少年/青年漫画

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」14話あらすじ・ネタバレ

『クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー』の第14話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

クリニックの4階には、意識不明の海馬の奥さんが眠っていました。

愛海と海馬が交わした、奥さんを海馬自身の手で目覚めさせるという約束に。

ほのかは、海馬の本当の顔が分からなくなっていきます。

一方、クリニックの2階には、ママ友の存在に悩まされる患者が訪れて—-?

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー14話あらすじ・ネタバレ

香世との再会

取り乱すみどりに、海馬は話を聞かせてほしいと尋ねます。

みどりはしばらくして、少しずつ話し始めるのでした。

今年の春、娘・芽衣の入学式前のこと。

みどりは、マンションに新しく引っ越して来た住人に、声を掛けられたのです。

気さくな様子で、明るい声で話しかけて来たのは、竹内香世。

結婚して西浦性となっていましたが、みどりにとっては、いつまでも「竹内香世」。

中学3年間、自分をいじめ抜いたいじめっ子でした。

旦那の転勤と、娘の小学校入学に合わせ、引っ越して来たと話す香世。

娘も同じ学校に通う予定の同学年で、話もあっているようです。

みどりは、硬直してしまい、ただ話を聞くばかり。

すると香世は、なんと謝って来ます。

バカだったからとても酷いことをした、と。

すっごく反省しているから、今後は仲良くして欲しいと、手を合わせるのです。

それだけ⁈と、みどりは愕然としていました。

心に掻き乱れた散々ないじめの数々、しかし香世の顔を見ると、硬直して言葉が出ていかないのです。

絞り出した「うん」を、香世は和解ととったようでした。

リーダー気質

それからというもの、香世は事あるごとに、みどりたち親子に話しかけて来ました。

海馬に見せた入学式の写真も、香世に言われるままに撮ったものです。

元々社交性のある香世は、ママ友の中でもすぐにリーダー格になっていきました。

娘同士も仲良くなってしまいました。

もうみどりは「竹内香世」との付き合いを断れない状況に、追い込まれていったのです。

しかし、それだけでは済みませんでした。

いじめの再来

ある日、香世主催のママ友ランチ会で、みどりは田村がいないことに気付きます。

何の気無しに香世に聞けば、あっけらかんと、ノリが悪いから呼んでいないと言います。

つまらない人がいたって盛り上がらない、と。

その様は、自分をいじめた中学生の「竹内香世」そのもので。

みどりは、言葉を無くします。

PTAの役員決めでも、同じことが起こります。

香世は役員を田村に押し付け、目立たせてあげたのだと笑うのです。

「竹内香世」がみどりを脅して、文化祭委員長を押し付けた時と同じ言葉を吐いて。

吐き気が、みどりを襲います。

手洗いで苦しさに涙ぐみながら、実感するのです。

香世は、何も変わっていないと。

彼女は、本当に何とも思っていないのです。

だから、何度も繰り返します。

みどりはといえば、何十年も前のことに振り回され、苦しみに落ちていきます。

残酷な正論

夫に縋っても、正論に突き刺されます。

20年以上も前の話で、相手は謝ってくれたんだろう?、と。

香世は明るいいい人で、どうしてもわだかまりがあるなら、大人なのだから、断ればいい、と。

娘の芽衣も、香世はやさしい人だと言います。

また遊びにおいでと言ってくれた、と。

みどりの味方は、どこにもいませんでした。

だからみどりは、海馬クリニックを訪れたのです。

みどりは、自分が悪いのかと追い詰められました。

昔のことをいつまでも忘れられず、かと言っていじめられた相手に文句も言えない弱い自分だけが。

だったらせめてつらい記憶を消す方法はありませんか⁈と、頭を抱えながら、切羽詰まった声をあげます。

海馬は、トラウマの記憶だけを消す技術は、まだ確立していないと話します。

必要な記憶も消えてしまったり、トラウマの原因と会えば記憶が戻ってしまったりするのです。

残念で残酷な、現在の医療の事実でした。

報復

弱々しく震えるみどりに、海馬は囁くのです。

そもそもどうして、被害者のあなたがそこまでする必要があるのか、と。

あなたのトラウマの原因・竹内香世にもキッチリ責任を取らせよう!、と。

真面目なトーンと顔で、目だけはギラギラと輝かせる海馬に。

ほのかは、これから始まる「治療」を覚悟するのです。

後日、香世が目を覚ませば、実験台に縛り付けられていました。

目の前に、みどりが立っていて—-?

