少女/女性漫画

「ママ、やめます~余命一年の決断~」3巻あらすじと感想・変わってゆく家族

大人気マンガであるの「ママ、やめます~余命一年の決断~」の3巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

恭子は結婚する前に一緒にブランドを立ち上げようとしていた友人の朋絵と15年ぶりに再会し、服を作るように勧められます。

ことみのアドバイスを受けながら生き生きとデザインをする恭子でしたが、保の心は沈んだままで…。

ママ、やめます~余命一年の決断~3巻あらすじと感想

変わってゆく家族

保は楽観的に振る舞う恭子とことみに一言言ってやろうと思いながら帰宅しますが、家で笑い合いながらデザイン画を描く恭子とことみを見て毒気を抜かれてしまうのでした。

恭子とことみが描いたデザイン画を見せられても素敵だよとしか言えない保でしたが、その時に恭子が見せた笑顔に胸が締め付けられるような思いがします。

保の感想が適当すぎるとことみに言われてしまうのですが、本当に素敵だと思ったからそう言っただけにすぎないと零す保。

保の一言に驚くことみですが、電話がかかって来たので一旦席を離れます。

今までの私なんて、大嫌い

ことみが部屋に行った後、恭子はことみが考えたデザインを保に見せ、二人でことみの成長を喜びます。

しかし、保に“さっさと病気なんか治しちゃってさ、今まで通りの生活に戻ろう”と言われた時、

恭子はいつも自分だけがイライラして動き回って、自分が見る影もなくボロボロになっているのにすら気が付かなかった私なんて、私は大嫌いとはっきり口にします。

あんな生活に戻れって言うなら、治療なんてしたくないとまで言い切った恭子の言葉を聞いて、現実逃避するな!俺は真面目に考えてるんだと恭子に当たってしまう保。

恭子は保の考えを受け止めながらも、恭子がいなくなっちゃうのが怖いっていうならうれしかったのにと寂しそうに笑い、保はそれ以上何も言えなくなってしまいます。

その後、両親の様子がなんとなくおかしい事に気づくことみでしたが、自分が気に入ったデザインの服を恭子が作るという提案に目を輝かせて喜ぶのでした。

「ママ」はもういない

恭子とケンカしてから、3日間部屋に引きこもっていた保。

保は自分に声をかけてくれない恭子につい苛立ってしまうのですが、恭子が散々自分の病気のことを保に相談しようとしてもまともに話を聞いてやらなかった事に気が付きます。

自分の余命を告げたときの恭子の表情さえ思い出せないことに驚いた保はリビングに降りていくのですが、リビングでは恭子がカレー作りをしていました。

そんな事言われたくない

サリーを着て今日の献立を嬉しそうに伝えてくることみを見て、思わず“ママに料理させてお前は遊んでたのか”と声を荒げてしまう保。

思わず恭子が保をたしなめますが、ブチ切れたことみが今までママの手伝いで大変だったことをぶちまけ、

“なんにもしてないくせに、私たちの作ったカレー食べないでよ!!”と激怒して部屋にこもってしまいます。

ことみの剣幕に冷や汗をかいてしまう保でしたが、今まで自分とことみのケンカはすべて恭子が仲裁してくれたため、自分でことみに謝る勇気はないようです。

今日カレーを作ることになったのは、買い出しに行ったスーパーでナンが安く売っていたからでした。

その流れでことみが恭子の手伝いをしたいと言い、材料を買って二人でカレーを作ったのです。

ことみがそんな事を言ったことに驚く保でしたが、恭子から“伝えたいことがあるなら、私が居なくても自分で伝えて”と言われ、保は自身のふがいなさにようやく気が付くのでした。

恭ちゃんが嫌いな自分にならないように

そこまで聞いた保は、ようやく自分にとって恭子がどれだけ大事な存在だったのかに気づきます。

今までのように待ってるだけでいたら、本当に恭子がいなくなってしまう…ということに気づいた保は思いのたけを恭子にぶつけ、運命になんか身を任せないでほしいと強く願います。

