少女/女性漫画

「きみは面倒な婚約者」3巻あらすじ・ネタバレ社内でキスをする2人を見てしまって

LOVE JOSSIEでの人気コミック「きみは面倒な婚約者」3巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回の2巻では、嫉妬に泣く紫乃が、橘に「抱いてくれない」と言ってしまいました。

その結果、2人は初めて結ばれます。

しかし外に出ると、なぜか隣の部屋から優衣が出てきて、橘があとを追いかけ……。

きみは面倒な婚約者3巻あらすじ・ネタバレ

けなげなヒロインになりきろうとする優衣

「物語の主人公は、案外普通だけど、すごくけなげ」

「主人公を初めて見染めるのはハイスペックなヒーロー」

「婚約者のようなライバルが現れても、それはありがたい当て馬」

地味な主人公が最高の幸せを掴む……そんなふうに、花澤優衣は考えています。

ホワイト企業として人気の加治屋フーズに入社した優衣。

しかしキャリアアップには興味もなく、あるのは結婚願望だけ。

マイペースに仕事しながら運命の相手を探すはずが、なぜか営業に。

がっくりした優衣を出迎えてくれたのが、橘でした。

指導係となった橘に、優衣はひとめぼれをします。

その一時間後に、紫乃を婚約者として紹介されたのです。

失恋とはいえ、優衣は諦めませんでした。

2人は、まだ結婚していないのです。

まずはリサーチから!と質問した優衣は、2人が政略結婚なのだと気付きます。

橘が優しいとフォローを入れる紫乃。

しかし逆に余裕のなさが伝わってきました。

その様子を見て、優衣は「勝てそう」だと感じます。

どこまでもけなげなヒロインになりきろうと優衣は決めたのです。

隣の部屋から出てきた2人に遭遇した優衣は……

誰よりも長く橘と一緒にいる優衣。

そんな彼女は、ある日、いつも不在な隣室の名字が「橘」だと気付きました。

まさか、と優衣は考えます。

しかし物音がして、外を見てみると、そこにいるのはやはり橘でした。

まるで奇跡のようだと優衣は感じます。

圧倒的な勝ちパターンだと確信した優衣。

この設定を最大限に活かすチャンスを狙っていました。

しかし、そんな中で、部屋から出てきた2人に遭遇したのです。

紫乃も橘も驚いています。

ふと優衣は、昨日隣から聞こえてきた声が、2人のものだったと気付きました。

政略結婚でも……そう優衣は感じます。

そして、思わず逃げ去ったのでした。

橘からのお願い

見てはいけないものを見てしまった、と優衣は考えながら逃げています。

駅に着くも会社に行きたい気分ではありません。

逃げた理由が自分でもよく分からずにいます。

ふいに肩をぐっと掴まれました。

掴んだのは橘です。

紫乃を置いてきたらしき橘に、優衣の表情が明るくなります。

もしかして諦めなくてもいいのだろうか、と優衣は期待を膨らませました。

すると橘は頼みたいことがあると言います。

それは誰にも言わないでほしい、というものでした。

いかにも事後、という姿を見られて噂になると困るというのです。

お互い、その話題には触れることなく数週間が過ぎました。

社内でキスをする2人を見てしまって……

橘と優衣が食事をしています。

次の商談の説明をしてもらうと言われ、優衣は緊張しています。

しかし最近は話の組立もうまくなっていると褒められました。

そこに、紫乃が通りかかります。

挨拶だけして立ち去る紫乃の姿を見て、優衣はいいのかと聞きます。

すると橘は、優衣に、気にしなくていいと答えました。

後輩の自分には親しげなのに、婚約者には敬語を使う橘。

優衣の期待値は大きく上がります。

実は、普段から、優衣は紫乃に対して優越感を抱いていました。

ふと優衣は、橘がトマトを残していることに気付きました。

橘がトマトは嫌いなのだと言います。

その夜、残業していた優衣は資料が足りないことに気付きました。

すでに19時で、人の気配はありません。

橘は社内にいるものの戻ってきておらず、優衣は困っています。

資料室を探していた優衣は、会議室からの物音に気付きました。

