少女/女性漫画

「妃教育から逃げたい私」ネタバレ1話〜3話!あらすじ・感想を紹介!レティシアの想い

広告で大人気の「妃教育から逃げたい私」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「妃教育から逃げたい私」の1話〜3話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

妃教育から逃げたい私1話〜3話のあらすじネタバレ

1話:宮廷舞踏会

アスタール王国で、宮廷舞踏会が開かれています。

第一王子であるクラークの婚約者レティシアの可憐なドレス姿で待っていると、クラークがとてもきれいな女性をエスコートしながら登場。

その女性の名前はブリアナで、今日のクラークのお相手のようです。

レティシアはドキドキしながら、「その人がお相手ということは私との婚約は…」と尋ねると、クラークは「そういうことだと」ポツリと一言。

レティシアは、言葉の意味を必死に考えます。

するとレティシアは、婚約破棄ということだ!とひらめき、7歳で次期国王の婚約者となってからのつらい日々を思い出しながら、この生活から解放されると大喜び!

レティシアは、クラークの相手になってくれたブリアナに「私の代わりに苦行をしてくれてありがとう!応援してるから頑張ってね!」と感謝をしながら、舞踏会から抜け出し馬車にのって田舎へと走り去っていきます。

この状況に王家とのつながりを持てると期待していたレティシアの兄様は怒り、クラークも複雑な表情で馬車を追いかけます。

しかし、レティシアはそんなことは全く気にせずに「今までありがとう!私のことは気にせずに!」と嬉しそうに大きく手をふりながら別れをつげます。

レティシアは、クラークに他に好きな人ができたら自由になれるという希望だけを胸に日々の生活を我慢していたのです。

そして、レティシアは領地の一番端のアベルタ村で念願の田舎暮らし暮らしをスタートしたのでした。

今まで我慢していた魚つりを楽しみながら自由になれた喜びをかみしめていると、誰かの声が聞こえました。

レティシアはその声が聞こえた方を見ると、そこにはなんと満面の笑顔のクラークがいたのでした。

2話:婚約破棄

レティシアは、クラークがわざわざ来たのは婚約破棄に必要な手続きがあるのかなと考えますが、自由になれたことがうれしすぎで焼いた魚を美味しそうに食べています。

クラークはその姿を愛おしそうに見つめ、「レティシアは出会ったころと変わっていないなと」言い婚約した理由を話し始めました。

気になる婚約理由とは、まだ子供だったレティシアがお城に遊びに来て木登りをしていたときに、たまたま近くを通りかかったクラークの上に落ち、その時に見せた笑顔がとても可愛くて一目ぼれしたからというものでした。

レティシアは、そんなことせいで10年もつらい日々を過ごしてきたのかと怒りますが、クラークも「はっきり嫌だと言わなかった」と言い返します。

さらに、クラークは「まだ婚約中だから近々迎えにくる!」とさらりと言って笑顔で去っていきました。

まだ婚約中と聞いてショックを受けたレティシアは逃げ出そうと考えます。

しかし、兄様に引き止められ「クラークは婚約破棄とは言ってない」と言われ、その時の状況をもう一度思い返します。

状況を思い出したレティシアは、婚約破棄とははっきり言われていないことに気が付きます。

レティシアはショックを受けながらも、それならどうしてブリアナをエスコートしていたのか考えます。

すると、兄様からクラークがレティシアにヤキモチを焼いて欲しくてブリアナをエスコートしていたことを聞かされます。

そこにブリアナが登場し、「クラークはレティシアにベタぼれで、あなた意外と子作りしないとまで言っている!妃教育もつらいから帰ってきて欲しい!」とレティシアに必死に頼みます。

