少女/女性漫画

「お前はもうシンデレラ」7話あらすじ・ネタバレ・予行演習、それでも

『お前はもうシンデレラ』の第7話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

ご飯に釣られて、有間の恋の相談に乗ることになってしまったリエ。

変身後の姿・エリカに恋する彼を、応援するわけにもいかず、全力で話を逸らし続けて早1ヶ月。

ついにネタ切れになったところ、エリカをスイーツ店に誘った有間は、リエにとある提案があるそうで?

お前はもうシンデレラ7話あらすじ・ネタバレ

予行演習、それでも

有間はなんと、エリカとのデートの前日、来週の土曜日に、リエにスイーツ店に付き合って欲しいというのです。

女性が苦手な彼は、女性ばかりのスイーツ店に行く前に、リエで予行演習をしておきたいのでしょう。

渋るリエに、彼は上手目使い気味におずおずと、ダメか……?、と聞いてきて。

少し照れ臭そうな顔に、思わずキュンとするリエ。

ついつい引き受けて仕舞えば、パァッと顔を輝かせる彼がまた可愛らしく、内心ズルいと呟くリエなのでした。

「リエ」として

仕方ないと思いつつ、ダイエットに美容にメイクにと、気合が入ります。

初めての「リエ」としてのデートなのです、どうしても嬉しさを隠せません。

そして迎えた土曜日、やってきた有間のはにかみスマイルが、あまりに眩しくて直視できないリエ。

彼は、眩しいんだろ、なんて少しズレたことを言いつつ、さりげなく被っていたキャップを被せてくれます。

ありがとう、と柔らかく微笑んだリエを、有間は内心可愛く思うのでした。

まるで本物のデートのような雰囲気に、リエはウキウキです。

早速お店に向かえば、女の子ばかりがズラリと並ぶ行列に、有間は気後れした様子。

予約しているからと中に入るもの、居心地悪そうにしています。

釣り合い

女性ばかりの店内で、格好いい有間は目立つのです。

チラチラと伺う視線、格好いいとヒソヒソ囁く声が、あちこちから届きます。

やっぱり男はダメなんじゃ、と好意に気付かず不安がる彼に、そういうことじゃないからと、困ったように微笑むリエです。

周りの注目を集める中、注文したスイーツが運ばれてきます。

煌びやかな見た目にテンションが上がり、味も絶品なのだとはしゃぐリエ。

楽しそうに幸せそうに食べる様に、ホッコリと和む有間です。

楽しんでいたリエでしたが、ふと周りの声が気になってしまいます。

リエが彼とは釣り合わないと、罰ゲームなんじゃないかと、囁く声。

暗い顔をしていれば、リエを呼ぶ有間の声が飛び込んできて?

彼の方に目を向ければ何と、あーん!、とフォークに乗ったスイーツを、リエへと向けてくるのです!

戸惑うリエ、ざわつく周囲、有間は気にせずに、柔らかな微笑みを向けてくれます。

顔を赤くしながらリエも、思い切って、彼の手のスイーツにパクリと食いつきます。

おいしい?の言葉に何度も頷けば、和むと笑って、今度はリエのスイーツも欲しがる彼。

周りからは、ラブラブで羨ましいと、2人を恋人同士と認めてくれるような声が響いてきます。

あまりにさりげない、とびきりのやさしさに触れてしまって、彼を想う気持ちが募っていきます。

彼の目線の先

お店を出れば、女性ばかりだと不安がっていた有間も、しばらくすると緊張も解けて楽しめたと笑顔です。

その言葉にふと、このデートが予行演習に過ぎないことを思い出すリエ。

彼にとっては、あくまで明日エリカと来るための下見、頭の中でも、エリカのことを考えていたに違いないのです。

途端に、浮かれていた気持ちが萎んでいきます。

歩みが遅くなるリエに、有間は自分も恋愛相談に乗る、何かないかと、明るく話しかけます。

そしてふいに、リエが遅れていることに気付いて振り返れば。

彼女は、涙を流していました。

自分でも気付いていなかったのか、音もなく、ハラハラと静かに、けれど大粒の涙を、何粒も。

呆気に取られる有間に、グイッと涙を拭ったリエは、借りていたキャップを返します。

そして崩れそうな笑顔で、一方的にサヨナラを告げて、人混みの中に消えていきました。

バカみたい

一目散に走りながら、リエの頭の中では、後悔が渦巻いていました。

相談に乗ったり呑みに行ったりと仲良くなって、エリカの性格がいいと「リエ」の中身を褒めてもらえて。

もしかしたら、なんて、本当は浮かれていたのです。

彼はとびきり美人な「エリカ」ではなく、「リエ」を好きになってくれるんじゃないか、なんて。

有馬がエリカと初めて出会った時、「エリカ」に一目惚れしたと言うその時に、「リエ」の恋は終わっていたというのに。

どれほど走ったのでしょう、ふいに足を止めて、瞳からは後から後から涙が溢れてきます。

一瞬でも夢みてしまった自分に、バカみたいと呟きながら、失恋を噛み締めるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