<前話 全話一覧 次話>

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ーを無料で読めるか調査した結果

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー13話を読んだ感想

加害者・西浦香世は、そんなに悪い人物には見えません。

前回の写真やいじめの話から、性格の捻じ曲がった、マウンドとってくる女性像を想像しておりましたが。

自分がバカだったから酷いことをした、とても反省している、と自分から話す様子は。

喧嘩を謝る女生徒のようです。

きちんと、悪いことを認めて、自分から謝りに行ける人に見えます。

ただ、物事が悪かった。

貸す予定だったCD忘れてごめん、くらいの香世の謝罪は、みどりには届きませんでした。

みどりにとっては、3年間の地獄を与えてきた相手なのです。

少し派手ではありますが、明るく堂々として、積極性があって。

自分から非を認めて謝れる香世には、好感が持てます。

みどりの夫や娘が、みとりを理解できないのは、仕方ないのでしょう。

与えられたものにしか、理解できない痛みが、苦しみが、恐怖が、あるのです。

みどりは、香世の顔を見るだけで、行動に過去の影を見るだけで、吐き気を抑えられません。

よく、過去3年間耐え切ったなと思うような、壮絶な過去だったことでしょう。

みどりがいつまでも、竹内香世、とモノローグで語るのが印象的でした。

結婚して、西浦になった香世。

けれどみどりにとって、いつまでも竹内香世のままなのです。

現在は、更新されていきません。

娘同士が仲良くなったのは、辛いですね。

しかもマンションまで同じという包囲網。

さらには、香世はママ友の中でも、やっぱりリーダー格です。

香世は、人付き合いに向いた性格だと思います。

周りがバラバラな春には、1人はいて欲しい明るくノリの軽いリーダータイプ。

ただ彼女には、罪悪感が欠けていました。

みどりに、バカなことをして反省している、と謝った香世は。

次は別のママ友に、当時みどりにしてきたような振る舞いをはじめます。

みどり過剰反応して気付きませんが、周りも香世を伺いながら、否定的な様子も見せています。

みどりが辿り着いた結論は、偉いなと思います。

彼女は、自分が過剰反応していることに、きちんと気付いています。

香世の根っこが変わっていなくても、悪いところばかりではないことも、見えているのです。

それでも海馬に人格整形を持ち掛ければ、すぐに頷いたことでしょう。

海馬は、ズルいですね。

きちんとお医者さんの意見で、みどりの提案を取り下げます。

そして、自分の流れに持っていくのです。

トラウマの記憶だけ綺麗に消すことはできない、というのは、納得させられました。

では、暗示はできなかったのでしょうか。

今田姉妹の双子の姉・美紀に、肥満に見える暗示をかけたように。

美紀は、負けず嫌いで、努力しているがゆえに、努力していない人に厳しい人でした。

脂肪は怠慢の結果であり、肥満であることは、彼女にとって許せないことであったはずです。

それでも、暗示はかけられました。

ではみどりに暗示をかけて、香世とはただのクラスメイトであったとすることも。

もっとやるなら、仲良しだったように思い込ませることだって、可能なはずでした。

結局、海馬は「クズ」を罰したいのです。

誰かにトラウマを与えたもの、海馬クリニックの文字が見えるまでに追い詰めたものに対して。

一矢報いてやらなければ、気が済まないのです。

そして最後、珍しく実験台の上で、被験体となった香世が、目を覚ましました。

彼女には最後、選択の余地はあるのでしょうか。

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー14話まとめ

こちらでは14話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー14話まとめ
  • 旦那の転勤と、娘の小学校入学に合わせ、引っ越して来たと話す香世は、反省しているから、今後は仲良くして欲しいと謝って来ました。
  • そして、香世はママ友の中でリーダー格になっていきました。
  • PTAの役員に香世は役員を田村に押し付けます。みどりを脅して、文化祭委員長を押し付けた時と同じ様だったので、昔を思い出し、吐き気がみどりを襲います。
  • 海馬は、トラウマの記憶だけを消す技術は、まだ確立していないと話します。
  • 後日、香世が目を覚ませば、実験台に縛り付けられていました。目の前に、みどりが立っています。

<前話 全話一覧 次話>