少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ82話!あらすじ!悪い夢をみたクロエ

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

こちらでは82話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

クロエはさつまいもと紅茶のマリアージュということで、スイーツをたくさん作りティーパーティーを開きました。

最初はさつまいもを平民の食べ物だと話していた人たちも食べてみるとその味に驚いています。

そしてたくさん栽培する人もでてきたのです。

公爵夫人の50のお茶レシピ82話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第82話のあらすじをお伝えします。

悪い 夢をみたクロエ

クロエ幸せ?という声が聞こえてきました。

クロエは、何も不思議に思わずに・・・ とても幸せよと答えます。

なぜ?

昔は誰にも必要とされていないと思っていたけれど、最近は違うと言うクロエ。

自分を必要としてくれる人たちがいて、大好きな人たちといっぱいのお茶を飲みながら笑いあうことができてとても幸せです。

ふうんそうだったの・・・

それもそのはずよね・・・ 人の居場所を奪ったんだからという言葉にクロエは衝撃を受けました。

持っていた花を、全部落としてしまいます。

 

そこは私の場所・・・ その幸せも私のもの・・・クロエ・バーテンベルクは私よ。

あなたが今手にしているすべては私のものなのよ。

あなたの親友も、仲の良い次女や下女も・・・ 公爵夫人という地位と財力もアルフォンスの愛も・・・返して!

クロエはガタガタと震えていました。

クロエに返してと詰め寄る女性・・・茨の蔓をまとって・・・全部私のものなんだから!とクロエに掴みかかります。

クロエは目をぎゅっと閉じました。

はっと気が付くと、目からは涙がたくさんこぼれ落ち・・・ ベッドの上でした。

夢だと気が付き、隣を見るとアルフォンスがすやすやと眠っています。

クロエはアルフォンスの唇にふれ、私は誰かの居場所終わってしまったのかしら・・・ 胸がズキンと痛みました。

クロエは馬車で取引先にいました。

紅茶を仕入れに行くと・・・!?

数日前、皇室から依頼が来ました。

来年から納品するお茶の種類を増やし、良質のウバを納品するようにとのことでした。

クロエはお茶を手に取りながら、頭がごちゃごちゃしているときはやっぱり働くのが1番と考えていました。

お茶の香りを嗅ぎながら、お茶って本当に不思議・・・全部同じ茶の木。

カメリアシネンシスの葉を加工したものなのに、全く違う香りがするのです。

本当にこの瞬間だけは心配事が全て吹き飛んでしまう気がします。

クロエは幸せそうに溜息をつきました。

さっきのお茶は果物の香りがしたけれども、こちらは焼きたてのパンの匂いがする。

試飲させていただいてもいいかしらと尋ねました。

 

こっそり男の子がクロエの方を覗いています。

男の子は、帝国貴族にお茶の何がわかるっていうんだ・・・俺は認めないぞ。

化けの皮を剥がしてやるとクロエに声をかけました。

本当にお茶に詳しいんですね・・・紅茶にまつわる面白い話があるのですが聞いていただけますか。

何でしょうというクロエ。

もともと温では、緑茶を輸出していました。

しかし航海するうちに月日が経ち、茶葉が発酵してしまったのです。

目的地に着く頃には緑茶が紅茶になっていたというわけで・・・でもそれが輸出先で人気が出たため、わざと茶葉を発酵させ紅茶を作り始めたという話です。

面白いと思いませんか?

 

確かにおもしろい話ねとクロエが答えると、男の子はニヤッと笑い引っかかった!と。

でもそれはきっと作り話ですよとクロエは言いました。

緑茶は製作過程でそれ以上酸化が進まないように熱処理をするんです。

だからどんなに長い間保管しても緑茶のままの状態を維持できるというわけです。

それともう1つ、紅茶は発酵させて作るものではありませんよ・・酸化過程を通じて作られるんです。

参加とは酸素と接触して物質が変質すること・・・ 例えばリンゴを切って置いておくと茶色く変色するのと同じです。

 

発酵は微生物による物質の変化です。

発酵させてつくるお茶にはプーアル茶のような黒茶があります。

試飲だとか言って真似事ばかりの貴族だと思っていたのに・・・なんでこんなに専門的なんだと驚く男の子。

男の子は見つかってしまい・・・何をしている公爵夫人の前で無礼ではないか!

早く謝りなさいと叱られています。

何か失礼なことをしていませんでしたかと聞かれましたが、クロエはとても面白い話をしてくれました楽しかったですと。

そう言っていただけて何よりです・・・ お茶を入れましたので試飲なさいますか?

と言われて試飲すると・・・帰りの馬車でクロエは呆然としていました。

ストレスが溜まっている時に買物はダメ

どうしよう・・・まさかとは思ったけどこんなにたくさん買ってしまうなんて。

追加で馬車3台分の量を買うことになるとは・・・ やはり精神的に疲れているときに買物をしてはいけないと溜息をつきました。

家計的に負担がかかるほど買ったわけではないけれど、お茶は鮮度が大事だからたくさんあればあるほどいいというわけではないし、 ストレスが溜まっている時は絶対にショッピングしちゃだめだ・・・クロエは反省していました。




皇子殿下は何か企んでいる・・・!?

ばったりと皇子殿下に会ったクロエ。

久しぶりだし、ここであったのも何かの縁だから・・・ 話したいこともあるしと散歩に誘われます。

しかしクロエはきっぱりと、申し訳ございませんが急ぎの用がございますのでと断ってしまいます。

それなら仕方がない用件だけ言うよという皇子殿下。

クロエは何を言い出すのかしらとドキドキです。

またネタバレを言うのじゃないでしょうね。

すると、私はお前のことをすごいと思っているというのです。

クロエは驚きました。

 

皇子殿下はさらに 正直昔はそう思っていなかったんだが最近のお前は本当に素晴らしい・・・いい意味で驚いているんだ。

言いたかったのはそれだけだからと言って去っていきました。

いきなりどうしたのかしら何か企んでいるのかと思うクロエでした。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第82話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

悪夢を見てしまったクロエはストレスがたまり、お茶をたくさん買ってしまいました。

きっとまた何かいいこと思いつくでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

82話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第82話の感想をお伝えします。

クロエと入れ替わってしまった?もともとのクロエ。

あまり評判が良くなかったようですが・・・。

クロエの心の中に、何か不安なことがあるのでしょうか?

 

今あるのは、全部クロエが努力してつかんだものです。

何も気にしなくていいのではないかと思います。

 

アルフォンスも殿下も今のクロエだからいいのでしょう。

衝動買いするものが お茶というのもクロエらしいですね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ82話!まとめ

こちらでは82話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 82話のまとめ
  • クロエは人の居場所を奪ってしまったという悪い夢を見た。
  • 男の子はクロエを試そうと思ったが、クロエには知識もあることを知ることになった。
  • 沢山の買い物をしてしまった事に、ストレスのある時の買い物はいけないと感じた。
  • 皇子殿下に素晴らしいと言われ、何か企んでいるのでは!?と感じたクロエ。