少女/女性漫画

「俺で甘える練習してみる?」6話のあらすじと感想・これは練習だから

めちゃコミで読める「俺で甘える練習してみる?」(6話)のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

健とのレッスンを開始した美空でしたが、どうにも健に上手く甘えることができずに落ち込んでしまいます。

その時健から二人で外出しようと誘われた美空は祐二をデートに誘うも失敗し、健と外出することになったのですが…。

俺で甘える練習してみる?6話のあらすじと感想

薬指の指輪

待ち合わせ場所でいつもとは違った感じの美空を見つけ、思わず“すごく綺麗だ”と口にした健。

健の言葉に驚いた美空は、照れ隠しにからかわないで欲しいと健のほめ言葉を突っぱねてしまいます。

そのタイミングで、健は美空が結婚指輪をはずしてきた事に気付くのでした。

健が美空に指輪はどうしたのと聞くと、指輪は家に置いてきたと答える美空。

健は美空の答えを聞いて幸せそうに微笑み、美空を抱き寄せてから手を繋ごうとします。

不意に指輪のはまっていない左手をとられて赤面し、勘違いされるようなことはしないでと健の手を振りほどいてしまう美空。

照れながら怒っている美空に対し、健はとても幸せそうな笑みを隠せないでいるのでした。

寂しい夜を笑顔で乗り越えるために

怒られても美空と手をつなぎたい健は人気のない所に美空を連れ出しますが、外で健と手をつなぐのなんて絶対無理と断られてしまいます。

美空の考えを聞いた健は、じゃあ今日は何のために来たのかと美空に尋ねることに。

聞かれたくなかったことを健に尋ねられてしまったことで、気まずそうに目を伏せて黙り込んでしまう美空。

また旦那が原因かと健に聞かれた美空は申し訳なさそうにうなずきますが、健ははじめから気づいていたようです。

祐二が美空の誘いに乗っていれば、今美空の隣を歩いているのは祐二のはずでした。

しかし祐二が美空の誘いをあっけなく断って“出張”に行ったという事は、この時間祐二は不倫相手と過ごしている可能性が高いのです。

真実を知る前ならなんともなかったことでも、祐二の浮気を知ってしまった美空には祐二がいない夜を一人で越えることなどできそうにありませんでした。

だから、美空は今日健の誘いに乗ってここまで来たのです。

健のことを現実逃避に利用してしまって申し訳ないと謝る美空を見つめた健は、美空を観覧車に誘うことに。

初めはあまりに唐突なお誘いに戸惑う美空でしたが、健が自分を楽しませて笑顔にしてくれようとしてくれているのが分かり、一緒に観覧車に乗り込むのでした。

一歩先のレッスン

美空は観覧車に乗ってから、少女のようなまなざしできらめく窓の外の街を見つめ続けていました。

健はそんな美空を現実に引き戻すべくレッスンに誘い、そこでようやく美空は健の方に向き直ります。

人目がないのをいいことに“甘えて、それからキスして”という、明らかに今までのものとは違う課題を美空に出す健。

健から出されたまさかの課題に美空はたじろぎながら健がなにを考えているのか探ろうとするのですが、うまくいきません。

キスはさすがにできないと思う美空でしたが、美空のとなりに腰かけた健は美空が考えていることなど全てわかっているかのように、今からするキスは練習だと美空に言い含めるのでした。

これは練習だから

美空が確認するように“練習?”と口にすると、健は微笑みながらこれは練習だから意識しないでいいよと美空に顔を近づけていきます。

久しぶりの、しかも夫以外の異性とキスをするというシチュエーションに思わず震えてしまう美空でしたが、もう少しで唇がかさなるタイミングで美空の口からこぼれ落ちたのは祐二の名前でした。

