少年/青年漫画

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」13話あらすじ・ネタバレ

『クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー』の第13話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

今田姉妹には、暗示をかけました。

「クズ」な姉・美紀は、肥満に見える暗示で攻撃性も忘れて引きこもり。

患者だった双子の妹・有紀は、肯定感を高める暗示で、摂食障害を乗り越えました。

一方、ほのかは橘から、海馬の奥さんがとっくに亡くなってると聞いて—?

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー13話あらすじ・ネタバレ

愛海が生まれた場所

ほのかは、ビルの4階に降り立ちます。

海馬が、何かを隠している4階。

一体、何があるのでしょう—-?

そこには、人工呼吸器の音が響いていました。

海馬は、長期入院患者はいないと言っていたのに。

たくさんのチューブに繋がれた1人の女性が、そこに眠っていました。

まさかこの人が海馬の奥さん……?と、ほのかが目を奪われていれば、声を掛けられます。

タオルの準備をした、愛海でした。

勝手に入ったことを謝れば、ほのかにはいずれ話すつもりだったと、許してくれます。

10年前、通行人を無差別に暴行するという通り魔の傷害事件がありました。

海馬の奥さんは事件に巻き込まれ、10年間眠ったままだそうです。

しかし、愛海は2人の娘のはずです。

尋ねれば、愛海は海馬から聞いた話を伝えます。

事件当時、愛海がお腹の中にいたのです。

犯人に襲われた時、お腹を庇ったために、愛海のママは強く頭を強く殴られました。

そして意識不明のまま、愛海を産んだのです。

パパとの約束

ほのかは驚きます。

話の通りだと、海馬の奥さんは、10年以上もここにいることになります。

10年も植物状態だった患者が目覚めた例なんて、ないはずなのです。

もっとちゃんとした病院に入れてあげた方がいい、と焦るほのかでしたが。

愛海は、静かに話すのです。

パパが、いつか自分の手でママを目覚めさせると約束してくれた、と。

海馬は今でも毎日時間を作って、奥さんに話しかけているそうです。

愛海が小さい頃には、一緒に絵本も読んだりしたそうです。

反応が無くても、聞こえるはずだから、と。

信じて、目覚めない妻に寄り添い続けているのです。

ママの声も聞いてみたいな、と母親の手にそっと触れる愛海に。

ほのかは、胸を締め付けられます。

本当の海馬

2階のクリニックに降りたほのかを、何も知らない海馬が迎えます。

黙り込むほのかに、ニコニコ笑顔で、大納言あずきアイスを勧めてくるのです。

キッパリと断りながら、分からなくなります。

甘いものが好きで、ヘラヘラと笑う海馬。

愛海から聞いた、目覚めない妻を待ち続ける父親としての海馬。

そして、「クズ」と判断した人間に対して容赦なく人格を整形する海馬。

一体どれが、海馬の本当の顔なのでしょう—-?

小坂みどりの場合

いつの間におりてきたのでしょう。

愛海が、予約の患者が来たと声を掛けてくれます。

ほのかも制服に着替え、バイトが始まります。

やって来たのは、35歳の小坂みどり。

物静かで、少しオドオドとした印象を受ける、ショートカットの女性です。

サイトでこのクリニックを見つけ、家族に隠れてやって来たのはと言います。

夫と、小学生になる娘との3人暮らしをしています。

娘・芽衣(めい)が小学校に上がってから、みどりは気分の重い日が続くのです。

最近では、体調も崩すようになっていました。

海馬が、心当たりはありますか?と尋ねれば、みどりは小さく頷きます。

そして、一枚の写真を見せます。

桜を背景に、2人の女性と、2人の女児の映った写真は、入学式のようです。

みどりと娘の横に写っているのは、同じマンションに住む親子でした。

西浦香世(にしうら かよ)と、みどりの娘と同い年の娘・萌奈(もな)。

いわゆる「ママ友」というやつです。

しかしみどりは、香世と顔馴染みで、かつては同じ中学に通っていました。

そしてなんと、みどりは中学の3年間、ずっと香世にいじめられていたのです!

