少年/青年漫画

「俺だけレベルアップな件」ネタバレ142話!あらすじ感想!最強の戦力カミッシー

ピッコマ独占配信の人気コミック「俺だけレベルアップな件」。

「続きが気になる!」
「最新話のネタバレが知りたい!」

こちらでは「俺だけレベルアップな件142話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

「俺だけレベルアップな件」142話のあらすじネタバレ

まずは、142話のあらすじを紹介します!

前回の141話は、DFN後〜国際ギルドカンファレンスの前日までの期間の物語でした。

日本の代表に選ばれなかった最上 真(以下,真)の記者会見や、トーマス・アンドレ(以下,トーマス)と右京 将人(以下,将人)の対面などがありました。

トーマスは兄を水篠 旬(以下,旬)に倒された将人に、旬にはちょっかいを出すなと警告。

今回はいよいよカンファレンス当日ですが、果たして何が起きるのでしょうか。

142話を見ていきましょう。

カンファレンス当日

会場ではアメリカの国旗が立派になびき、来場者たちを出迎えてくれています。

駐車場には、高級そうな黒塗りの車がずらりと並んでいます。

さすが各国の代表だけあって、相当資金が潤っている会社ばかりなのでしょう。

参加者次々と会場入りします。

ドイツ代表、レナート・ニールマン(以下,レナート)。

記者に囲まれて登場した彼も、日本代表の事が気になっているようです。

旬を見つけ、挨拶しに行こうとします。

近づいてあと2・3歩というところで、レナートはピタっと動きを止めました。

ドイツ代表の副マスターが「どうしましたか?」と聞くと、「あ…あれが見えないのかい?」と震えながら答えます。

(別の空間から影を召喚するのではなく… 常に連れて歩いていたのか!?)

レナートは、影に潜んでいる影の軍団たちの魔力を感じ取ったようです。

旬はレナートの視線を察知していました。しかしレナートは中々話しかけに行けません。

そうこうしているうちに、旬の迎えが来ました。アダム・ホワイト(以下,アダム)です。

アダムはもともと別のエリアを担当していましが、今回は旬の担当になったとの事。

諸菱 賢太(以下,賢太)とこっそりついてきた犬飼 晃(以下,晃)は、先にホテルに案内されます。

旬は別途お話があるという事で、アダムとともに別の場所へと向かいました。

(父さんのことか?)と旬は勘ぐり、目を細くしました。

アダムは慌てて、「ご不快にさせるようなことではございません」と言います。

極秘事項につきここでは話せない内容のようです。

史上最悪との出会い

罰の場所へと向かう車の中で、アダムが口を開きます。

クリストファー・リード(以下,クリス)が殺された事で、アメリカは一気に戦力を失った事になります。

それを補うための戦力として、旬も候補に上がっているとの事。

そこでアメリカが保管しているルーン石について話始めます。

史上最悪の災いを起こしたドラゴン<カミッシー>。

そこから採れたルーン石の新たな持ち主を決めかねているようで、話を持ちかけてきたという事です。

アダムが見せた資料の写真に、旬は興味を惹かれました。

しかしルーン石ではなく、骨で保存されているカミッシーの死骸に、です。

「どこにあるんですか?先にあそこに連れていってください」

しかし貴重なものであるため、アダムも場所を知らないとの事。

他でもない旬のお願いです。急いで上の者に交渉しにいきました。

本当の狙い

アダムはハンター局に赴き、局長に相談します。

ルーン石ではなく死骸にしか興味がない事に、困った顔をしました。

一体目的は何だろうかと考えます。

「彼の力は自身が倒したモンスターにしか効かないんだよな?」と局長が呟くと、アダムは(まさか…!)と勘づきました。

(もし自分で倒していない… まして死んでからもう何年も経っているモンスターを操ることができるなら?)

「なんてことだ 彼は…」

「彼はカミッシーを自身の戦力にしようとしているに違いありません!」

これには局長も驚き、ガタッと椅子から立ち上がります。

「そんなこと許可できない!」

「ですが… 断れば友好的な関係もそこまでなのでは…」

局長は頭を抱えます。

そして「いいだろう 私が彼を案内する」と、先頭をきりました。

史上最高の仲間?

局長・アダム・旬の3人でカミッシーの保管場所へとやってきました。

討伐から8年経っている今でも、死骸から魔力が漂ってきます。

局長がいろいろと説明したのち、「…これで満足していただけましたでしょうか?」と旬に問います。

しかし閲覧するだけのために来たはずがありません。

旬は「下がっていてください」と言うと、一歩、二歩と、死骸に近づきます。

アダムは「いいんですか?」と局長に聞くと、「あぁ 許可する」と答えました。

「しかとこの目に収めようじゃないか 何が起きるのか」

旬は手をスッと差し出すと、「起きろ」と一言。

パァーンッ

向けた魔力が、水に打ちつけたかのように弾け飛びます。

「[影の抽出]に失敗しました」
「あと二回抽出可能です」

旬は一度目を閉じ、息を整えます。

そして目を開け、再び差し出した手に魔力を込めました。

「起きろ」

死骸が魔力に反応、黒いオーラが動き始めます。

オーラは徐々に形を成し、みるみるうちにドラゴンの姿に。

完全に姿を形成したところで、影<カミッシー>は「グォォォォッ」と雄叫びを上げました。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

俺だけレベルアップな件を無料で読めるか調査した結果

「俺だけレベルアップな件」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

142話を読んだ感想

カンファレンスには各国の代表が来ているだけあって、みんな強そうでした。

マスコミもたくさん集まっていて、さすがだなという感じの規模感です。

レナートも相当強いはずですが、旬を目の前に尻込みしていました。他の国の代表も怖気付かせるほどの、桁違いの強さだという事が伺えます。

しかし影の勢力を読み取っただけすごいですね。他の人は影の存在すら察知出来ていなかったでしょう。

今回は話しかけられませんでしたが、いつかレナートと旬の絡みも見てみたいですね。

他の国の代表者も見てみたいです。

旬はアダムからルーン石の話を聞くと、それよりもカミッシーの死骸に興味を惹かれました。

写真からでも魔力を感じ取ったのでしょうか。

それほど旬が敏感なのか、写真から伝わってくる魔力がすごいのか分かりませんが、抽出出来るかもと考えたのはナイスですね。

局長とアダムが驚くのも無理はありません。

かつての最恐最悪の災害が仲間になると、戦力はとんでもない事になります。

しかも他ならぬ旬です。たださえ強いのに、もう世界を相手に1人で戦えそうな勢いです。

最初は迷っていましたが、局長はGOサインを出します。

大きな戦力が誰かの手に渡る事より、旬と友好関係を築く事を優先したのでしょう。

賢明な判断だと思います。

そしてカミッシーと対面すると、抽出に挑戦しました。

1発目は失敗。やはり旬でさえすんなりと成功するのは難しいのでしょう。

しかし2発目で無事に成功出来ました。

これで戦力がまた一段と大きくなりましたね。

もはや誰が相手でも負ける気がしません。次の戦闘シーンがとっても楽しみです。

次回の143話にも期待しています!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

俺だけレベルアップな件142話!まとめ

こちらでは142話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

俺だけレベルアップな件
142話のまとめ
  • カンファレンス当日、各国の強そうな代表が集まる。
  • ドイツ代表レナートは影の勢力を見抜くほどの実力者
  • 旬は史上最悪の災いをもたらした、カミッシーを仲間にしようとする。