少女/女性漫画

「ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜」4話あらすじ・ネタバレ

『ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜』の第4話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

夫婦として初めて参加する社交界—-気合の入る千紗子と対照的に、和次はそっけないまま。

そして千紗子は、バルコニーで出会った和優に告げられます。

ずっと好きだった、自分と一緒になった方が幸せになれる、和次のためにも、と。

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜4話あらすじ・ネタバレ

聞き出そうとする和次

会場を抜け出した千紗子は、ひと気のないところでひとり、考え続けていました。

自分はどうするべきなのか、と。

そんな千紗子を、和次が迎えにきます。

しかし、会場で和次に冷たくされたのを、千紗子はまだ根に持っているのです。

拗ねていないなんて口では言いつつ、ついついツンとした態度をとってしまいます。

千紗子の態度に手を焼きながら、和次も気になっていることを尋ねました。

さっき和優と何話してた、と。

会場で大人たちの相手をしながら、つい千紗子を目で追った先、バルコニーで和優と話しているのを見掛けたのです。

すると千紗子は途端に顔を赤らめ、慌てたように大きな声でごまかすのです。

その様子が和次を不機嫌にさせます、まるで、一応は夫となった自分に、何か後ろめたいことがあって隠しているように見えて。

頑なに話そうとしない千紗子を、トンと壁に追いやり、立ち塞がるように立ちます。

そして彼女の顎に指を添えて、視線を和次に向けさせるのです。

顔を近づけてしっかりと目を合わせ、はぐらかすな、と念押しします。

赤くなるのはいつも、千紗子だけ

小さい頃から想い続けた和次の顔が、あまりに近くにあって、赤くなりながら戸惑う千紗子。

けれどふと、気付いてしまうのです、和次は顔を赤らめるどころか、酷く冷たい目をしていることに。

いつだって、和次の行動に一喜一憂するのは、和次に片想いをしている千紗子だけであることに。

和次にしたら、小さい頃から兄・和優と結婚すると思っていた千紗子が、急に自分の妻となったのです。

千紗子のことを何とも思っていなくても、仕方ないとは分かっていますが。

千紗子だって、傷付かない訳ではありません。

私との結婚が負担ならハッキリ言って欲しかった、と。

呟いてすぐ逃げ出す千紗子を、和次は追いかけるのが遅れます。

そしてタイミングの悪いことに、紹介したい人がいると声を掛けられてしまい、会場に顔を出すはめに。

頭の中では千紗子の言葉が巡っていました。

自分の情けなさに思わず、悪態が零れます。

和優と千紗子

千紗子と和次が揉めるのを、和優は柱の影に隠れて聞いていました。

馬車に乗り込む千紗子を引き留め、気分転換しようと連れ出します。

訪れたカフェでお茶を飲みながら、千紗子は今更、ついてきてよかったのかしら、なんて迷ってしまいます。

小さい頃から一緒にいた和優からのお誘い、けれど千紗子は今や人妻なのです。

バルコニーで言われた和優の言葉が頭を巡ります。

ずっと千紗子が好きだったよ、と。

何かを考えている様子の千紗子、沈黙を破ったのは和優です。

僕が人妻を口説くなんて意外かい?、と。

いつものように、穏やかな表情で、軽い笑みを浮かべています。

和優は、小さい頃から親の言いつけに従い、ルールからはみ出さずにいました。

それが今、親の言いつけで弟・和次の妻となった千紗子に、想いを告げた上、夫・和次を置いて彼女を連れ出しているのです。

しかし、千紗子は涼しい顔で、意外じゃないと否定します。

千紗子にとって、和優はいつだってやさしくて正しい、仲良しのお兄さんです。

バルコニーでの告白も提案も、急な結婚に戸惑う和次と千紗子を思ってのことだと、理解していました。

和優と和次

千紗子は自分と一緒になった方が幸せなんじゃないか、千紗子にとっても、和次にとっても。

バルコニーで、千紗子にそう告げたのは、和優自身です。

千紗子は素直に、その言葉を飲み込んでくれているようでした。

けれど、和優は話します、千紗子の知らない自分について。

和優は小さい頃から、やさしくもお人好しでもありません、いつだって打算で動いてきました。

どうすれば父親に気に入られるか、どうすれば千紗子に好かれるか、考えて計算していたのです。

けれど、和優が本当に欲しいものは、いつも和次が攫っていくのです。

自分勝手だ無鉄砲だと言われながら、それでもその性格のまま、いつだって得をするのは和次。

彼からすれば和優は、親の言いなり、操り人形、その滑稽さをきっと笑っていることでしょう。

話を聞いてきた千紗子は、違和感を覚えます。

どうにも和優と和次も、お互いのことを誤解して、劣等感を抱き合っているように見えるのです。

今の言葉を和次にも伝えたことある?と尋ねる千紗子に、和優はある訳ないと答えます。

解り合う必要なんてないのだから、と。

いつものように穏やかな顔で、軽く微笑んだままに、言い添えるのでした。

迷った千紗子の辿り着く場所