お前はもうシンデレラを無料で読めるか調査した結果

「お前はもうシンデレラ」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「お前はもうシンデレラ」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

お前はもうシンデレラ7話を読んだ感想

わ、わ、展開が早いです。

王子様の瞳は少しずつ、本当のヒロインに向かいつつあるのに、今度はヒロインの方が、幻のお姫様に悩まされていきます。

彼からのお誘い、「リエ」に対してのデート(下見のような感じですが)でしたね。

てっきり、エリカと2人だと緊張するからリエもデートに来てくれ、的な難題かと身構えてしまいました。

流石に無茶なお話ですが、リエがその難題をアッサリ断るのか、彼のためだと万一にも思い切ってみせるのか、少し気になりました。

リエの微笑みが、読者から見ても、エリカと重なって見えて。

上手だなあと思いました、有間からどう見えたかは描かれていないのに、エリカとリエが、確実に重なってきています。

幻の向こうの、本当の姿に気付いて、手を伸ばして引き寄せて受け入れてって、ロマンですよねえ。

この2人、何だか姉弟みたいだなあと、思ってしまいます。

しっかり者で大人しい姉と、いたずらっ子のような弟。

リエは弟がいて、有間は姉がいそうにも見えて、けれど下の弟妹がいてもおかしくはないかなあという自然さでした。

有間くんは距離が近過ぎます、あーんなんて、恋人でも人前でやるのは多分ハードルが高い。

第1回のご飯粒の件といい、本当に、距離が近い、という言葉がピッタリです。

回を追うごとに、特にリエを意識していた訳ではないと明らかになりますから、やっぱり兄弟が多いのかなあ。

今回のデートで、彼が見ていたのはリエで、リエが見ていたのは、エリカのように見えます。

彼女の中で、自分であるはずのエリカの影が、どんどん鮮明に形を持って、自分を追い詰めていきます。

有間くんも、少しはリエにきちんと言葉で、伝えてあげてくれれば、こんなスレ違いは起きないのに。

なんて素敵なスレ違い。

彼女の涙は、物語なら完璧、と思わず呟いてしまいたいほど、綺麗な涙だったなあと思います。

相談をしていた仲良し女子に、彼女の好きな相手の話を振って、泣かれた有間の気持ちは、どのようなものなのでしょう。

じゃあね、と声をかけて人ゴミに消えた彼女は、まるでもう2度と会えない気すらしてしまう、儚い?感じが致しました。

リエ、期待していたんですね、ものすごく意外でした。

自分が彼に呼ばれるのはただの相談役であると、こちらが驚くくらい冷静で割り切っているように見えたのに。

揺れる乙女心、なんて美しい。

めずらしく弱ったリエに、有間はどう出るのでしょう。

どうか彼女が笑顔の仮面をかぶってしまう前に、本当の彼女を、救い出してあげてほしいなあと、願ってしまいます。

お前はもうシンデレラ7話まとめ

こちらでは7話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

お前はもうシンデレラ7話まとめ
  • 有間はなんと、エリカとのデートの予行演習に、リエにスイーツ店に付き合って欲しいというのです。リエはダイエットに美容にメイクにと、気合が入ります。
  • 予行演習当日、本物のデートのような雰囲気に、リエはウキウキだが、有間は気後れした様子。
  • 店内で、格好いい有間は目立ちます。リエが彼とは釣り合わないと、周りから囁やかれるが、2人の様子を見てラブラブで羨ましいという声が響いてきます。
  • 予行演習だと思い出したリエは途端に、浮かれていた気持ちが萎んでいき、涙を流していました。そして、一方的にサヨナラを告げて、人混みの中に消えていきました。
  • 一瞬でも夢みてしまった自分に、バカみたいと呟きながら、失恋を噛み締めるのでした。

<前話 全話一覧 次話>