少女/女性漫画

私のことを憶えていますかネタバレ74話!あらすじ感想!目が覚めると・・

記憶を無くしていた・・「私のことを憶えていますか」。

ついにこうちゃんが思い出したここからの展開が気になる! ‎

こちらでは74話の展開・あらすじをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>
全話無料で読む方法

前話のあらすじ

ペンションのオーナーに18年前の事故の話を聞いた遥が、食事を持って部屋に戻ると・・・SORAは眠っていました。

ふとんの上で眠っていたので、かぜをひいてはいけないと、ふとんをかけようとした遥。

急に起きて、遥の手を握りふとんに倒れこみました。

はるかちゃんありがとうというこうちゃんを抱きしめて眠ってしまった遥でしたが・・・。

私のことを憶えていますか74話のあらすじネタバレ

私のことを憶えていますか 第 74話のあらすじをお伝えします。

目が覚めると・・・!?

屋根から雪の落ちる音で、遥は目を覚ましました。

目が覚めると・・・隣にこうちゃんはいませんでした。

テーブルの上に、置手紙がありました。

帰りは猫作くんを呼んでください。階段が危ないのでと書いてありました。

ペンションのオーナーも、ここにお代は置いてあったよ・・・明け方ごろ帰ったのかなぁ。

私も寝ていたから、気づかなくて・・・と話しています。

 

遥はペンションからの階段を下りながら、夢の時間は終わりか・・・もう一人で歩けるっつーのと独り言をいっていました。

しかしよく寝れるよな、私もあの状況で・・・。

ゆうべ、こうちゃんを抱きしめたら少し涙が出た。

それからこうちゃんの寝息を聞いているうちに、いつの間にか・・・。

涙は出ているのに、なぜか幸せな気持ちになって、久しぶりにぐっすり深く眠ってしまった。

朝目が覚めて、横にこうちゃんがいなかったとき、ああ夢かって思って・・・それからああ夢じゃないって気がついて、そのあと淋しさがおそってきたのです。

 

こうちゃんは、私をおいて帰ってしまったという事実。

雪がやんで、夜が明けたら・・・私を猫作に押し付けて、現実世界に帰っていったんだろうかと思いました。

結局またスーパーボールは見せられなかったけれど、こうちゃんはあの日に・・・お父さんとお母さんを亡くしたわけだから・・・見せない方がいいよね。

一輪の花を・・・!?

遥の足は、昨日雪で冷えたからか、本当に足の腫れが引いていてよかったと思う遥。

もう全然歩けそうです。

雪の中に咲いている花を見つけました。

それを一本手折って、こうちゃんのお父さんとお母さんが亡くなった事故現場に持っていきました。

 

ガードレールに、ペットボトルに挿して蔓を使って・・・一輪挿しのようにして括りつけました。

すいません、こんなので・・・次はちゃんとしたお花買ってきますと照れ臭そうに言いいました。

それから・・・天国からこうちゃんを見守っていてください、芸能界は色々大変だと思うので・・・とお願いしました。

SORAの嘘

その頃ホテルでは、社長である兄が怒っていました。

まったく・・・おまえが朝帰りだなんて・・・オレは心配で一睡もできなかったぞ・・・電話にも出ないし・・・と文句を言います。

朝食を取りながら、充電が切れていたんだよというSORA。

それで、幼なじみのところに泊ったって誰の所だよという兄に、泊まったっていうか・・・・ちょっと仮眠して明け方帰っただけだと言います。

 

兄は不満そうに、そういうのを泊まったって言うんだよ・・・朝帰りって言うんだよ!

で・・・気は済んだのか?と尋ねました。

うん、行って良かったというSORA。

何か思い出したか?という兄の問いに、パクパクたべながら・・・うんと答えます。

 

思い出して辛くなかったか?

SORAはパンを掴みながら、辛かったけれど、大丈夫だったよ・・・ひとりじゃなかったしと答えます。

少しいらいらしながら兄は、だから誰といたんだよっ・・・誰んちで寝てたんだよと聞きましたが・・・SORAが答えたのは・・・猫作くん。

兄は驚いてSORAの顔を見ます。

(昨晩は、猫作くんたちとSORAを探していたので、猫作くんのところにいたはずがありません)

 

SORAは、兄が食べないなら、それもらっていい?と聞きました。

兄は驚いて、朝から・・・よく食べるなと言います。

ふ・・・と笑いがこぼれるSORA。

兄はなぜか動揺して・・・何元気になってんだよとSORAに言います。

 

そこにマネージャーの鳥居が入って来て・・・朝食が済んだら、東京に戻りますんでと伝えます。

SORAは鳥居に、このホテルってお花屋さん入っていますか?と尋ねました。

花束を・・・!?

車を走らせると、一晩で山が真っ白になっています。

冬はこんなだったっけなと改めて思いました。

事故現場のカーブに降り立つSORAと兄。

SORAの手には花束が・・・。

 

もう18年か、早いもなんだなと兄は感慨深げです。

スタスタとSORAは歩きだして・・・ピタッと止まりました。

SORAの足元に一輪の花を見つけたからです。

ガードレールに置かれたその花は、朝・・・遥が置いたものです。

 

SORAは気が付きました。

花束を持ったまま動かなくなってしまったので、兄は幸司?大丈夫か?と心配しています。

でもSORAは、大丈夫と微笑ながら言いました。

誰かが先に来ていたみたいだと・・・。

 

ゆうべ・・・夢の中で君に会った。

君はあの頃の姿で、ニコニコしながら僕の方へやって来て・・・泣いている僕を抱きしめてくれた・・・幸せな夢だったのです。

それで十分だとSORAは思い・・・!?

 

私のことを憶えていますか 第 74話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

SORAはとても元気になってホテルに戻っていました。

東京へ帰る途中に花束を事故現場に供えにいくと、遥の供えた一輪の花が・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全話無料で読む方法

私のことを憶えていますかを無料で読めるか調査した結果

「私のことを憶えていますか」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「私のことを憶えていますか」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

74話を読んだ感想

私のことを憶えていますか 第 74話の感想をお伝えします。

SORAは遥をおいて帰ってしまいましたが、幸せな夢のおかげで元気になっていました。

二人は夢でも会っていたのでしょうか?

 

遥のお供えした一輪の花が、きっとまたSORAを幸せにしたのです。

離れていても気持ちは繋がっている・・・!?

 

もしかしたら、兄に嘘をついたのも初めてかもしれません。

一緒にいたのが猫作くんとSORAが話した時、いつもの兄なら嘘だというような気がします。

 

昨日の晩、俺は猫作くんとお前を探していたんだから、猫作くんと一緒のはずがないだろう!と言いそうなものです。

それなのに、兄は驚いただけで何も言いませんでした。

 

SORAが嘘をついたこと・・・でもとても元気になっていたので、何も言わない方がいいと判断したのでしょうか?

猫作は遥が家からいなくなったことを知っているので、遥の話も出ていないはずがないと思うのです。

あえて触れなかったのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全話無料で読む方法

私のことを憶えていますかネタバレ74話!まとめ

こちらでは74話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと74話をまとめると・・

私のことを憶えていますか 74話のまとめ
  • 遥が目を覚ますとこうちゃんはもういなかった。
  • 兄はSORAの嘘に気がついている。
  • SORAは夢の中であの頃の遥に会い、幸せな夢だったと思っている。