少女/女性漫画

「ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜」3話あらすじ・ネタバレ

『ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜』の第3話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

結婚したというのにそっけない和次に、千紗子は、自分の片想いを思い知ります。

けれど、和次は和次で必死に想いを抑えていたのです、千紗子がいるべきは兄・和優の隣なのだからと。

一方、兄・和優も、千紗子を取り戻すべく、動き出すのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜3話あらすじ・ネタバレ

妻として、妻だから

夫婦として初めて参加する社交界、馬車を降りた和次と千紗子。

いつもの調子で歩いて行ってしまう和次に、ドレス姿の千紗子は追いつけません。

先に行かないでと声を掛ければ、千紗子が遅いのだといつもの憎まれ口。

それでも待っていてくれる和次の、妻として初めての公の場、しっかりしなきゃと気合を入れる千紗子です。

会場に入れば、たくさんの人が結婚祝いの挨拶をしてくれます。

お礼を述べながら、和次は皆に千紗子を紹介します。

妻の千紗子だ、と。

妻と初めて和次の口から紡がれた言葉に、意識してしまった千紗子は、顔を真っ赤にします。

モジモジし始める様子も相まって、可愛らしいと周りの人からは大好評。

千紗子を褒める声が止まらず、さらに顔が赤くなる千紗子です。

その様子に、和次は面白くありません。

千紗子の可愛い顔を、これ以上他の人に見られていたくはないのです。

けれど面と向かってそんなことは言えず、コッソリと千紗子に告げる際、みっともない顔をするなと、憎まれ口を叩いてしまいます。

一方、和次の心情なんて、千紗子は知るはずもありません。

あんまりな言い方にカチンと来て、和次を置いてバルコニーに出ます。

和次はきっと……

バルコニーには先客がいました、和次の兄・和優です。

妻として和次の側にいなくていいのか、と尋ねる和優に、ついつい愚痴を零す千紗子。

和次のそっけなさも口の悪さも昔からですが、夫婦として慣れていないのもあり、もう少し優しくしてほしいと思ってしまいます。

すると和優は話すのです、和次も不服なのだろう、と。

昔から、親の言うことを聞いてきた兄の和優と対照的に、弟の和次はいつだって自分の意思で動きたがりました。

今回の千紗子の結婚も、親の急な気まぐれで決まったもの、和次はきっと本心では嫌がっているに違いありません。

特に、父親の言うことに素直に従うのを、彼は何よりも嫌っていました。

ふと、和優が庭園の話を持ち出します、小さい頃によく3人で遊んだ庭園。

すると、曇っていた千紗子の表情が、途端にフワリとほぐれるのです。

和次は昔からあの性格だったと、愛しそうな笑みを零すのです。

和優の本音

千紗子とは対照的に、和優の表情は陰ります。

小さい頃から和優と結婚するのだと信じていたと話しながら、安心しきった顔で庭を眺める千紗子。

その後ろ姿に重なるように立って、和優はそっと彼女の手に、自分の手を重ねます。

そして、振り返った彼女と真っ直ぐに目を合わせて、本心を告げるのです。

ずっと千紗子が好きだった、と。

彼女は慌てることもなく赤くなることもなく、真っ直ぐと目を合わせたまま、静かに和優の言葉を聞いていました。

彼女にとって自分が、いつだって優しいお兄ちゃん、に過ぎないことには、気付いていました。

けれど、何とも思っていない子に優しくするほど、和優だってお人好しではありません。

物心ついた頃に親に聞かされて以来、千紗子は将来自分の妻になるのだと、想い続けていたのです。

だというのに、当の親の気まぐれで、あっという間に千紗子の結婚相手は、弟の和次に入れ替わりました。

和優だって、まだこの結果を受け入れられていません。

誰と結ばれるのが皆の幸せ?

