少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ80話!あらすじ感想!さつまいものスイーツ

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

こちらでは80話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

ブートニアの代わりにさつまいもの花をさしていくようにアルフォンスにお願いしたクロエ。

皇子殿下はすぐに気になり、アルフォンスに尋ねてきました。

妻からもらったものだと言い、触れさせてもくれないアルフォンスのせいで、花のことが気になって仕方がない皇子殿下。

公爵夫人の50のお茶レシピ80話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 80話のあらすじをお伝えします。

皇子殿下までも・・・!?

皇子殿下は、いったいこの花が何だというのだ・・・私がここまでするなんて・・・。

胸に刺したさつまいもの花を見ながらつぶやいていました。

それにしても生意気な侯爵め・・・アルフォンスを思い出しながら・・・お前の女房が飾ってくれたという「ご自慢の花」をわたしもつけているんだぞとにやりと笑っています。

そうして公爵に続き、皇子までも胸にさつまいもの花を飾って現れるやいなや・・・たちまちさつまいもの花は皆の注目を集めました。

貴族からの需要が増え、さつまいもの花の値段が急騰し、自宅の温室でさつまいもを育てる貴族も現れ始めました。

ほどなくしてさつまいもは、首都に住む貴族の温室になくてはならない作物となったのです。

 

クロエはマーケティングが上手く行った・・・さつまいもに対しての偏見もだいぶ消えてきた気がしていました。

もちろんまだ花だけではあるけれど、これくらい成果が上がれば十分だと思っています。

でもまだ満足するには早い・・・次のステップに進もうと思うのでした。

スイーツにさつまいもが・・・!?

ティーパーティーが開かれる日になり、部屋にはジャスミンの花が飾られています。

お茶会のメニューを知っている人はいなく、公爵夫人が出してくださるものはいつも新鮮で驚かされるものばかりなので今回もきっとそうだと噂されていました。

クロエが現れ、お一人も欠けることなくお越しくださったのですね。

おそらく多くの方々が今日のお茶会に何が出てくるのか・・・気になっておられることと思います。

今からお見せしますので、ごゆっくり楽しんでくださいませ。

 

テーブルにはたくさんのスイーツが並んでいます。

皆何の種類かわからず、あちらはケーキでこちらがタルトなのはわかりますけど、それ以外は全くわかりません。

プディングですか?たぶんムースか何かだとは思うのですが・・・。

クロエはこれらは全てある材料からつくられています。

それは・・・皆さんが今胸につけておられるものなんですといいました。

 

途端に雰囲気が悪くなり・・・まさかさつまいもですか・・・ですがさつまいもというのは、紫色でデコボコしていませんか?

でもこれはとてもおいしそうに見えると・・・。

クロエはそうです・・・さつまいもは甘くて柔らかくておいしいものなのです。

それに食物繊維が豊富で、満腹感を与えてくれますからダイエットにもいいんですよ。

ですから多くの方に知っていただきたかったんですと告げました。

それは不思議ですね・・・色もとても綺麗ですという人も現れましたが・・・さつまいもはちょっと・・・これって平民の食べ物でしょう?という人もいたのです。

ポートナム夫人のおかげ

クロエは呆然として・・・花が人気だからほとんど偏見はなくなったと思っていたのに‥・口に入れるにはまだ早かったみたい・・・いったいどうしたらと思っている時に・・・。

さつまいもの何がそんなに気にくわないとおっしゃるの?

そこまでためらうのでしたら私が先に食べてみますわとポートナム夫人が言ってくれました。

大丈夫ですか?お一人の体ではないので無理をなさってはいけませんという人もいますが、ポートナム夫人はご心配は不要です・・・私はバーテンベルク夫人を信じていますから、絶対に美味しいはずと言ってケーキを一口食べました。

 

みんなが見守る中‥・ポートナム夫人の顔がパアッと笑顔になり・・・なんてお美味しいんでしょう。

ナッツのようでもあり、穀物のような味もします。

でもナッツとは違って脂っこい感じは全くなくて、さっぱりしてて・・・すごく柔らかくてねっとりした甘さ舌に絡まるようです・・・まるでムースのよう本当においしいですと微笑みました。

クロエが準備したのは・・・!?

そして他の人たちに、これ・・・本当に召し上がらないおつもりですか?

もしそうだとしても無理にとは言いませんが・・・というと皆ごくりとつばを飲み込みました。

一斉に神妙な顔でフォークを差し、口に入れました。
あっという間に明るい顔になり。なんておいしいんでしょう!という声が上がります。

食べてみてわかりました・・・こんなに滑らかなのにくどくないなんて!

ポートナム夫人はクロエにウインクを送りました。

クロエは嬉しそうに心の中でポートナム夫人にお礼を言っています。

 

ところでこのお料理は何ですか・・・ゼリーともプディングとも違ってすごく独特な食感です。

それはいもようかんでした。

さつまいもをゼラチンで固めた東洋の御菓子だと説明すると、公爵夫人は東洋の料理もよくご存知なんですねと驚かれました。

いい感じになったので、今日は2種類のお茶を用意したので・・・とクロエが準備したのは・・・!?

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 80話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

さつまいもは庶民の食べ物と思っていた人たちにも好評ですね。

紅茶もそうなると思いますが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

80話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 80話の感想をお伝えします。

さすがはクロエの親友のポートナム夫人です。

みんながさつまいもと聞いて、どんよりとして雰囲気の中、勇気を出して一番先に食べてくれました。

クロエのことをとても信頼していて、クロエがいうなら間違いないと話してくれました。

 

そのおかげでさつまいものおいしさがみんなに伝わったのです。

まさか・・・いもようかんまで出てくるとは思いませんでした。

見かけだけで判断して食べないのはもったいないですよね。

 

さつまいもに合う紅茶が準備されていて、きっとさつまいものペーストも出てくるのでしよう。

2種類の紅茶があるというので、楽しみですね。

ティーバックもできて、ペーストも瓶に詰めて販売するならば・・・また大人気になりそうです。

寒い冬にきっとぴったりなのでしょうね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ80話!まとめ

こちらでは80話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 80話のまとめ
  • 公爵に続き、皇子までも胸にさつまいもの花を飾って現れ話題となった。
  • お茶会のメニューにさつまいもを取り入れたクロエ。
  • ポートナム夫人はさつまいもを口にして気に入った。