少女/女性漫画

「ママ、やめます~余命一年の決断~」4巻あらすじと感想・久しぶりのデート

大人気マンガであるの「ママ、やめます~余命一年の決断~」の4巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

恭子に友達と遊ぶときに着る服を作ってもらうことになり、ご機嫌なことみ。

一方保と恭子はお互いの考え方による違いからすれ違うようになってしまうのでした。

そんな中、恭子はことみと一緒にカレーを作ることにしたのですが…。

ママ、やめます~余命一年の決断~4巻あらすじと感想

今後を考えて

結局、恭子とことみが作ったカレーは3人で食べることになったのですが、味は微妙。

その上ケンカ中の保とことみに挟まれての夕食は、恭子にとって爆笑ものだったようです。

二人の状態を見かねた恭子が間に入ろうとはしてみたものの、落ち込んだ保とヒステリーを起こしたことみの相手はままなりません。

そのことを朋絵に面白おかしく話す恭子でしたが、朋絵は呆れながらも“今後のことを考えると、そのままってわけにはいかないでしょう”と恭子に返します。

朋絵との通話が終わり、自然と“今後のこと”について考える恭子。

するとスマホに保から“休みが取れたから、恭ちゃんの病院に一緒に行きます”というメッセージが入り、恭子は保と一緒に医師の話を聞くことにします。

久しぶりのデート

約束の日曜日。

ことみは希望通りのワンピースが手に入り、作った本人の恭子と一緒に喜んでいます。

恭子の作ったワンピースを着てはしゃぐことみですが、保にほめられた瞬間に表情を曇らせてしまうのでした。

相変わらず保と目を合わせようとしないことみですが、“今日はママとデートだからパパたちも駅に行くんだよ!”という保の言葉に乗っかった恭子に押し切られる形で保の車に同乗することに。

恭子は口から出まかせとはいえ、久しぶりに保とするデートにわくわくしていました。

だってあんなのウソだもん

ことみと保に話をさせるため、途中で車から降りることにした恭子。

不満たらたらのことみと保を乗せ、車は駅へと向かいます。

保がことみに話しかけても無視をつらぬくことみでしたが、話題が恭子のことになると耳を傾けるように。

保は、恭子の病気と向き合うことで決めたことがありました。

それは、3人で過ごす時間を増やすためなら何でもするということ。

変わった恭子と過ごすことで思う所は確かにあるのですが、どんな恭子でも保にとってはずっと一緒にいたい愛しい人で、だからこそ保は今の恭子を応援したいと考えていました。

恭子をサポートすることで、恭子の寿命を少しでも増やせないかと考えた保は“ことみにも一緒にがんばって欲しい”と言おうとしたのですが、ことみは保がすべて言い終わらないうちに話をさえぎってしまいます。

保は自分が口下手だから上手く話せなかったとことみに謝るのですが、ことみには保の話を拒絶した理由がありました。

私がいつか結婚式をあげるとき

ことみは友人のまーちゃんとまーちゃんのママに服をほめられ、恭子が以前服を作る仕事をしていたことを話します。

そこでことみのウェディングドレスの話になり、ことみが想像したのは、式場でひとり恭子の写真をもってたたずむ保の姿でした。

自分がいつか迎えるかもしれない未来を想像してしまったことみは立ち上がり、そのまま帰ると言って駆け出してしまいます。

一方、映画を観たあとでカフェに行った恭子と保。

今日のデートが口からの出まかせなどではなく、保が考えてくれていたことだと知った恭子は赤面してしまいます。

その時まーちゃんのママから恭子に連絡が入り、ことみがいなくなったと聞かされるのでした。

これからもっとママと仲良くなりたいの

急いでことみを探しに行く恭子と保ですが、すぐに保から“ことみを見つけた”と連絡が来ます。

ほっとした恭子はすぐにことみを迎えに行ったのですが、そこでことみから“ママが余命一年なんて嘘だよね?”と聞かれてしまい、戸惑ってしまう恭子。

なにも答えられずにいる恭子の代わりに、全部本当だと保が答えます。

保は病院に行って医者に言われたことをことみに話そうとするのですが、保の言葉を拒否して、

これからもママと色んなことを一緒にしてもっともっと仲良くなるの!とまくしたてることみ。

最後には泣き崩れてしまったことみに、恭子もまた涙をこぼしながら自分も一緒にいたいと伝え、保は泣いてしまった二人をそっと抱きしめるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