“恭子の笑顔を守りたくて結婚した”という大切な事まで忘れてしまっていた保でしたが、まず第一歩としてことみに謝ると決めてことみの部屋へ向かいます。

保から久しぶりに“恭ちゃん”と呼ばれ、しかも恭子のことを“好きで必要”だと言われたことを思い、思わず笑顔になる恭子。

しかしその直後に恭子の体に一瞬激痛が走ったのちに消え、恭子は“今の痛みは何だったんだろう”と考えてしまうのでした。

<前話 全話一覧 次話>

ママ、やめます~余命一年の決断~を無料で読めるか調査した結果

「ママ、やめます~余命一年の決断~」はシーモア独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ママ、やめます~余命一年の決断~」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ママ、やめます~余命一年の決断~3巻を読んだ感想

これまではイマイチ性格が分からなかった保ですが、ここにきて子供っぽくて、恭子のことが大好きな小心者で口下手な人というのが分かったように思います。

本人にとっては正直な思いを口にしているだけなのですが、言葉が足りなくて相手に不快感を与えてしまったり、怒らせてしまったりするタイプの人なのかもしれないと思いました。

ことみだって本当はママのことが大好きなのですが、今までツンツンしてたのは、恭子に余裕がなかった反動なんだろうなと思います。

そんなほのぼのとした雰囲気を一瞬でぶち壊した“さっさと病気治して今まで通りに生活しようぜ”っていう保のセリフは物凄い爆弾ですよね。

実際言われた恭子は若干キレてますし…。

“今まで通りの生活”っていうのにももちろん腹が立ちますし、恭子もそこに怒っているんですが、私は“さっさと治して”っていう所に一番腹が立ちました。

そんな風邪みたいなノリで治せる病気なら、そもそも余命宣告なんかされないですし自分だってそんなへこまないでしょ?

と思ってしまいますし、無理解にも程があるなと思ってしまいます。

だからこそ、恭子の言った“私がいなくなるのが怖いっていうならよかったのに”っていうセリフが刺さりました。

ことみはかわいい服作ってもらえることになって良かったですね!

恭子はことみが友達と遊びに行く日に合わせて作るって言っていますが、無理はしないでと思わずにはいられません。

カレー作りの件でことみが思い切り保にブチ切れたのはスカッとしましたが、ことみがやった事は恭子がずっとことみと保のためにやってきたことのたった一部なんですよね。

たった一部でもことみが大変さを理解してくれたのは良かったですし、保はもちろん恭子も自分の悪かった点に気づけたのが良かったと思いました。

でも今回のお話のハイライトは、何といっても保が恭子に言うセリフですね。

自分の情けなさに気づいて、これから頑張らなきゃと決意して。

そしてどうして自分が恭子と結婚したのかを思い出すっていう素晴らしいシーンだったと思います。

恭子があまりにもはつらつとしているので、病気だということを一瞬忘れてしまいそうになるのですが、

今回痛みに襲われるシーンで本当に恭子の寿命はもうすぐ来てしまうんだと考えさせられました。

ママ、やめます~余命一年の決断~3巻まとめ

こちらでは3巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ママ、やめます~余命一年の決断~3巻まとめ
  • 保はデザイン画を褒めた時の恭子の笑顔に胸が締め付けられるような思いがします。
  • ことみが部屋に行った後、恭子は保の考えに、大嫌いと言うと、真面目に考えてるんだと恭子に当たってしまう保。
  • ケンカしてから、3日間部屋に引きこもっていた保がリビングに降りていくと恭子がカレー作りをしていました。
  • 保が声を荒げると、ことみがブチ切れ部屋にこもってしまい、今日カレーを作ることになった理由を恭子が説明します。
  • 保はどうして自分が恭子と結婚したのかを思い出し、ことみの部屋へ謝りに向かいました。
  • 保から好きで必要だと言われ思わず笑顔になる恭子。しかしその直後に一瞬激痛が走ります。

<前話 全話一覧 次話>