少女/女性漫画

「きみは面倒な婚約者」9巻あらすじ・ネタバレ婚約指輪を返した紫乃が

LOVE JOSSIEでの人気コミック「きみは面倒な婚約者」9巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回の8巻で、紫乃が、父親に頼んで橘と婚約したことが明らかになりました。

後ろめたい気持ちがあるからこそ、紫乃はずっと不安だったのです。

ハマっていた電子コミックスの結末を読み、紫乃は自分も結末に向けて動き出し……。

きみは面倒な婚約者9巻あらすじ・ネタバレ

紫乃が勇気を出した理由

紫乃も、電子コミックスを読んですぐ婚約解消とはいきませんでした。

一緒にいれば気持ちが揺れるため定時後の誘いは断った紫乃。

大会議室を片付けながら、資料室でのことを思い出しています。

3年前、紫乃は、この場所で「好きじゃない相手と結婚したらどうするか」橘に聞きました。

もし橘が、そんな結婚はしないと答えたなら、父親への頼みごとはしない気だったのです。

しかし橘は「すごく頑張る」と答えたのです。

最終的に相手を幸せにできるなら、始まりは何でもいいといった橘。

その言葉が、紫乃の背中を押しました。

婚約が決まってからは、橘は礼儀正しくなり、以前と関係性は変わりました。

それでも紫乃は、ずっと努力を続けてきたのです。

自分を良く見せようと努力を続けた3年間。

しかし思うようにはいきませんでした。

ただ、初めて紫乃を抱いた時に、橘は、「もっと仲良くなれる」といったのです。

もしも、橘がもっと仲良くなりたいと考えているのだとしたら……。

それなら、婚約解消する必要はないのかもしれません。

ベランダで話す2人を見た紫乃は……

全部打ち明けて、橘の気持ちを確認しようと紫乃は考えました。

残業になったせいで、もう21時近くです。

誘いを断ったのに会いに行ったら迷惑だろうかと紫乃は悩みます。

しかし本心を聞くなら、不意打ちのほうが良い気がしたのです。

橘のマンションまでは、駅から10分。

これからも通えるかどうかは、まだ分かりません。

紫乃は、橘の部屋に電気がついていると気付きました。

そこで紫乃は、橘が優衣とビールを飲みながら話していることに気付きます。

あの日だけではなく、日課なのだと紫乃は考えました。

紫乃は、自分が勘違いしていたと考え、走り去ります。

3年間で少しは好きになってもらえたかも、と考えていた紫乃。

それなのに、居心地の良い「橘の隣」は、優衣のものになったと感じたのです。

資料室も、もう存在していません。

紫乃からの突然の申し出

紫乃は、居酒屋で、婚約解消を申し出ました。

「なんで」と聞かれ、紫乃は、なんでも、と答えました。

話すと泣きだしそうだったからです。

そっと紫乃が横を向くと、橘は呆然と日本酒を口に運んでいました。

理由を追及されることはありません。

「精一杯努力したのにいきなり婚約解消といわれたのだから無理はない」

そんなふうに紫乃は考えています。

そろそろ帰りましょう、と紫乃は橘に声を掛けます。

最近帰宅が遅かったため、早く帰ろうと考えていたのです。

しかし、橘はふらふらしていて、まっすぐに立っていられません。

1杯しか飲んでいないのに?と紫乃は驚きます。

しかし店員から、橘が大量に酒を飲んでいたことを知らされました。

泥酔している橘は、満足に返事もできずにいます。

紫乃は会計を済ませ、橘をタクシーに乗せて家まで送りました。

気持ち悪い、といいながらも、なんとか家までたどり着きます。

橘の手に婚約指輪を返した紫乃が……

ベッドに横になろうとする橘の上着を脱がせ、紫乃はハンガーに掛けます。

不意に抱きしめられて、紫乃は顔を赤くしました。

スーツが皴になる、というやりとりが「奥さんみたい」と橘がいいます。

いまさら婚約解消なんて嘘なのかも、と橘は続けました。

しかし紫乃は、嘘じゃないと答えます。

眠り込んだ橘の頬に、紫乃はキスをしました。

そして「好きで、ほしくてたまらなくて、悪者婚約者になった」といいます。

紫乃は、自分の指から婚約指輪を外し、橘の手に返しました。

そしてドアを閉め、扉の向こうで涙を流したのでした。

<前話 全話一覧 次話>

きみは面倒な婚約者を無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

きみは面倒な婚約者9巻を読んだ感想

どうも紫乃は、何でも1人で暴走しがちですね。

婚約も、婚約破棄も、すべて1人で決めてしまっています。

ベランダでの会話は少しタイミングが悪く、可哀想だと感じます。

親しげに話している2人を見たら、嫉妬するのも仕方ありません。

とはいえ、ちょっと勝手ですよね。

父親に頼んだこと、電子コミック、ベランダでの会話……。

いろんな要素から、婚約解消を決めるに至ったようです。

しかし、やっぱり「話し合いが足りない」という印象があります。

良いフリばかりせず、橘に本音をぶつければ良かったのに、と思いますよね。

このままでは、結婚したら、ますます行き違いが増えそうです。

まずはお互いの本心を知る必要がありそうです。

婚約解消を言い渡された橘の様子。

どう見ても、ショックを受けていますよね。

普段スマートな橘が泥酔するなんて、そうそうないでしょう。

それでも「解放されたから」と感じてしまう紫乃。

これも、困ったものです。

理由を話したら泣いてしまい、また慰められて……。

橘なら、きっと、紫乃が泣いたら全力で慰めるでしょう。

そう考えるのは分かるのですが、橘からしたら理由が分からないのはつらいですよね。

2人とも、気持ちをいわないのが、すれ違いの原因となりました。

誤解をとくのは、かなり難しいような気がします。

しかし、ここで諦めてしまえば、本当に終わってしまいます。

紫乃、橘、それぞれの「婚約破棄までの状況」は把握できました。

ここからは、どちらが解決に向けて動くのでしょうか。

ハッピーエンドになりそうで、ならない2人。

とはいえ本来は両思いなのです。

ハッピーエンドを迎えるのが理想的ですよね。

優衣も何かしてくれればいいのですが、橘を狙って失敗した身。

そう考えると優衣の協力を得るのは、かなり難しいような気もします。

社長は、2人がそもそも両思いだったことは知っています。

「その話をする」という方法もあったはず。

しかし社長は紫乃を溺愛しているため、素直に婚約解消を認めたようです。

やはり橘か紫乃が頑張るしかないでしょう。

王道のラブコメならば、やはり結末はハッピーエンドであってほしいところ。

どちらかが、解決を目指して頑張ってほしいなと感じています!

きみは面倒な婚約者9巻まとめ

こちらでは9巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

きみは面倒な婚約者9巻まとめ
  • 紫乃は、3年前の資料室でのことを振り返ります。最終的に相手を幸せにできるなら、始まりは何でもいいといった橘の言葉が、紫乃の背中を押しました。
  • 紫乃は、橘の部屋で優衣と話していることに気付き、走り去ります。
  • 婚約解消を言い渡された橘は泥酔し、紫乃にタクシーに乗せてもらい家まで送ってもらいます。
  • 紫乃は婚約指輪を外し、橘の手に返しました。そしてドアを閉め、扉の向こうで涙を流したのでした。

<前話 全話一覧 次話>