みどりは顔を覆って下を向き、震えながらも話し続けます。

もう20年以上も前のことで、分かっているのにと話す姿は、酷く痛々しくて。

謝ってはもらっても、どうしても記憶がフラッシュバックするのだと、頭を掻きむしる様は、随分と追い詰められていました。

思わず、ほのかが駆け寄ります。

お茶でも飲んで落ち着いて、と話すほのかの言葉も、もう聞こえないのです。

頭を抱えながら、みどりは泣き叫びます。

催眠術でもなんでもいいから、中学時代の記憶を消してください、と。

あんな昔のことでいつまでも、憎みたくない、苦しみたくないと、訴えるのです。

限界状態のみどりの様子を、海馬はじっと観察していました。

<前話 全話一覧 次話>

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ーを無料で読めるか調査した結果

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー12話を読んだ感想

クリニックの4階の謎が明かされました。

以前海馬家を訪れた際、妻のプライベート用に使っていると言われた場所。

間違いでは、ありませんでした。

海馬には本当に奥さんがいて、愛海ちゃんには本当にママがいたんですね。

しかも愛海ちゃん、ちゃんと海馬をパパと呼んでいます。

ビックリ続きです。

始め愛海ちゃんは、海馬を院長と、母親を母と呼んでいます。

しだいに、院長がパパになり、母がママになります。

ほのかという第3者の前で、必死にしっかり者でいようとした様がいじらしいです。

海馬の奥さんが事件に遭ったのは、10年前。

愛海ちゃんの年齢が、10歳で確定します。

巻き込まれた事件は、無差別に通行人にバッドで暴行を加えるという、通り魔的なもの。

加害者は、「クズ」だったのでしょうか。

ほのかは、海馬の父親が関連しているのではと踏んでいましたが、奥さんは関与してくるのでしょうか。

海馬の父親から奥さんとの仲を認めてもらえず、通り魔が父親関連の人物だったとか?

その場合、父親の引退に、海馬は絡んでいる気が致します。

にしても、10年前の事件を、橘が知っていたのは何故なのでしょう。

海馬と研究室が同じで、教授などから話でも聞いたのでしょうか。

橘の所属する研究室に、海馬が受賞した際の写真が飾ってあったみたいな話もあったので。

とすると、海馬と奥さんが籍を入れたのは、在学中でしょうか。

ああでも、海馬はヤボ用で大学に来ることもあるみたいなので、卒業後に結婚でもおかしくないのですね。

頭を強く殴られて、意識不明となっている海馬の奥さん。

海馬が脳を専門としているのと、関係がありそうで少しワクワクします。

愛海に約束をした海馬は、どうやって奥さんを目覚めさせるつもりなのでしょうか。

新しい患者さんのお話は、久しぶりの第3者のお話です。

家族というどうしようもない繋がりは持たない代わりに、今度はママ友ときました。

自分だけではなく、娘の交友関係に影響が出る関係性です。

いいところ突きましたね。

娘が、相手の娘と仲が良くても、自分が離れるわけにもいきませんし。

そこまで仲良くなくても、自分と同じようにいじめられるのではという、恐怖が常に付き纏うでしょう。

みどりの抱えるトラウマは、ギッチリと根を張っていそうです。

忘れさせてください、という要望に、加害者のことは含まれていません。

みどりに暗示をかけてしまえば、それでおしまいにできるお話です。

しかし海馬は、話を聞くのでしょう。

みどりを脅かす存在に、みどりを弱者として狙った故意的な意思があるかないか、確かめるのでしょう。

「クズ」が存在しないパターンも見てみたいものですが、難しそうです。

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー13話まとめ

こちらでは13話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー13話まとめ
  • ビルの4階では、海馬の奥さんがたくさんのチューブに繋がれ眠っていました。事件に巻き込まれ、意識不明のまま、愛海を産んだのです。
  • パパが、いつか自分の手でママを目覚めさせると約束してくれたと愛海は話し、海馬は今でも信じて、目覚めない妻に寄り添い続けているのです。
  • クリニックに35歳の小坂みどりがやって来ました。夫と、小学生になる娘がいます。
  • 海馬に一枚の写真を見せます。同じマンションに住む西浦香世と、娘・萌奈も一緒に写っていました。なんと、みどりは中学の3年間、ずっと香世にいじめられていたのです!
  • どうしても記憶がフラッシュバックしてしまい、中学時代の記憶を消してほしいと訴えます。みどりの様子を、海馬はじっと観察していました。

<前話 全話一覧 次話>