しかし、レティシアは誰に何を言われてもお城に帰るつもりはなく、窓を開けて外を見ながら逃げ出そうと考えているところで終わりました。

3話:ドレスをふまれて

レティシアが部屋の窓からカーテンをつたって飛び降り逃げ出し走っていると、ドレスをふまれて転んでしまいます。

ドレスをふんだ犯人はブリアナで、逃げ出そうとしていることにブリアナは怒り、兄様からもあきらめろと言われてしまいます。

レティシアは何かいい方法はないかと考え、ブリアナに「このまま逃がすのを手助けしてくれたら兄様と結婚をさせてあげるからと!」と頼みます。

ブリアナはまんざらでもない様子でそれを受け入れ、レティシアを逃がすのを手助けすることに。

レティシアがこれで自由だと泣いて喜びながら逃げていると、今度はクラークにつかまってしまい、そのまま馬車に乗せられ王宮に向って走り出しました。

馬車の中で、クラークはレティシアに「無理やり連れだして俺のこと嫌いになったか?」とたずねますが、レティシアは好きではないけど嫌いでもないしと考え「いいえ」と答えます。

レティシアの答えに、クラークはデレデレした顔で喜びレティシアにキス。

クラークはレティシアに、「やっと俺を見てくれた。時間はたっぷりあるからもっと顔を見せてほしい」と真剣な顔で伝えました。

それに対しレティシアは、真っ赤な顔をしてこんな状況耐えられないと思っているところで終わりました。

<前話 全話一覧 次話>

妃教育から逃げたい私を無料で読めるか調査した結果

「妃教育から逃げたい私」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

1話〜3話を読んだ感想

宮廷舞踏会で婚約者のクラークがブリアナをエスコートして登場してきた姿を見た時の、レティシアは本当にショックを受けているように見えましたが違いましたね。

クラークがブリアナとの関係を「そういうことだ」と言った言葉の意味を、レティシアが考え婚約破棄では!?とひらめいた後の喜びを爆発させている姿がとても面白かったです。

喜びのあまり頭に付けていたティアラを放り投げてしまっていましたからね。

ブリアナに対しても、クラークと一緒にいることに恨むわけでもなく心から感謝している様子が伝わってきました。

本当に妃教育から逃げ出したかったのでしょう。

登場時のレティシアはひかえめでおとなしそうな女性のように見えていましたが、実際は田舎暮らしを夢見る活発な女の子でしたね。

しかしその一方で、レティシアが婚約破棄だと思い込んで喜ぶ姿を見て複雑な表情を見せるクラークの表情が意味深だと思っていましたが、やはりクラークはレティシアのことを溺愛しているようですね。

レティシアに「俺のこと嫌いになったか?」とたずね、「いいえ」と言われた時のクラークのデレデレとした顔が、普段の顔とのギャップがありすぎてとても可愛かったです。

親から決められた婚約ではなく、一目ぼれしての婚約ですからさぞ嬉しかったでしょうね。

そして、最後にレティシアがクラークを初めて意識した様子で真っ赤な顔をしている表情もまた純粋な様子で可愛かったです。

男性には全く興味のないようなレティシアだったので、クラークが初恋相手となるのでしょうか。

ブリアナは、クラークが自身に近づいてきたのは都合よく利用していただけだと自覚しており、兄様に興味を持ったように見えましたがこの先どうなるのでしょうか。

すんなり引き下がるようには見えませんでしたが…。

今後の展開に注目ですね!

<前話 全話一覧 次話>

妃教育から逃げたい私1話〜3話!まとめ

こちらでは1話〜3話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

妃教育から逃げたい私1話〜3話のまとめ
  • レティシアは、クラークに他に好きな人ができたら自由になれるという希望だけを胸に日々の生活を我慢していた。
  • クラークは婚約破棄とは言っていないとレティシアに告げて、ヤキモチを焼かせるためにブリアナをエスコートしていたことがわかる。
  • レティシアは逃げ出すが、クラークに捕まってしまう。真剣な顔で言われた言葉に顔を真っ赤にし、こんな状況は耐えられないと思うのであった。