのように細かく粉砕された物で・・・その理由は茶葉が細かいほど濃く早く抽出されるから、でも細かく粉砕しすぎる苦味が出て扱いにくくなるから・・・。

実際にカットしながら実験してみることにしました。

そして・・・!?

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 74話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ティークラスとても楽しそうでした。

ティーバッグの開発が上手く行くといいですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

74話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 74話の感想をお伝えします。

クロエの実験が個人的に好きで、いつも前世のことを思い出しながら・・・今あるもので工夫しているのがいいなと思います。

 

今回はティーバッグで、形も知っているからやりやすかったかもしれません。

素材も特徴は知っているので・・・葉の粉砕の程度が一番難しかったかもしれません。

 

ティークラスは、お茶の知識だけではなく、クロエの人柄で集まってのでしょうね。

ミルクティーが飲みたくなりました。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ74話!まとめ

こちらでは74話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 74話のまとめ
  • ロネフェルト夫人は、クロエに人を教える才能があると思っている。
  • ティーバッグを作ろうと思い立った。
  • ティーバッグ作りの実験が始まった。