少年/青年漫画

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」20話あらすじ・ネタバレ

『クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー』の第20話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

急に東京にやって来た母親が、勝手に入れていったレストランの予約。

クリニックのバイトを早退けしたほのかを、彼氏・圭介が待っていて⁉︎

デートの約束を忘れていたほのか、母親と会わせまいと焦っているところに、ほのかの母親がやって来て?

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー20話あらすじ・ネタバレ

にこやかな母

ほのかの母親と聞いて、驚きながらも圭介は、礼儀正しく自己紹介を始めます。

対するほのかは、慌てて彼を止めるのです。

過去にほのかが連れていた彼氏を見て、文句が止まらなくなった母親が頭を過ぎります。

彼氏なんて作る暇があるのか、親の苦労も少しは考えろ、お前は期待を裏切ってばかり、と。

今回はどんな文句が待っているのかと、恐る恐る母親を振り返れば。

彼女は、ニッコリと礼儀正しい母親の顔をして、圭介に自己紹介を返すのです。

驚いているほのかをよそに、母親は圭介を食事に誘います。

ほのかには、彼女が何も考えているのか、まるで分かりません。

急遽、3人でレストランに向かうことになります。

彼氏査定

席についてからというもの、母親は圭介と会話を弾ませました。

ほのかの彼氏だと知ってからは、さりげなく彼の家がクリニックを経営していることを聞き出します。

将来は継ぐのかとどんどんと情報を引き出す母親に、思わずほのかが止めに入るほどです。

けれど、圭介は気にした様子もなく、朗らかに自分について、家族について話していきます。

家は兄が継ぐことも、次男の自分は開業医を目指していることも。

けれど、ほのかの兄について彼が尋ねれば、母親はすぐ様、少し身体を崩してしまったと、話しを終わらせます。

兄が引きこもりになっていることなんて、微塵も感じさせない言い方で、世間体ばかりを気にする母親に、心療内科に通った際に言われた嫌味を思い出します。

この人は子どもを何だと思っているのだろうと、そんな疑問が改めて浮かんでくるのです。

崩れていく

圭介が席を立ったのを見計らい、母親がほのかに囁きます。

あなたにしてはいい人を見つけたじゃない、と。

どころか、彼が開業医の息子や次男であることを引き合いに出し、値踏みするような言い方をするのです。

極め付けには、ほのかの目の前が真っ暗になるような言葉を、吐き出しました。

彼に嫁げば、もうほのかが無理をして医者ならなくてもいい、と。

自分を医者に仕立てようとしたのは、紛れもない目の前の母親で。

兄が失敗したから、次は妹に、自分の夢を叶えてくれと、肩にズッシリ乗っかったプレッシャーを、まだ生々しく覚えています。

けれど母親は、呪いの言葉でほのかを縛り付けます。

出来損ないのあなたには、医者より医者の嫁を目指すのが現実的。

これ以上私を失望させないで、としっかりダメ押しをして。

母親のためにと目指してきた目標を、その母親の手で打ちのめされて、心が折れそうになるほのか。

圭介が席に戻ってきて、彼女の様子がおかしいことに気付きますが、彼女は笑顔で何でもないと締め出してしまうのでした。

暴かれた正体

自分を守るのに精一杯になっているほのかをよそに、母親は幼い頃の失敗談を並べていきます。

その度に母親に貼られた劣等生のレッテルが、緩やかにほのかの首を絞めていくようでした。

次第に2人の会話も遠のいて、耳はどんどん早くなる鼓動音でいっぱい。

劣等感ばかりが募り追い詰められ、呼吸すらもままならなくなって。

飛び込んできたのは、小豆スイーツを注文する、呑気でのんびりとした、空気を読まない海馬の声でした。

圭介とも顔見知りな様子の彼に、母親は訝しげな顔をしますが、彼が医者だと聞くとすぐ様、礼儀正しい挨拶を始めます。

その身代わりの早さを、見逃してやる海馬ではありませんでした。

海馬は、ここがレストランの中であることなんて全く気にせず、いつもの調子で母親の異常性を並べていきます。

権威と肩書きに振り回される様子、娘に貼り続ける出来損ないのレッテル。

