少女/女性漫画

「妃教育から逃げたい私」ネタバレ7話〜9話!あらすじ・感想を紹介!初恋の人

広告で大人気の「妃教育から逃げたい私」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「妃教育から逃げたい私」の7話〜9話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

妃教育から逃げたい私の前回のあらすじ

田舎から王宮へと連れ戻されてしまったレティシア。

中庭には数日前にはなかった大好きな川や動物たちが用意されていた。

結婚したら妃教育も終了するから自由にしていいと魅力的な条件まで付いて、クラークに「結婚しようと」告白されるも、レティシアは拒否。

レティシアをどうしても手離したくないクラークは、鍵のかかった部屋に閉じ込めましたが逃げ出され、さらに厳重な半地下の鉄格子の部屋に閉じ込めます。

それでもどうにかして逃げ出そうと考えるレティシアは、本棚の隠し扉の仕掛けを見事に発見し隣の部屋に逃げ出しますが、そこには笑顔でレティと呼ぶクラークがいたのでした。

妃教育から逃げたい私7話〜9話のあらすじネタバレ

7話:お姫様抱っこ

隣の部屋にクラークがいたことに驚きを隠せないレティシア。

「レティシアから会いに来てほしかったから隣の部屋に移動してきた」と、クラークは嬉しそうに話し、隠し扉の仕掛けの本を棚に戻し扉を閉めました。

逃げ道をふさがれたあげく肩をがっちりつかまれ、恋愛耐性がないレティシアは顔を真っ赤にしながら、「おねがいだから…はなれて」と少女のような弱々しい声で伝えます。

レティシアが可愛くて仕方のない様子のクラークは、お姫様だっこをしてベッドまで連れて行き優しくおろします。

何度もレティと呼びながら顔を近づけるクラークでしたが、「こういうのは結婚してから!」と顔を引き離して拒否。

クラークは、「結ばれるのは正式に結婚してから、口へのキスも式まで我慢する」と笑顔で夢を語ります。

それを聞いて安心したレティシアでしたが、「唇以外はする」と言われ、口以外の顔中にキスをされながらイチャイチャされ、オーバーヒートして気絶。

結局、気絶したまま寝てしまい朝まで同じベッドで過ごし、大満足な様子のクラーク。

翌朝、マリアにお願いして重い大理石のテーブルで本棚の隠し扉が開かないようにふさぐも、開かないことに気が付いたクラークは部屋のドアからごく普通に入ってきたのでした。

8話:ご機嫌なクラーク

隠し扉がテーブルでふさがれている状況を見て怒るクラーク。

プルプルふるえながらおびえるレティシアが、「はずかしいことをされたら困るから」と言うと、クラークはデレッとした顔で「なんて可愛いんだ」とマリアの前でイチャイチャ。

ご機嫌な様子のクラークでしたが、「次にまた同じようなことをしたら優しくできないかも」と言うと、テーブルをどかし笑顔で部屋を出ていきました。

レティシアは、兄様に隠し扉のことやセクハラされることを相談。

その夜、隠し扉から入ってきたクラークに、「少し私にさわりすぎだから、これ以上さわったら、一生名前を呼びません!」とアドバイス通りに言うと、即死レベルのダメージを与えることに成功!

ついでに、部屋に来る前には連絡することも約束させたのでした。

レティシアがブリアナとくつろいでいると、マリアがクラークの予定がビッシリ書き込まれた訪問予定表を持ってきます。

「回数制限と口説くの禁止も約束させればよかった」と落ちこむレティシアに、「口説くのまで禁止したら王子に力ずくでうばわれるわよ」と、逃げ道は作った方が良いとブリアナがアドバイス。

