少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ78話!あらすじ感想!冬限定の新商品

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

こちらでは78話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

皇子殿下に紹介したのは、シンハラの中でも特別な、ウバでした。

ウバは高地で採れたシンハラで、ウバで淹れたミルクティーは特別な味がするのです。

皇子殿下は、なぜかクロエの読みかけの本のネタバレをして帰っていきました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

公爵夫人の50のお茶レシピ78話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 78話のあらすじをお伝えします。

どんなミルクティーにしようか悩むクロエ

寒い日と言ったらやはり、暖かくまろやかミルクティーが一番だと考えるクロエ。

夏場の限定商品も発売したことだし、そろそろこの冬限定の新商品をしなくては・・・でもどんなミルクティーにしよう・・・。

ラム酒入りのラムミルクティー?バラト式香辛料たっぷりのマサラチャイ?

クロエは秋の休暇で立ち寄った村のお祭りで見かけたフルーツミルクを思い出しました。

あれをミルクティーに応用したらどうかしら・・・ミルクティーに果物コンポートだなんて!考えただけで素敵じゃないかと思うクロエ。

冬限定なら、冬の雰囲気を十分に感じられるものがいいわ。

ミルクティーによく合うバナナとマンゴーはどうかしら?

問題はどちらも輸入品だから、単価が高くつくはず・・・何がいいのかもう少し考えてみないとだわ。

お芋を焼く焚火が・・・!?

クロエは馬車に乗り‥・ちょうどいいものが見つからないと考えていると、突然ガタンと止まりました。

御者がこの馬車にお乗りの方がどなたかわかっているのか、どかないかと怒鳴っていました。

そこにクロエが何ごとですかと尋ねると、身の程知らずの子どもが道を塞いでてましたので叱っていたところだというのです。

子どもは、とてもお腹が空いているんです・・・妹も・・・少しでもいいから何か食べ物をくださいと・・・。

しかし御者はおまえらのような乞食には声をかける事さえ許されないお方だ・・・さっさとどかないと治安維持部隊を呼ぶぞ!

すると男の子はいっそのこと牢屋に入れてください・・・そこならご飯が食べられますと泣くのです。

 

クロエはその言葉を聞いて・・・あんなに小さな子供が物乞いをするために馬車の前に立ちはだかったのだと心が痛みました。

子どもたちにできる事なら、お金をたくさん上げたいと思うのだけれど、誰かに狙われたり・・・子供たちの自立心を妨げる事にもなるから・・・侍女にこの子たちのために大きなパンを買ってきてちょうだいとお願いします。

御者はクロエがこんな孤児にまで施されるとは・・・と思いましたが、考えてみたらただの御者の私にさえ、いつも笑顔でありがとうと言ってくれる・・・本当に心の優しい方だと思うのでした。

クロエは焚火を見て御者に・・あの者たちは何をしているのかと尋ねました。

おそらく芋を焼いて食べていると思うという御者。

さつまいものピューレをミルクティーに・・・!?

さつまいも・・・どうして思いつかなかったのかと思うクロエ。

ミルクティーに入れるものが、必ずしも果物である必要はないと・・・。

ついにヒントを見つけた!

それでアルフォンスに話してみることにしました。

 

さつまいものピューレを作ってミルクティーに入れる・・・おいしそうだと思いませんか?というと、独創的な発想だと・・・。

ですが考慮すべき点がある・・・帝国の貴族たちはさつまいもをそれほど好んで食べないのです。

さつまいもは新大陸が発見された時に入ってきた作物で、チョコレートやトマトといった食べ物はすぐに定着しましたが、さつまいもは土の中で育つ作物なので、それを初めて見た帝国の人々はすぐに口の中に入れるのを渋りました。

しかもデコボコしていて見た目もイマイチ・・・不潔で卑しい食べ物だと考える貴族が大半です。

そんな・・・せっかくいいアイディアが浮かんだと思ったのに・・・まさかこのような難関にぶち当たるとは・・・。

クロエは帝国についてかなり勉強したけれど、まだまだだったと思いました。

そんな時アルフォンスが、クロエがさつまいもをみんなに紹介してはどうでしょうと。

 

クロエはさつまいもを紹介するのかと驚きましたが、さつまいもはおいしいし紹介するのは難しくない。

以前は貴族たちが卑しいと考えていたお茶でさえ流行らせたのだから・・・。

クロエは目をキラキラさせてアルフォンスに感謝すると伝えると、アルフォンスは笑顔になり、感謝のお返しのキスを要求してきました。

さつまいもを紹介する方法は・・・!?

クロエは紹介する方法を考え始めました。

さつまいもに対する偏見をなくすのが先だと・・・もちろんパイ生地に包んでこっそり食べさせるのも方法だけれど、そうはしたくない。

結局偏見もイメージだし、さつまいもの不潔そうで卑しいイメージをがらりと変えたいと思っています。

 

アルフォンスが外出の支度をしていることに気がついたクロエ。

宮殿に行かれるんですかと聞くとそうだというので・・・クロエは飛び切りの笑顔でアルフォンスにお願いしました。

少し待っていただけませんか?

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 78話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

さつまいもが、見かけのせいで不潔で卑しい食べ物だと思われているとは思いませんでした。

クロエはどうやって売り出そうというのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

78話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 78話の感想をお伝えします。

さつまいものピューレの入ったミルクティー、おいしそうですね。

優雅そうな人たちとは別に、馬車を止めてまで物乞いをしようとする子供もいるわけで・・・。

 

本当に貧富の差が激しそうです。

貧しい子供のお話が時々あるので、クロエは子供を救う事業を起こしたりしそうな気がします。

 

子供たちのことを、このまま黙ってはおけないのではないかと思います。

もちろん子供たちは、教育も受けていないのでしょう。

貧しさの連鎖のことも考えて、学校をつくることもあるかもしれません。

 

でも今はさつまいもを不潔で卑しいというイメージ

払拭しなければいけません。

 

宮殿に行くアルフォンスに待ってと言ったということは・・・まずは宮殿に売り込もうとしているのでしょうか?

ピューレ入りのミルクティーを飲んでもらうのか・・・それともさつまいもの料理を何か持っていくのでしょうか?

 

パイではないとすればなんでしょうか?楽しみですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ78話!まとめ

こちらでは78話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 78話のまとめ
  • 冬限定の新商品を考えるクロエ。
  • クロエの乗る馬車の前に、お腹を空かせた子供が立ちはだかった。
  • アルフォンスにさつまいもを紹介してみてはどうかと提案されたクロエ。