そこは自分の名前を呼んでほしかったな、と残念に思いながらも健は美空にキスをします。

美空と触れ合うだけのキスを終えてからいったん唇を離し、今度はより深く美空に口づける健。

こんな事はダメだと頭では理解しているつもりでも、気づけば美空は健を受け入れてしまうのでした。

観覧車から降りた健は美空の手を引きながら美空の様子を伺います。

美空は一応大丈夫と答えたものの顔が赤く、健は美空の肩を抱きながら近くのベンチへと移動することに。

そんな健と美空の様子を離れた場所から誰かがこっそりと見ているのですが、健と美空を見ていた人物は出張に行ったはずの祐二だったのです。

<前話 全話一覧 次話>

俺で甘える練習してみる?を無料で読めるか調査した結果

「俺で甘える練習してみる?」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「俺で甘える練習してみる?」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

俺で甘える練習してみる?6話を読んだ感想

いつもと違う感じの格好でおめかしした美空を茶化すでもなく、素直に“きれい”って言える健が素敵だなと思いました。

こういう時って飾った言葉とかはなんだか嫌味に聞こえちゃったりしますし、かといって気が付かないのは論外なので健の言葉は100点満点だなとニヤニヤしてしまいます。

分かりやすく照れてる美空もかわいいですね。

そこからの美空が結婚指輪をしてないって気づいた健の表情がすごく愛おしかったです。

大人っぽくエスコートしようとして美空に再び怒られてしまった健ですが、その時の表情もしあわせそうでドキドキしてしまいますね。

レッスンにかこつけて美空と手をつなぎたいのがバレバレなのは年相応な感じがして面白かったです。

ここまでは割とコミカルに進んでくるのですが、美空が祐二のことを話すときはやっぱりシリアスになってしまいますね…。

前話であんな風に祐二から誘いを断られ、一人で家にいろと言われても今ごろ不倫相手と何してるのかなとかどうしても考えてしまうでしょうし、美空が健の誘いにのったのも頷ける気がします。

そんな状況でも健と手をつなぐのは誰かに見られた場合にまずいし…ってぐるぐる考えちゃってるんだろうなと思いました。

でも、美空の答えを聞いた健が祐二の代わりにされたことに対して怒ったりせず、あくまで美空の気分が良くなるように行動しようとしているのが素晴らしいです。

その理由が“美空に笑顔でいて欲しい”っていうのがもう…、早く祐二と別れて健と幸せになって!と思わずにはいられません。

でも健が年下の男の子っぽいのはここまででしたね。

観覧車の中では健が美空をぐいぐいリードして、ついにキスしてしまいました。

キスする直前に“そこは自分の名前を呼んでほしかったな”ってすねる健がかわいいです。

観覧車から出た時に健がしれっとしているのも、美空との経験値の違いが分かっていいなと思いました。

どちらが年上なのか分からなくなるのもこのカップルの魅力かな?とひそかに思っていたりします。

しかし一番びっくりしたのが最後ですよ。

祐二はいつから見てたんだろう…というかどこまで見てたんだろう…とドキドキしてしまいました。

あれ?でも今日出張とか言ってたよね?あれ?と混乱してしまっているのですが、これから一波乱ありそうでドキドキしています。

俺で甘える練習してみる?6話まとめ

こちらでは6話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

俺で甘える練習してみる?6話まとめ
  • 健は美空が結婚指輪をはずしてきた事に気付き、家に置いてきたと答える美空。外で健と手をつなぐことを断ります。
  • 今日来た理由は、祐二がいない寂しい夜を乗り越えるためで、利用して申し訳ないと謝る美空を健は、観覧車に誘うことに。
  • 観覧車で健は、キスをする課題を出し、今からするのは練習だと美空に言い含めるのでした。
  • 直前に美空の口から祐二の名前が出て、残念に思いながらも健はキスをします。
  • 観覧車から降り、健は美空の肩を抱きながら近くのベンチへと移動することに、そんな2人の様子を出張に行ったはずの祐二がこっそりと見ていました。

<前話 全話一覧 次話>