レティシアは手を出さないと約束されても本当かわからないと考え、部屋の壁に穴を掘り逃げ出そうとしますが、太ってしまったのか穴にお尻がハマって抜け出せません。

困っているとクラークが部屋に来て、緊急事態だからと腰のあたりを持って引っ張ってもらいます。

見事に穴から抜け出しほほえむクラークを見て、ほっとした様子の泥だらけのレティシアは不覚にも自分から抱きついてしまうのでした。

9話:初恋の人

レティシアが自分から抱きついてくれて、顔を赤らめるクラーク。

レティシアははっと我に返り、クラークは失態が誰にもバレないようにと気づかい自ら泥を洗い流すためのお湯を運び、嬉しそうに去っていきました。

一夜明け、レティシアは穴にハマった姿を見られしまったことで、はずかしさのあまり隠し通路を探しているときに見つけた床下収納の中に隠れます。

そして、婚約解消されれば望み通りなのにどう思われるか気にするなんて…と、自分の気持ちの変化にとまどっています。

その頃、マリアが奥様がいないと探しまわっていることに気づき、出るタイミングを逃しておどおどしていると、クラークがレティシアを見つけます。

心配をかけたクラークに、「はしたない姿を見られてしまったから、はずかしくて会いたくなかった。ごめんなさい…」と素直に謝るレティシア。

そして、再び床下収納に戻ろうとすると「レティのどんな姿も愛してるから大丈夫!」と声をかけるクラーク。

戻ってきたマリアが2人の様子を見て、「王子とイチャイチャしたいならいなくなる前に言ってください!」と勘違いして怒り、マリアの勘違いは一瞬にして城中に知れ渡ることに…。

王妃に呼ばれ厳重な護衛に囲まれながら会いに行くと、クラークについてあれこれ聞かれレティシアは素直に質問に答えます。

すると王妃が「クラークが初恋の人だものねぇ」と一言。

思わず立ち上がり驚くレティシアは、クラークと初めて会った時にカッコいい人と結婚できて嬉しい!と喜んでいたことや、その証拠もあることなど驚きの事実を聞かされたのでした。

<前話 全話一覧 次話>

妃教育から逃げたい私を無料で読めるか調査した結果

「妃教育から逃げたい私」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

7話〜9話を読んだ感想

レティシアから会いに来て欲しいからと、わざわざ隣の部屋に移動してきたクラーク。

まんまと思い通りに部屋に来たレティシアを見てとても嬉しそうでしたねぇ。

結婚するまでは手を出さない宣言をして本当に手を出さなかったクラークでしたが、念願のイチャイチャができてお肌ツヤツヤで満足そうな姿が面白かったです。

家族以外の男性経験がなかったレティシアにとっては、刺激が強すぎたようですね。

レティシアは兄様のアドバイス通りに、これ以上触ったら一生名前を呼ばない宣言をして強力なダメージを与え、部屋に来る前には連絡することまで約束させました。

これには、兄様のアドバイスすごい!と思いましたが、すぐに訪問予定表を用意されクラークの方が一枚上手だったようですね。

レティシアはもう逃げ出そうとはしないと思っていましたが、壁に穴を掘って逃げ出そうとするとは驚きました。

穴にお尻がハマり動けなくなってしまったレティシアのもとに、当然のように現れるクラークはもはや予想通りの展開。

不覚にもレティシアからクラークに抱きついてしまい、はずかしすぎて穴に入ってしまうレティシアが可愛すぎました!

かなりクラークのことを意識してしまっている様子でしたね。

めずらしく部屋の外に出て王妃に会いに行きましたが、テンション高めでさすがクラークの母親という感じでした。

どうやらレティシアは、クラークに似ている王妃も苦手なようですね。

最後に、王妃からレティシアの初恋の相手がクラークという驚きの事実が明かされ、証拠もちゃんとあるようでしたが本当なのでしょうか。

クラークの一方的な片思いだと思っていただけに驚きました。

次回、初恋相手の証拠も明かされるのでしょうか。続きが楽しみです!

<前話 全話一覧 次話>

妃教育から逃げたい私7話〜9話!まとめ

こちらでは7話〜9話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

妃教育から逃げたい私7話〜9話のまとめ
  • 正式なキスは結婚してからと言い、口以外の顔中にキスをするクラーク。
  • レティシアは手を出さないと約束されても本当かわからないと考え、部屋の壁に穴を掘り逃げ出そうとしたが、太ってしまったのか穴にお尻がハマってしまいクラークに助けてもらう。
  • レティシアは、クラークと初めて会った時にカッコいい人と結婚できて嬉しい!と喜んでいたことや、その証拠もあることなど驚きの事実を聞かされた。