少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ79話!あらすじ感想!さつまいもの花

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

こちらでは79話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

クロエはどんなミルクティーにしようと悩んでいました。

馬車に飛び出してきた子供たちを気にかけている時に、焚火でさつまいもを焼いているところを見かけて、ミルクティーにペーストを入れようと考えていたら、貴族にさつまいもはあまり好まれていない・・・偏見があるとアルフォンスに言われて・・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ79話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 79話のあらすじをお伝えします。

ブートニアの代わりにさつまいもの花

クロエは一輪の花をアルフォンスに差し出して、ブートニアの代わりにこれを刺して宮殿に行ってほしいと言いました。

花のプレゼントだなんてとデレデレしているアルフォンスに、クロエはとても綺麗でしょう。

これはさつまいもの花なんです。

アルフォンスの凛々しいイメージが、さつまいもの花にも影響を与えてくれると思うんです。

そうしたら貴族のさつまいもに対する偏見も、少しはなくなるかと思って・・・ですからアルフォンスも誰かにこれは何の花かと聞かれたら・・・必ず!さつまいもの花だと答えてくださいね。

 

アルフォンスは愛する者の愛情表現としてのプレゼントだと思っていたので、ショックを受けましたが、それでもクロエがくれたもので・・・しかも自らの手で私の胸に刺してくれたではないかと嬉しく思うのでした。

皇子殿下がさつまいもの花を・・・!?

宮殿に行くと、唯一無二の私の友人アルフォンスではないか・・・クロエは元気にしているかと皇子殿下が現れました。

皇子殿下はアルフォンスの胸に差された花にすぐに気がついて、アサガオの花か?きれいだなと言いました。

触れようと手を伸ばすと、アルフォンスにガードされて触れることができません。

触らない方が身のためかと睨むアルフォンス。

手を痛がりながら、触ったら減るのか?と尋ねる皇子殿下。

アーサー・ウラディミール・・・過去にクロエが好きだった男・・・まかり間違えば「クロエ・ウラディミール」になるところだったという事実が終始神経を苛立たせ、はらわたが煮えくり返るのです。

 

それを押し殺して・・・妻がくれたものですというアルフォンス。

皇子殿下はあきれていました。

いくらクロエのことが好きだからといって、花一輪ごときでここまでするか?

何としてでもあの花を手に入れたくなるじゃないかと思うのです。

そしてふと気が付きました。

帝国の第一皇子である私が、あんな安っぽい花を欲しがっているのかと・・・。

どういう気まぐれだ?自分でもわかりません。

 

クロエはいいねぇ~・・・お涙物の妻への愛だな・・・帝国史に残るほどのオシドリ夫婦だという皇子殿下。

わたしもそう思います‥・ありがとうございますというアルフォンスを見て、ニヤリと笑う皇子殿下。

それと・・・といい皇子殿下の手を取るとアルフォンスは、私の妻にあまり馴れ馴れしくしないでいただきたい・・・そのようにぞんざいに扱われるような女性ではありません。

あなたが皇室の一員とはいえ、礼儀は礼儀。

今度は皇子殿下の方がアルフォンスの手を払いました。

私はもう行く・・・皇子殿下はアルフォンスから離れると、あんな奴の妻になるとは・・・クロエも飛んだ災難だな・・・。

あの花が頭から離れない皇子殿下・・・!?

数日後、寝不足で頭痛までしている皇子殿下・・・なんであの花が頭から離れないんだ。

アルフォンスが刺していた名も知らぬ花。

欲しいものはすべて手に入れてきた私が、あんな花一輪手に入らないくらいでこのザマとは・・・。

すると周りにいた人たちが皆胸に・・・あの花を挿しているではありませんか。

その花は何だと尋ねると・・・これはさつまいもの花にございますと答えるのです。

さつまいもの花?

さつまいもと言ったら、あのデコボコと不格好で泥まみれの植物ではないか?

そのさつま芋の花が流行っているとは・・・どういうことだ!?

おかしなこともあるもんだ。

 

帝国の第一皇子であるこの私が、さつまいもの花なんぞ胸に刺す必要はあるまい・・・こんなの一時の気まぐれに決まってると思っていました。

夢にまで見るクロエ・・・!?

しかしその時、皇子殿下・・・ご機嫌いかかですか?と声をかけられます。

皇子殿下は笑顔になって、誰かと思ったらクロエじゃないか・・・。

クロエが今日も一段とステキでございますといい、頬を赤らめて・・・皇子殿下にプレゼントがありますというのです。

 

皇子殿下は真っ赤になって咳ばらいをして、このようなものは普通なら受け取らないんだが、クロエだから特別に受け取ってやるんだからなと言いました。

ドキドキしている皇子殿下の胸元に、クロエがさつまいもの花を挿します。

クロエの笑顔に、皇子殿下はデレデレです。

そしてもう一つ申し上げることがございます・・・私、殿下のことが・・・。

というところで目が覚めてしまい・・・。

夢なのか・・・と真っ赤になってしまう皇子殿下。

あの花が一体何だって言うんだ・・・ガバッと飛び起きて・・・誰か侍従を呼べ・・・今すぐ!と皇子殿下は言いました。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 79話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

こんなに皇子殿下が華のことを気にするとは思いませんでした。

クロエの作戦は成功ということで・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

79話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 79話の感想をお伝えします。

さつまいもに対する貴族の偏見をなくすためにクロエが取った作戦は、成功のようです。

てっきりさつまいものお料理を作って、美味しさをアピールするのかと思っていました。

 

でもさつまいもが美味しいことは、食べてみればすぐにわかる事なので・・・見かけの偏見をなくした方がいいと、花に目をつけたのですね。

 

野菜の花はきれいなのに、知られていないものが多いのかもしれませんね。

まさかアルフォンスが、さつまいもの花を胸に刺しているとは誰も思わないと思います。

でもあまり見たことのない花なので、なんという花ですかという会話のきっかけにもなりますね。

 

アルフォンスは皇子殿下に、花が気になるように手を払うような態度を取ったのでしょうか?

計算ではなく、きっと本当に触れてほしくなかったのでしょう。

そのことで皇子殿下が気になったのであれば、アルフォンスはお手柄ですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ79話!まとめ

こちらでは79話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 79話のまとめ
  • クロエはアルフォンスにさつまいもの花を渡した。
  • さつまいもの花を触られそうになりガードするアルフォンス。
  • 花の事が頭から離れなくなった皇子殿下が花の正体を知った。
  • 皇子殿下の夢にクロエとさつまいもの花が出てきた。