少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ75話!あらすじ感想!冬支度の時期

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

面白い設定のストーリー紅茶が飲みたくなってしまう

こちらでは75話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

クロエはお茶を淹れることはなかなか難しいので、誰にでも簡単に手軽に紅茶が飲めるようにとティーバッグを作ることにしました。

素材を何種類か用意して、何がふさわしいのか考えます。

そして決めたのが・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ75話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ第75話のあらすじをお伝えします。

ティーバッグの売れ行きが・・・!?

春鈴が息を切らしてクロエの元に・・・。

今回新しく発売されたティーバッグですが、ティーバッグ一種類の販売量が、全リーフティーの1か月の販売量を超えました。

おめでとうございます。

震えているクロエ・・・こんなことが起こるなんて信じられないと泣いてしまったクロエ。

奥様の努力のたまもので・・・ティーバッグというお品を考え付くなんて・・・!

それくらい素晴らしいお品を生み出したのですから・・・奥様は素晴らしい発明家ですと春鈴は言いました。

 

発明家などではなくただお茶が好きだと照れるクロエ。

この機会にもっとたくさんの人が、お茶を好きになってくれたようでとてもうれしいといって涙を拭きました。

二人はお茶をいただいて喜びを分かち合いました。

冬支度について悩むクロエ

キエルに冬支度にとりかかる時期ですねといわれ・・・今日からでも始めないとというクロエ。

何かお手伝いすることがあれば、いつでも読んでくださいというキエル。

人も動物も関係なく、冬支度に走り回る時期です。

クロエは今の世界の冬支度は初めてです。

去年はどうしていたかしら・・・と思い出してみると、キエルに手伝いしましょうと言われてもかたくなに拒んでいました。

本当にできると意地を張っていて、結局は商人にそそのかされて・・・本当に欲しいものも買えずに、めちゃくちゃな冬支度になっていたのです。

 

現在の自分には、ここでの冬支度の記憶がないどころか、前世の冬支度もこの場所とは違っていたのです。

隙間風の入ってくる壁や窓の修理をして、暖炉をはじめとする暖房器具の準備や分厚い布と綿で布団や洋服を仕立て直さなければいけないのです。

薪や保存をしておけるジャガイモなどの食品を貯蔵しておかなければならないなど、湯やっておくべきことがたくさんありました。

前もって勉強しておかなければいけないと思うクロエ。

しかしまた他の問題もありました。

今の状況で買い物してはいけない

クロエが選んだ商団の代表、ジェレミー・マッキ―を呼んで取引をすることになりました。

ジェレミーは、自分たちを選んでもらってよかったと思われるような取引をすると話しています。

クロエは、なるほどと思っていました。

営業となると、このくらい弁が立たなければいけないのだと。

 

今日お呼びしたのは、冬支度のためだと伝えるクロエ。

今年の冬は厳しい冷え込みになるというので、たくさんの人が資材を探しているとジェレミーは言いました。

まずは邸宅を修理したい・・・この機会に壁紙も一部張り直し、薪もたくさん仕入れて・・・部屋に置く暖房器具も見せていただきたいというと、すべて準備してきたといいます。

いきなりガラス窓を提示されました。

このままだと判断力がマヒしてしまいそうだと思い考えさせてほしいと言いました。

実は前世で通販の品で失敗していたのです。

今の状況で買い物してはいけないと思い、ジェレミーに謝って少し考えさせてほしいと告げました。

 

また後日ということにして…疲れてソファーに倒れ込みました。

ここで半年ほど暮らしたけれど、帝国のことはよく知りません。




キエルのおかげで・・・!?

でも帝国について知らないのならば、よく知っている人に聞けばいいのだと思いつきました。

キエルに今回の冬支度の資材の購入について教えてほしいというと、キエルの表情がパアッと明るくなりました。

いろいろ相談すると、キエルは最新情報を教えてくれて…驚くほど役に立ったのです。

ジェレミーの来る日、クロエは準備万端で・・・必要なものを記入したリストを渡します。

そしてこれ以上でも以下でもない、ぴったりこの注文書通りにお願いしたいと告げました。

 

それはジェレミーから見ても、入念に調べてあり・・・クロエのことを見た目と違ってしっかりとした決断力のある人だと思うのでした。

注文通りのお品を用意してくると帰っていきました。

クロエはちょうどいい取引に成功しました。

特にクロエが気を遣ったのは、使用人の人たちの・・・衣と住です。

とにかくみんなが暖かく過ごすことができるように、部屋を直して布団も厚くて暖かいものにしました。

著名なデザイナーに依頼して、実用的で温かい制服を作ることに・・・。

最近部屋が暖かい・・・隙間風もないからぐっすり眠れる・・・布団には綿が入っていてとてもふわふわだと喜んでいます。

暖かいから部屋から出たくなくなってしまうと話していると、クロエが新しい制服を仕立ててくれ・・・着てみると暖かくてとても軽い・・・そして着心地がいいと嬉しそうです。

さむがっている姿を見ると辛いものね・・・どうか今年の冬は寒くありませんようにとクロエは願っていました。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ第75話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

前世のクロエは、本当に今のクロエとは違っていましたね。

今のクロエは、わからないことはわからないときちんと言える人です。

わからないときは、よく知っている人に聞けばいいのですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

75話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ第75話の感想をお伝えします。

ティーバッグが驚異的な売り上げなんですね。

本当はクロエが発明したわけではありませんが・・・。

 

寒い冬になりそうだということもあって、冬支度が大変そうです。

以前のクロエはキエルにあたりがきつかったですね。

 

今はわからないからと相談して、ちょうどいい支度ができたみたいですね。

クロエは仕事をしている人たちのことをよく見ていますね。

 

仕事をしてくれているのに、寒そうなのは見ていてつらいし、何となくお願いもしにくいです。

住んでいる場所を暖かく快適にして、着ているものも着やすくする・・・毎日のことだからとても大切なことだと思います。

 

良い環境にしてもらうと、きっともっと頑張ろうという気になるのだと思います。

どちらにとってもいい事ですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ75話!まとめ

こちらでは75話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 75話のまとめ
  • ティーバッグはかなり好調だった。
  • 冬支度をする時期に・・。
  • 半年ほど暮らしたけれど、帝国のことはよく知らないと思うクロエ。
  • 使用人の人たちの・・・衣と住を見直した。