ほのかは、名門医学部に浪人することなく合格し、選んだ彼氏も将来有望、親として誇らしくこそあれ、けなすなんてあり得ません。

母親の態度は、彼女から自信を奪う行為であり、立派な虐待なのです。

娘を自分の欲求を満たす道具としてしか見えていない、タチの悪い毒親でした。

最早言葉も話せなくなったほのかは、ただ黙って話を聞いていました。

海馬の指摘する内容は、ずっと気付かないようにしてきた、実の母親の本性で。

「治療」してあげましょうかと、母親に啖呵をきる彼を、止める気力ももう残ってはいませんでした。

<前話 全話一覧 次話>

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ーを無料で読めるか調査した結果

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー20話を読んだ感想

ほのかの気持ちは、長い長い片想いに似ている気が致します。

だから、惚れ薬とか魔法の力を使って相手が振り向いてくれたところで、虚しさや淋しさが募るのだけ。

彼女の母親は、そこまで振り切って悪い人間には見えないところが、タチが悪いのでしょう。

大切なのは、自分が医者の関係者となること。

これは、母親が母親である前に、ひとりの人間として、譲れない悲願なのでしょう。

だから彼女は、息子に娘に、医者の希望を託して縋りつきます。

けれどその一方で、息子が潰れてしまったことも、娘にその職業が不似合い、荷が重いことも、理解できるくらいには冷静です。

だから娘の彼氏について、かなり早い段階から、医者関連の人物であることを重視していたのかと思います。

ほのかの母親は、頭はいいのだろうと思っています。

医者を託した際の息子、娘の優先順位、ほのかの彼氏に医者関係者であることを望んだ点から、男尊女卑の影が伺えます。

おそらくこれは、女であるばかりに医者になれなかった、彼女が植え付けられた価値観。

その価値観そのままに母親となった彼女は、自然と、娘を医者にすることにブレーキがかかったでしょう。

彼女の憎しみは父親には向かず、なりたい医者になれなかった無念感だけが、心に溜まって膿んでしまった。

だから、女が医者になることで父親を見返すことが目標にはならず、女が医者になることに根深い抵抗があった。

そうして彼女は、早い内から劣等感を刷り込んで、娘から自信を奪っていったのでしょう。

この辺りが、賢くて狡猾だなあと思います。

女を理由に自分が医者になれなかったから、娘が医者になるのに、もしかしたら嫉妬めいた気持ちもあったのかもしれません。

ほのかの母親の悪意は、賢くて狡くて、またその全てが、彼女の内側から無意識的に現れたもののように感じられます。

治療すべきはほのかの母親ではなく、母親の人格を歪めてしまった人物(ほのかの祖父?)な気が致します。

なら海馬は、ほのかの母親の治療に間に合わなかったのでしょう、ほのかの母親を救ってあげることができなかった。

彼に残されている選択肢、今の彼ができることは、娘のほのかを救うこと。

やっぱりレストランに来ていた海馬が、いつも通りスラスラと、何でもないように母親を見定めるシーンは、格好良かったです。

クズとみなした人間に遠慮なんてない彼の、決断の早さがちょっと気になりましたけれど。

次回予告を見るに、ほのかに母親を庇う気力は、もう残っていないようです。

彼女は母親の人格整形に踏み切るのでしょうか?

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー20話まとめ

こちらでは20話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

クズ人間、治療します。ー人格整形外科ー20話まとめ
  • 圭介と母親はお互いに自己紹介をします。母親は圭介を食事に誘い急遽、3人でレストランに向かうことになります。
  • 席について、母親は圭介と家族について会話を弾ませました。ほのかの兄については、母親は、少し身体を崩してしまったと、話しを終わらせます。
  • 母親は、あなたにしてはいい人を見つけたじゃない、とほのかに囁きます。医者より医者の嫁を目指すのが現実的と言います。
  • ほのかは呼吸すらもままならなくなると海馬の声が飛び込んできます。海馬が医者だと聞くとすぐ様、母親は礼儀正しい挨拶を始めます。
  • 海馬は、いつもの調子で母親の異常性を並べていきます。ほのかに母親を庇う気力は、もう残っていないようでした。

<前話 全話一覧 次話>