何に橘がいることに気付き、資料室の場所を聞こうとした優衣が固まります。

部屋の中には紫乃もいたのです。

トマトが嫌いだと、紫乃は、いま知ったようです。

情報量が自分と同じだと気付き、優衣は呆れています。

トマトが嫌いなことを笑う紫乃の口を、橘がキスをして塞ぎました。

ふと橘がこちらを見て、優衣と目が合います。

それでも橘はキスをやめません。

慌ててデスクに戻ると、橘も帰ってきました。

会社でああいうことをするのはどうかと思う、と優衣は言います。

しかし橘はスルーして仕事を続けました。

改めて質問しても橘は答えず、ほどほどにしろよと帰ってしまい……。

<前話 全話一覧 次話>

きみは面倒な婚約者を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

きみは面倒な婚約者3巻を読んだ感想

今回のお話は、優衣目線からのものでした。

それを読んでみて思ったのですが……。

優衣は、まったく「けなげなヒロイン」ではありませんね。

むしろ打算や計算だらけで、なんだか嫌です。

ひとめぼれしてすぐに紫乃が登場しました。

普通なら失恋だと諦めてもよさそうなものです。

それなのに「結婚してないなら」と考える始末。

略奪すら辞さないつもりのようです。

キャリアアップよりも、結婚。

そう考える人がいるのは理解できます。

だから営業ではなく広報希望だったようです。

それでも婚約者がいるのに奪おうとは。

けなげな子が考えることではないですよね。

電子コミックスに出てくる、「婚約者」より悪質です。

紫乃に意地悪はしていません。

しかし、優越感には浸っているのです。

黙っていれば分からないとはいえ、なんだか怖いですね。

隣の部屋だったのも、効果的に利用するつもりだった優衣。

残念ながら、そのたくらみは失敗です。

紫乃は、そんな優衣を「良い子」と感じています。

むしろ紫乃こそが良い子に見えます。

育ちが良いというか、良い意味でお嬢様ですよね。

大切に育てられたのがうかがえます。

問題は、橘です。

橘は優衣をどう見ているのでしょうか。

話しやすい後輩というだけなら良いのですが。

橘が何を考えているのかは未だに不明です。

家が隣だと知った橘は追いかけて口止めをしています。

社内的なことを考えれば無理もありません。

噂が広まってしまったら、大変です。

しかし置いていかれた紫乃は、つらいですよね。

まるで優衣に気があるように見えてしまいます。

絶対に紫乃は誤解をしているはず。

しかし、橘と紫乃は社内でキスをしていました。

紫乃との仲は順調に見えますね。

「社内では良くない」と優衣は指摘しています。

そんなことは、橘も分かっているはず。

面倒な子に見つかってしまいましたね。

橘は優衣の好意も見透かしているような気がします。

これからどういうふうに対応するのでしょうか。

どちらかといえば紫乃を応援したくなります。

打算や計算がなく、素直だからでしょう。

まさに「ヒロイン」という感じもあります。

紫乃、優衣と続いたので、橘目線での話も見たいところ。

何を考えているのか、早く知りたいですね。

きみは面倒な婚約者3巻まとめ

こちらでは3巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

きみは面倒な婚約者3巻まとめ
  • 優衣は仕事しながら運命の相手を探しており、あるのは結婚願望だけで、指導係となった橘に、優衣はひとめぼれをします。紫乃を婚約者として紹介されても優衣は諦めませんでした。
  • 隣が橘と知って奇跡のようだと優衣は感じます。優衣は、昨日隣から聞こえてきた声が、2人のものだったと知って思わず逃げ去ったのでした。
  • 橘が駅で優衣に追いつきます。そして誰にも言わないでほしいと、お願いされました。
  • 優衣は、会議室からの物音に気付きます。トマトが嫌いなことを笑う紫乃を、橘がキスをしていると優衣と目が合います。デスクに戻った橘に社内では良くないと指摘します。

<前話 全話一覧 次話>