和優と別れて、千紗子が向かったのは、小さい頃によく3人で過ごした庭園でした。

あの頃から何も変わらない庭園、随分と関係の変わってしまった自分たち。

庭先のベンチの上でうずくまりながら、千紗子は思い悩み、答えを探します。

千紗子か和優が、何より和次が、幸せになるためには、一体どうすればいいのでしょう。

一方その頃、和次は街中を駆け回り、必死で千紗子を探します。

目に浮かぶのは、バルコニーで見た2人の姿、まるで千紗子の背に手を添えるようにして、こちらを見やった兄・和優の視線。

頭を巡るのは、つい先ほどの千紗子の言葉、私との結婚が負担なんでしょう?、と。

嫌な予感ばかりが、募るのです。

心で必死に千紗子を呼びながら、彼女を探して走り続ける和次なのでした。

<前話 全話一覧 次話>

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜を無料で読めるか調査した結果

「ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜4話を読んだ感想

兄様のキャラが強過ぎませんか。

前話からずっと、考察が兄様に釘づけにされております。

人妻を口説くなんて意外か、との言葉には、ドキリと致しました。

親父様からの評判の良い兄様、感じていた違和感はまさに、親父様の言いつけで弟の妻になった女性に、執着するその心です。

千紗子が和優の行動に何の興味を示さないのも相まって、彼の言葉が読者の心を見透かしたように思えて、ざわつきました。

前話でせっかく、千紗子達の結婚は千紗子にも和次にも良くないと、外堀を埋めたのに。

それを、単なる親切ではなく打算だと、アッサリ打ち明けてしまったのも驚きました。

本当に欲しいものは和次が持っていく、の言葉は、重過ぎませんか。

どうするんですか、兄様は本気で千紗子を想っていそうで、全く落ち着けません。

ここままだと、親父様達の罪が重過ぎますよ⁈

しかも、兄様は兄様で、弟に劣等感を抱いているって、何ですかそれ……。

良いところは全部和次が掻っ攫うのだと知った上で、千紗子に関しては、それでもめげずに奪い返しに来た、なんて考えると。

兄様視点の王道ストーリーが始まってしまいます……まあ、千紗子の気持ちが兄様に向かない時点で、負け戦なのですけれど。

千紗子の考えが、上手く飲み込めませんでした。

西蓮寺兄弟達(兄弟側の苗字が出ましたね!)が、互いに誤解して劣等感を抱いている、と。

和次が和優を笑っているのは誤解だとしても、認められない弟が抱く劣等感も、言いなりの兄が劣等感も、誤解ではないはずです。

兄弟が、互いに思っていることを話すことで、兄弟仲は上手くいくのでしょうか。

兄の立場でも弟の立場でも、それぞれの辛さと淋しさと劣等感があるというお話で、何かが変わる気はしませんけれど。

自分だけが辛い、という思いを、無くせるということ?

まあ、千紗子が言った「話し合い」は、結局ブーメランになって、千紗子に返るのでしょう。

自分と和次について、彼女は自分たちにも何か誤解があるのではと、話し合って解り合いたいと、望むのでしょう。

話は変わりますが、和次に詰め寄られた時の千紗子が、素敵でした。

好きな人からの至近距離に恥じらう姿が愛らしく、けれど冷静さを見失わないのが格好いい。

自分と違って顔色ひとつ変えない彼を、見逃しません。

千紗子の服にバラがよく描かれているのは、少し意外でした。

今回のドレスも、初夜の寝巻きもバラで、小さい頃の着物は椿とバラですね。

大人しそうな見目の割に、凛として真っ直ぐに話す様子からは、椿の方が似合うかなあと、個人的には思います。

迷った千紗子が辿り着いた先、幼い頃に3人で過ごした庭園がバラ園のようです。

千紗子にとって、バラは思い出の花なのかもしれません。

バラ園に蹲るお姫様を、どうか見つけてくれるのが、彼女の望む王子様でありますように。

最後、街中を必死な顔して走り回る和次は、素敵ですね。

馬車に乗っている余裕などなく、自分の足で街中を駆け巡ります。

脳裏によぎる兄の顔に、泣きそうにも見える顔で千紗子を探す様が、心中の苦しさを表しているようで印象に残りました。

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜4話まとめ

こちらでは4話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ノスタルジヰをもう一度〜大正結婚物語〜4話まとめ
  • 和次はバルコニーで和優と話していた内容を聞き出そうとします。ごまかす千紗子に壁に立ち塞がるように立ち、はぐらかすな、と念押しします。
  • 私との結婚が負担ならハッキリ言って欲しかった、と呟いてすぐ逃げ出す千紗子、和次は声を掛けられ会場に戻ります。
  • 2人の様子を見ていた和優は、千紗子をカフェに連れ出します。和優が人妻を口説くことは千紗子は、意外じゃないと否定します。
  • 和優は千紗子の知らない自分について話し、聞いてきた千紗子は、違和感を覚えました。
  • 和優と別れて、小さい頃によく3人で過ごした庭園に千紗子は向かいます。和次が、幸せになるためには、一体どうすればいいが思い悩み、答えを探します。
  • その頃、和次は街中を駆け回り、必死で千紗子を探していました。

<前話 全話一覧 次話>