ママ、やめます~余命一年の決断~を無料で読めるか調査した結果

「ママ、やめます~余命一年の決断~」はシーモア独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ママ、やめます~余命一年の決断~」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ママ、やめます~余命一年の決断~4巻を読んだ感想

ここまで読んで気づいたのですが、タイトルが全部“〇〇したい”っていう自分の希望を言う時の言葉なんですね。

しかも1話と2話のタイトルは恭子個人の願望だという感じがするのですが、3話からは家族が絡んでくるタイトルになっていて、

恭子が家族と一緒に思い出を作っていくということなのかなと感じました。

保がすごくしっかりした旦那になって、前向きに恭子の余命と向き合おうとしているのを見てつくづく“愛って偉大だなあ”と思います。

保を今突き動かしているものは、間違いなく恭子を想う心そのもので、“恭子の寿命を少しでも延ばしてやるために何ができるだろう”、って保なりにすごく考えたんだろうなと思うと感動しました。

一方、ことみは恭子がもうすぐ余命を迎えてしまうことを受け入れられないのですが、まだ中学生の子供にはまだ受け入れるのには難しい話ですよね。

自分がウェディングドレスを着るときにママがそこに居ないかもしれないなんて、本来なら考えたくない事でしょうね。

今回はまーちゃん親子との会話でそんな事を想像してしまったわけですが、これからことみもこうやって誰かの無意識な言動で傷つくことが沢山あるんだろうなと思うと、とても胸が痛みました。

だからこそ、恭子の寿命を受け入れたうえでこれからどう恭子をサポートしていこうかと話そうとする保の言葉も拒絶してしまったんでしょうね。

ママとせっかく仲良くなれたんだから、これから色んなことをしてもっともっと仲良くなるんだってことみが叫ぶ場面では、不覚にも泣いてしまいました。

そんな中での恭子と保のデートシーンは、ほっこりしている上に保が本当に恭子のことが大好きなんだっていうのを見せつけられた気がして良いシーンだと思いました。

一緒に見た映画を“恭ちゃんが好きだと思ったから、色々調べたんだ”って言える保も素敵ですし、それを聞いて赤面しながらも“うれしかった”って言える恭子もかわいらしいです。

そんなほっこりした場面を見てからのことみの号泣は胸にくるものがありましたし、私も理不尽な運命に対してなんでと言いたくなってしまいました。

最後の泣いている恭子とことみを保が抱き寄せるシーンも泣かせますね。

ことみの言う通り、せっかくこうして3人が仲良くなれたんだから、恭子にはまだまだ生きていてほしいなと思わずにはいられませんでした。

ママ、やめます~余命一年の決断~4巻まとめ

こちらでは4巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ママ、やめます~余命一年の決断~4巻まとめ
  • 保とことみがけんかした話を朋絵に面白おかしく話すが、自然と“今後のこと”について考える恭子。
  • 約束の日曜日、久しぶりに保とするデートにわくわくし、恭子の作ったワンピースを着てはしゃぐことみでした。
  • 恭子は途中で車から降りことみと保に話をさせます。しかし、ことみは話をさえぎってしまって、保の話を拒絶した理由がありました。
  • ことみは、いつか結婚式をあげるときにそこにママが居ないかもしれないと話して、帰ると言って駆け出してしまいます。
  • 恭子と保にことみがいなくなったと連絡が入ります。
  • ことみから嘘だよね?と聞かれ戸惑う恭子の代わりに全部本当だと保が答え、泣いてしまった二人をそっと抱きしめるのでした。

<前話 全話一覧 次話>