少年/青年漫画

「俺だけレベルアップな件」ネタバレ152話!あらすじ感想!君主たちの会議

ピッコマ独占配信の人気コミック「俺だけレベルアップな件」。

「続きが気になる!」
「最新話のネタバレが知りたい!」

こちらでは「俺だけレベルアップな件152話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

「俺だけレベルアップな件」152話のあらすじネタバレ

まずは、152話のあらすじを紹介します!

前回の151話では、後藤 清臣(以下,清臣)が酷寒の君主に殺されてしまいました。

水篠 旬(以下,旬)が現場に遅れてやって来ましたが、救うことは叶わず。

この件を受け旬は、殺される恐れのあるハンターみんなを守ろうと決意しました。

いよいよ君主たちとの戦いが本格化してきそうです。152話を見ていきましょう。

君主たちの方針

ある場所にて、酷寒の君主を含めた5人の君主たちの会議がおこなわれていました。

まずは旬の存在を共有します。この脅威を今のうちに始末しておきたいとのことです。

酷寒の君主1人では厳しいであろうと考えたため、他の君主に手を借りようとします。

旬を始末することに対して、赤いオーラを纏う君主と、紫色のオーラを纏う君主は反対しました。

「白炎の君主」のように、敗北して「永遠の安息」の中で彷徨いたくないとのこと。

本来君主は霊体のため抽出されることはありませんが、設計者もやられた今、何が起きるかは分からないと不安がっているようです。

「破滅の君主 竜帝」を待つのはどうかと提案しますが、いつまでも竜帝を頼っていられないと却下されました。

反対した2人は結局不参加ということで、その場をあとにします。

橙色のオーラを纏う君主と緑色のオーラを纏う君主は、旬を始末することに賛成のようです。

戦いたくてウズウズしているのか、賛成の2人は目を光らせました。

悲しみを越えて

清臣の死の悲しみはいつまでも晴れません。共感するかのように、東京には雨が降り続けます。

テレビでも悲しみの声が報道され続けています。

あるビルの屋上では、旬が街を監視していました。

現時点では、酷寒の君主の魔力などは感じられないようです。

君主は霊体のため影が存在しません。そのため、影の兵士をつけて行方を追うことができないのです。

しかしその程度では折れません。獲物は絶対に逃さないと、旬は目を光らせました。

清臣の後任

清臣が亡くなって一週間。ハンター協会の次の会長を決めなくてはなりません。

清臣はS級覚醒者でありながら、トップの地位も務めていました。

その威厳がなくなった今、引き続き5大ギルドをコントロールできるような後任が必要です。

しかし、S級の部外者をいきなり会長にするわけにもいきません。

そこで理事たちが話し合いを重ねた結果、犬飼 晃(以下,晃)を会長に推薦しようという結論になりました。

晃は会長の右腕として経験を積んできました。A級ですが、大型ギルドや旬とも交流が深いです。

晃は「僕はまだまだ半人前です」と謙遜。経験期間的にも短いというのがあり、自信が持てないようです。

強要するわけではありませんが、一度考えてみてほしいということで、話し合いはお開きになりました。

世界一の武器

場面は飛んで、トーマス・アンドレ(以下,トーマス)がアメリカの協会の地下倉庫に訪れていました。

トーマス直々にこの場所へやって来るのは久しぶりです。

目的は、地下に保管されている”ある武器”を旬に贈るため。

国際ギルドカンファレンスで言っていたように、しっかりと旬に借りを返すようです。

秘書は「本当にこれを贈られるのですか?」と不服そうな顔をします。よっぽど貴重なモノなのでしょう。

しかしトーマスは「俺とギルド員たちの命が助かったんだから安いもんだろう」と言い、保管庫の鍵を開けました。

保管庫の奥からは、禍々しい黒いオーラが伝わってきます。

大切に保管されている武器は、どうやらこの世に2つしかないとのこと。

トーマスも「世界一の武器」だと言うほど、強力なモノでもあるようです。

その武器は黒と赤に光り輝いており、少し歪な形をした2本の短剣でした。

ここで152話は終わります。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

俺だけレベルアップな件を無料で読めるか調査した結果

「俺だけレベルアップな件」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

152話を読んだ感想

続いて、152話の感想を紹介します!

君主たちが会議をしていましたが、それぞれどんな称号を持っているのか気になりますね。

この中にはクリストファー・リードを倒したやつもいそうです。

旬を始末することについては、意見が割れていました。

自分が犠牲になりたくないというのは分かりますが、早めに処理しておかないと面倒なことになってしまうでしょう。

みんなの意思がバラバラですね。これが後々旬にとって有利に働いてくれることを願います。

白炎の君主とは、おそらく「悪魔王バラン」のことでしょう。

バランは抽出していませんが、その使い魔であったカイセルは仲間にしています。

今のところ霊体は抽出できていない状況です。バランが「永遠の安息」を彷徨っているのかは不明です。

会議を見ると、竜帝が君主たちの中でも最も強そうです。ラスボス的な立ち位置になってくるでしょう。

今はまだ現世にやって来ていないようなので、やって来る前に他の君主を倒しておきたいですね。

次は橙色のオーラを纏う君主と緑色のオーラを纏う君主が立ちはだかりそうですが、それぞれどういう魔法を使ってくるのか楽しみです。

君主は霊体のため影をつけて追跡することができないというのが厄介ですね。

しかしそれでも狩ってやるという旬の気迫が伝わってきました。

ぜひ清臣の無念を晴らしてほしいですね。

日本のハンター協会では、清臣の後任を決めるための話し合いがおこなわれていました。

晃を推薦したのは良い判断だと思います。

旬との繋がりがあるというのが大きいですね。

旬がバックにいてくれるだけで、日本のハンター全員の統制がとれそうです。

晃は謙遜していましたが、やはり一番清臣の意思を継いでくれてるのは晃だと思うので、ぜひとも次の会長になってほしいです。

トーマスは宣言通り、旬に短剣のプレゼントを贈ってくれるようです。

秘書の反応や武器からのオーラを見るに、相当強い武器でしょう。

非常に貴重なモノのようですが、どこから入手したのでしょうか。

赤色のオーラからは炎が連想されますが、カミッシーのルーン石を加工して作られた武器だということも考えられます。

以前カミッシーの抽出は失敗したので、ここで力を借りる展開になると胸熱ですね。

次回の展開にも期待です!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

俺だけレベルアップな件152話!まとめ

こちらでは152話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

俺だけレベルアップな件152話のまとめ
  • 橙色のオーラを纏う君主と緑色のオーラを纏う君主は、旬を始末することに賛成のよう。
  • 理事たちが話し合いを重ねた結果、清臣の後任は犬飼 晃に推薦しようという結論になった。
  • アメリカの地下倉庫に保管されていた武器。この世に二つしかないと言われる武器を純へ送ろうとするトーマス。