少女/女性漫画

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ98話!あらすじ感想!賭けをする!?

紅茶の世界に引き込まれる「公爵夫人の50のお茶レシピ」。

世界観が面白い紅茶の魅力が詰まっている

さっそく98話の展開をご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

皇宮に呼ばれたクロエは、プーアル茶を紹介しました。

2種類のプーアル茶を紹介しますが、熟茶は飲めたものではありません。

皇子殿下はプーアル茶を淹れた紫砂壺が気になったようで、ぞんざいに使おうとしてクロエに、貴重な品だからと告げられ・・・。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

公爵夫人の50のお茶レシピ98話のあらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 98話のあらすじをお伝えします。

紫砂壺の特徴

紫砂壺が子供のおもちゃにしか見えないのに、そんな高価なものだったとは・・・ポリポリと頭を掻く皇子殿下。

クロエは、紫砂壺は見た目はとても素朴なんですが、実はとても面白い品だと笑いながら言いました。

釉薬が塗られていないので、通気性が良く匂いを吸い込む性質があります。

紫砂という材質のおかげで、保温にも優れています。

もうひとつ面白い特徴があり、長い間お茶を淹れておくと、紫砂壺自体にお茶の香りが染み込むんです。

長い間使いこまれた紫砂壺は、真水を入れただけでお茶になると言われるほどなので、その代わり一つの紫砂壺では、一種類のお茶しか入れられないという欠点も・・・。

何種類ものお茶を淹れては、香りが混ざってしまうから。

陛下は実に良い品を毎回用意してくれると感心して、プーアル生茶と紫砂壺を納品してもらいたいと言いました。

プーアル熟茶のおいしい飲み方

別に用があるからと陛下が席を立つと、皇子殿下が・・・疑問なんだけれど、プーアル熟茶なんてものを飲む人間がいるの?

もちろんです・・・ファンが結構いるのですよというクロエの答えに、皇子殿下はびっくりしています。

しかももっとおいしく飲む方法もあるというクロエ。

その飲み方なら、皇子殿下もきっとプーアル熟茶の魅力にどっぷりハマってしまうこと間違いなしですよ。

その自信はどこから来るのか?ならば賭けをしようか?

負けた方が勝った方の望みを何でも聞くんだ・・・君の淹れたお茶をわたしが特別にもう一度飲んでやろう。

そして私がそれをおいしいと思ったら君の勝ち。

やっぱりマズイと感じたら、私の勝ちだという皇子殿下。

賭けに勝つのは‥・!?

クロエは賭けにのってきました。

いくら賢いフリをしても、そこは貴族のお嬢様・・・疑うってことを知らないのだから。

私ならこんな不利な賭けは、死んでもやらないよ。

味がどうであれ、まずいと言ってしまえば済むこと。

今からワクワクするぜと悪だくみしています。

何をしている早くお茶を持ってきたまえとテーブルをバンバンたたくのでした。

 

クロエは西洋式で淹れてきました。

ミルクティーで、大体4.5:5.5の割合でブレンディングしたものですが。

紅茶以外でもミルクティーが作れるのかと驚いている皇子殿下。

緑茶にミルクを入れた時は、あまりに不味くて飲めたものではなかったが。

緑茶ではミルクティーを作ることはできませんが、プーアル茶はできるんです。

それ以外にも大紅袍や水仙といった黒烏龍茶にミルクをいれても美味しいんですよというクロエ。

プーアルミルクティーなんて、クロエのおかげでとても珍しいものを味わわせてもらうよ・・・文句なしに自分の勝ちだと思っている皇子殿下。

 

一口飲むと、ミルクティーし特有のコクもあり、まろやかな舌触りです。

飲みなれているようで、他のミルクティーとは、明らかに違う味・・・なぜだ?

あの恐ろしい陳香はしないのか?

ミルクティーになると・・・!?

いや、正確に言えばあるにはある・・・だがミルクと砂糖ブレンドされたアッサムでコーティングされて全く気にならない。

むしろ新しい香りが漂ってくるようです。

まさかこれは、チョコレート?

フレーバーティーでもチョコレートが入っているわけでもないのに、ここまではっきりとした香りがするなんて・・・。

平凡な紅茶のミルクティーより何倍も深みがある上に、プーアル茶特有の豊かな香りまで・・・。

どうしよう・・・おいしいではないか・・・。

クロエにお口に合いましたかと聞かれて、吹き出してしまう皇子殿下。

ちょっと待ってくれ・・・1口ではわからなかったから、もう一杯いただけないか?

まさかこんなにおいしいとは思わなかった・・・いや、さっきはきっと雰囲気のせいでおいしいと感じたのかもしれない・・・もう一回飲んでみたらきっと違うはず。

しかしもう一杯飲んでも・・・ここまで美味しいとはーとがっかりしています。

クロエに自分の呼び名を「アーサー」に帰させようという計画が・・・。

それでも君の勝ちだ、クロエ・・・とにかく賭けなのだから望みを聞いてやるという皇子殿下。

(これもいい機会なのかもしれない・・・距離を狭められるチャンスなわけだし。クロエが私に望むものは一体?)

 

皇子殿下は、他人に何かしてやるなどいつも面倒で仕方なかったのに、どうしてこんなにドキドキするのだろう・・・いろいろ妄想をしていました。

クロエの答えは、いいえ結構です。

まさかそんな答えが返ってくるとは思わず・・・まさか望みは何もないとかいうんじゃないよな?

そんなバカな・・・なぜだ!?これはチャンスだぞ!

この帝国のたった一人の皇子を思い通りにできるチャンスなのに!

クロエも知っているだろう・・・私はこれでも人気があるんだぞ。

こんなめったにないチャンスのためなら何でもするという女がたくさんいるのだ。

苦笑いをして、でしたら他の女性にチャンスを譲るというクロエ。

望むものがあるということは、それと同等の期待をしているということ・・・同時に興味もなければならない。

しかし残念なことにクロエは・・・アーサーに全く期待も゜興味も抱いてはいなかった・・・当然望むものもないのです。

クロエは店に帰って、皇子殿下の反応が良かったので・・・プーアルミルクティーを出すことにしました。

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 98話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

プーアル熟茶がプーアルミルクティーになると、全く別のものになってしまうのですね。

皇子殿下の願いはかないませんでした。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピをお得に読む方法

「公爵夫人の50のお茶レシピ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「公爵夫人の50のお茶レシピ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

98話を読んだ感想

公爵夫人の50のお茶レシピ 第 98話の感想をお伝えします。

陛下には、プーアル熟茶しか出さず、皇子殿下にはプーアルミルクティーまで入れたクロエ。

これは勝負がかかっていたからなのでしょうか?

クロエは特に考えていなかったかもしれませんが・・・。

プーアル熟茶の良さを知ってもらいたかったから、プーアルミルクティーを入れたのでしょうか?

それとも皇子殿下をモニターのようにして、プーアルミルクティーの評判を知りたかった?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ98話!まとめ

98話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

公爵夫人の50のお茶レシピ 98話のまとめ
  • 陛下はプーアル生茶と紫砂壺を納品してもらいたいと言った。
  • プーアル熟茶の魅力にハマるかの賭けをする。
  • ミルクティーにしてプーアル熟茶を淹れたクロエ・・皇子殿下は自分が勝つと思っている。
  • 一口飲むと美味しくて賭けはクロエの価値だったが、皇子殿下に何も望まなかった。