少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ83話!あらすじ感想!一年の締めくくり

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

こちらでは83話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

クロエは怖い夢を見ていました。

人の幸せを奪って・・・と責められる夢を・・・。

頭がごちゃごちゃする時は、働くのが一番と・・・クロエはお茶の仕入れに向かい、買い過ぎてしまったのですが・・・。

公爵夫人の50のお茶レシピ83話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 83話あらすじをお伝えします。

クロエがいるとクローゼットの影も見えない

一年の締めくくりの夜、クロエとアルフォンスは二人だけでささやかな年越しをすることにしました。

アルフォンスはクロエの体調を心配していましたが、クロエは笑顔で大丈夫・・・最近はそれほど忙しくないんですと答えました。

侍女たちが、クロエが何かしようとすると・・・私たちがやりますから!お休みくださいと言われるので、無理したくてもできない状況でした。

それに忙しいのはアルフォンスの方・・・すべての仕事を一人でこなしているのだから。

それはよかったというアルフォンス。

 

アルフォンスはクロエを見つめて、これほど愛おしい人に出逢えるなんて・・・。

10歳の頃から常に背後にあったクローゼットの黒い影は、不思議なことに彼女の前では力を失って薄れていきました。

(身に余るほどの幸福に出逢った。)

東洋の文化に詳しいと言われるクロエ

クロエの髪に手を触れていると、クロエがまだ零時までは少し時間がありますし、お茶でも飲みますか?眠気覚ましにもなりますし。

今日のために準備をしておいたお茶があるんです、お気に召すと思います。

今年のお茶は、次の一年も無事に過ごせますようにという願いを込めて、来年をコンセプトにブレンディングしてみたんです。

 

来年のどの部分を表現したのですか?と尋ねるアルフォンス。

つまりですね・・・クロエは考え込みます。

東洋では、一年ごとにその年の動物が決まっているのです。

今年は酉の年、去年は猿の年と・・・12種類の動物がいて、12年ごとに同じ動物が巡ってくるのですが・・・これを十二支と言います。

そういうわけで、来年は1766年ですから、戌年なんです・・・それをコンセプトに作ってみました。

アルフォンスは驚いて、東洋の文化にすごく詳しいのですね。

焦ったクロエは、小さい頃に少し興味がありまして・・・東洋に関する本をいろいろ読んだことがあるんです・・・それだけですと言い訳のように話しました。

クロエは罪悪感で、胸がズキンとしました。

戌年はほうじ茶?

ではお淹れします。

クロエが用意しているのは、急須でした。

東洋の茶器を持ってきたから、緑茶かと思っていたのに・・・急須から入れられているお茶は茶色です。

しかし紅茶にしては、赤みがほとんどありません。

クロエはご覧になるのは初めてですよね?これはほうじ茶というものなんです。

 

ほうじ茶は緑茶の一種で、面白いことに緑茶の葉を火で炒ったもの・・・。

アルフォンスは、茶葉を火で炒るというのですか?と不思議そうです。

そうすると、緑茶特有の味と香りは消えてしまいますが、とても香ばしく穀物のお茶に似た味がするのです。

でもそれだけではありません。

ブレンディングしたと言いましたよね・・・何を加えたか当ててみてくださいというクロエに、アルフォンスは顔を近づけて、微笑みながら当たったら?と言いました。

当たったらご褒美はもらえるのですよね?

困ったクロエは・・・えーっと、そうしたらご褒美は・・・お願いを聞くということでいかがでしょう。

ブレンドしているものを当てるアルフォンス

ヒントは私が入れたものは、2種類です。

冷めてしまいますので、召し上がってください。

一口飲むと、かすかに焦げたような味と・・・暖かく香ばしい味が舌を包み込む。

彼女の頭の中で、犬とはこんなイメージだったのか。

これほどぬくもりのある犬ならば、人と従順で誰とでもすぐに仲良くなれそうだ・・・少しクロエと似ているようだとお茶を飲みながらクロエを見つめていました。

 

そしてわずかに鼻を突くような香辛料の香り、舌に触れるピリッとした辛味。

きっとこれは・・・シナモンと生姜ですか?答えるアルフォンス。

当たりです!どうしてわかったんですか?クロエは驚いています。

干したシナモンと生姜を刻んで入れたんです。

これを作るために味見した生姜だけで、1年分の量になりそうですわ。

そりゃあもう・・・その匂いを消すために、どれだけ歯を磨いたことか・・・。

静かにするように、クロエの唇を人差し指で押さえました。

時計の針の動く音だけが響いています。

12時になると、クロエの額にキスをするアルフォンス。

クロエは今年三も一年よろしくお願いしますねと伝えると・・・キスをしました。

 

クロエが笑い出しました。

アルフォンスから、しょうがの味がして・・・シナモンもというので、アルフォンスはショックを受けます。

すぐ戻りますと席を立ったので・・・戻ったアルフォンスに歯を磨いてこられたんですかと尋ねて笑うと、アルフォンスに頬をつままれてしまいます。

さっきのご褒美をいただいていいですか…今年の最期の夜を君と一緒に過ごしたい・・・新年の朝日が昇るまで・・・。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 83話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

クロエは年越しのお茶まで、ブレンディングしていたのですね。

戌年がほうじ茶のイメージだなんて・・・。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

83話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 83話の感想をお伝えします。

日本の大晦日のような行事はなさそうですね。

年越しのお茶のブレンディング。

アルフォンスに東洋に詳しいと言われて、ドキッとしてしまうクロエ。

 

お芋のスイーツの時も、東洋の御菓子を作って驚かれていました。

どうしても長い間暮らしていたところの知識や思い出は出てしまいますよね。

 

アルフォンスの味覚にも驚きました。

シナモンと生姜・・・分かりやすいかもしれませんが・・・。

 

一年の締めくくりの夜・・・去年の夜とはお互いに全然違う気持ちなのでしょう。

クロエは大活躍の一念でしたね。

 

ほうじ茶をブレンディングしていても、きっと新しい商品のことを考えていたのではないかと思います。

 

冬の一番のおすすめはミルクティーのようですが、ほうじ茶にも体の温まる生姜などを入れたら・・・また売れてしまうかもしれませんね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ83話!まとめ

こちらでは83話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 83話のまとめ
  • 常に背後にあったクローゼットの黒い影はクロエの前では力を失って薄れていった。
  • 来年をコンセプトにお茶を作ったと言い、干支の話をすることに・・クロエは罪悪感で胸が痛んだ。
  • アルフォンスにほうじ茶を紹介した。
  • アルフォンスはブレンドされているものを無事に当てることが出来た。