千紗子も和次も和優も、3人ともの心が、急なことに追いつけず、宙ぶらりんになっているのです。

和優は問いかけます、自分と一緒になった方が幸せになれるのではないか、と。

そして付け加えるのです、千紗子にとってだけではなく和次にとっても、と。

結婚式でも初夜でも今日の社交界の様子でも、確かに和次は、この急な結婚に乗り気ではないようでした。

千紗子がチラリと会場の和次を伺えば、どこかのご令嬢の相手をしています。

千紗子以外にはそんな顔をできるのかと、思わず思ってしまうほど、穏やかな顔で。

迷う千紗子に軽い笑みを漏らした和優は、考えておいて、と言い残して去っていきました。

月の浮かぶ晴れやかな夜にひとり、千紗子は答えを探します。

親の決めた相手と結婚するのは、当たり前のこと。

いくら余りに突然すぎるといっても、和次と結婚することは、おかしなことではありません。

それでも、この結婚がもし和次の重荷となっているのなら?

<前話 全話一覧 次話>

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜を無料で読めるか調査した結果

「ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜3話を読んだ感想

兄様が策士です。

しっかりガッチリ、埋めれるだけの外堀だけ、余さず埋めていった感じです。

肝心の千紗子の想いを強要することは、決してしない。

あまりの見事さに、ムカつくのか、天晴れと褒め称えたいのか、分からない感情が渦巻いております。

そうですね、見事、の一言に尽きる気が致します。

この兄様、千紗子が和次のことを好きだと、気付いていやがりますね。

でおそらくになりますけれど、和次が千紗子を好きなことにも、気付いているのでしょう。

完全な負け戦だと知っていながら、お兄様は打てるだけの手を打っていった訳です。

あくまで、千紗子の心が自ら、和優を選ぶように。

唯一の難点を挙げるとしたら、見事過ぎたことでしょうか。

兄様に、感情に振り回された様子は、一切ありません。

ただ、幼い頃からそうだと思っていた道がズレたから、修正しようとしているだけに見えます。

ただ親父様の言いつけを守るいい子ちゃんなら、そもそも親父様の言いつけで結婚した2人の仲を、裂く理由も無いのですけれど。

それでも兄様からは、千紗子を好きだと真っ直ぐに告げてなお、千紗子自身が好きだという感じが致しません。

あくまで、親の言いつけで自分のパートナーと思っていたから、まだ切り替えができないだけ、に聞こえます。

それでも、十分過ぎる理由ではありますけれど。

親父様達の急な賭けという奇行は、理由が明かされた方が、納得はしやすいのだろうと思います。

個人的には理由ひた隠しで、本当にただの気まぐれでも面白い気は致しますけれど。

和優に想いを告げられて、それでも顔を赤らめたりしない千紗子が、意外でした。

初心なのかと思っていれば、彼女は中々、心の強い女性のようです。

彼女が見つめるのは和次だけ、急な至近距離にも、和次以外の男性なら、何の反応も致しません。

和次は随分と、不利な試合をさせられている気が致します。

いえ、千紗子の気持ちを思えば、不利なのはただただ兄様なのですけれど。

和優と和次の立ち振る舞いだけ見れば、弟に勝ち目が無さ過ぎます。

策士な兄様に対して、弟はまるで小学生男子、好きな子に素直に好意を示せません。

優秀な兄と比べ続けて、刷り込まれた劣等感も敗北感も、あるでしょうしね。

彼が強気に出るためには、千紗子の協力が不可欠な気が致します。

千紗子だって本当は和優と結婚したかった、和次の持つこの勘違いを、千紗子が否定しなかったのが痛いところです。

まあ、自分との結婚を突貫工事は嫌だと言った相手に、私はあなたでよかったわなんて、言えないかもしれませんけれど。

千紗子が好いていてくれることが、多分何よりも、和次の力に支えに、なるのだろうなあと思います。

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜3話まとめ

こちらでは3話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜3話まとめ
  • 社交界の会場に入ると、たくさんの人が結婚祝いの挨拶をしてくれました。妻と初めて和次から聞く言葉に、千紗子は意識して顔を真っ赤にします。
  • あんまりな言い方に千紗子は、和次を置いてバルコニーに出ると和優がいました。愚痴を零す千紗子に和優は、小さい頃によく3人で遊んだ庭園の話をします。
  • 和優はずっと千紗子が好きだった、と告げます。しかし、千紗子は静かに和優の言葉を聞いていました。
  • 和優は自分と一緒になった方が幸せになれるのではないか、と問いかけます。迷う千紗子に和優は、考えておいて、と言い残して去っていきます。
  • 千紗子は、夜にひとり答えを探します。

<前話 全話一覧 次話>