少女/女性漫画

「推しが上司になりまして」ネタバレ6話!あらすじ・感想を紹介!視察とカフェ

めちゃコミ独占配信の人気コミック「推しが上司になりまして」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「推しが上司になりまして6話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

視察先に同行した瞳は、車内に2人きりなことに動揺します。

しかし自分がもし運転すれば、推しに危険が伴うかもしれないと大人しく修一の運転で視察先に行くことに。

隣で修一の視察先の説明をいれては後ろに下がる瞳に、修一は少しとまどっています。

そんな中次の視察場所への話をしていると、真横に修一の顔が近づいてきて、驚くのでした。

推しが上司になりまして6話のあらすじネタバレ

にやけないように

修一の顔の近さに瞳は動揺していました。持っていた資料を渡し距離をとります。

もらった資料を見ている修一をよそに、瞳はまるでデートのようなこの状況に、にやけてしまいそうだと思いました。

いけないと思い、顔面に力を入れいかつい表情になります。

瞳は修一に先ほど行った店で、この階は以上になると伝えると修一は瞳の名前を呼びました。

瞳は機械的にはいと返します。
視察をスムーズにすすめたいという修一。

パワーワード

しかし瞳と会話する度に後ろを振り返らなければならないのは効率が悪いので、隣にいてほしいと言われます。

「俺の隣に」というパワーワードに瞳の身体にイナズマが走りました。

失礼しましたといい、しっかりしろと自分を鼓舞します。

たとえ修一と並んで歩くことが神をも恐れぬ所業であっても、推しの足を引っ張ってはならないと思っていました。

あまりにも恐れ多いからかトイレに一旦避難することにします。

頬を軽く叩きながら、無理だよと口ずさみました。

身体が火照って新陳代謝が活発になるからか肌が若返っているように思います。

これが推しの力なのかと上機嫌にトイレを出て修一を見つけました。

写真集と同じ

そこにはスーツ姿でひとり佇む修一の姿が。

かっこいいと見とれるのは瞳だけでなく、道行く人々が修一のカッコよさに振り返っていきました。

その中で、瞳は斗真の時代にだした写真集の構図と一緒だと興奮します。

その写真はとても気に入っていて何度も見ていたものが「まさか生でみられるとは…」と感激していました。

目に焼き付けようと見とれている瞳に修一は気づきます。

当時の初々しい修一を思い出している瞳の嬉しそうな表情をみて驚く修一。

どうかしたのかと尋ねられ瞳は、もしかしてにやけていたのを見られたかと慌てます。

なんでもないと答えると、修一は歩き回ったから休憩しようと近くのカフェへ誘いました。

推しとのお茶

なりゆきで何故か推しとお茶をすることになってしまった瞳。

すでに注文は決まっていると言う修一は、店員にこの店の一番人気の品を注文しました。

この店の一番人気は甘いイチゴのパフェです。
以前雑誌で甘いものが苦手と書いてあったのを思い出しました。

甘いものが好きなのかと尋ねると、少し間をおいて好きではないと答えます。

けれど顧客のニーズを把握するために頼んだというとなるほどと思いました。

イチゴの見るからに甘そうなパフェが運ばれてきます。

さすがだと思いながらも、甘いものが好きではないと言った前の少しの間は何だったのだろうかと思うのでした。

<前話 全話一覧 次話>

推しが上司になりましてを無料で読めるか調査した結果

「推しが上司になりまして」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「推しが上司になりまして」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

6話を読んだ感想

推しと視察という名のデートに+お茶までするなんて羨ましすぎます。

そしてまた修一の無自覚なかっこいいセリフがでましたね。

「俺の隣に」なんて推しに言われたらそれこそ卒倒しますよ。

瞳は本当に修一が大好きで、神様のように思っているんですよね。

隣に歩くことが恐れ多いと思うことってそうそう日常でないことですし。

瞳の度を越した推しへの愛は変わらず面白いですし尊敬します。

ですが、なんだか修一側の立場からみると少しだけさみしい気持ちになりました。

修一がどう考えているのか描写がないのでわかりませんが、彼は上司として瞳と仲良くなりたいと思っています。

けれど瞳は推しが上司になったことをうれしいと思いつつもやはり手の届かない人だと距離を保ったまま。

修一が近づけば瞳はその分離れていっているような距離感を感じてしまいます。

推しの役に立ちたいと色んなことをフォローできるのはすごいですけれど。

このふたりの関係性がどう変わっていくのかとて

も楽しみです。
やはり俳優をやっていただけありますね。
人の目を引く容姿。
むしろなんで俳優やめちゃったのというレベルです。

道行く老婆すらも見とれていましたよ。
瞳は瞳で写真集のページ数まで覚えているとはすごい。

すがすがしいほど推しへの愛が重すぎる。
でも今まで雑誌や舞台上でしか会えなかった推しが、会社にいけば毎日のようにあえて会話ができるって奇跡のようなことですよね。

けれどよく芸能人で家業を継ぐという理由で芸能界の引退を発表するのをみます。

まさに現実にも、もしかしたら瞳のような経験をしている方がいるのかもしれません。

突然テレビで見ていた人が目の前にいて同じ空間で一緒に働く。

最初このお話を読んだときそんな夢みたいなこと!と思っていましたが全然現実でもありえる話なんですよね。

実際一般の方と結婚される方も多くいらっしゃいますし。

奇跡に近いことですが、まったくありえない話ではないのだと読んでいて思いました。

その中で大好きな推しが上司になるのですから、瞳がいまだに俳優時代の修一として扱うのも仕方のないことかもしれませんね。

それでもどんどん近くなっていく2人の距離にもどかしいと感じてしまいます。

瞳のなかできっと推しと一歩先に進むなんて恐れ多いと思っているでしょう。

けれど修一の方はどんどん距離を詰めていっています。

瞳にはどうか【上司としての修一】を見てほしいなと思いました。

この調子ならまだまだ意識するのは先なのかな。

本当にこれからどうなっていくのか、楽しみであり怖くもありなんとも言えない状況です。

まず無事瞳は視察を終えることができるのでしょうか。

そこが一番心配なところではあります。

このまま無自覚な修一の男前な行動で瞳はキュン死にしてしまうんではないでしょうか。

こちらからは頑張れ瞳の心臓!と応援するほかないのですが。

とにかく、無事視察先から帰り少しずつでも距離が縮まればいいのにと願うばかりです。

次回を楽しみに待っていたいと思いました。

<前話 全話一覧 次話>

推しが上司になりまして6話!まとめ

こちらでは6話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

推しが上司になりまして6話のまとめ
  • 瞳はまるでデートのようなこの状況に、にやけてしまいそうだと思っていた。
  • お手洗いから出た瞳の目に留まったのは、スーツ姿で佇む修一。俳優時代に出した写真集と同じ構造だと見惚れていた。
  • 瞳と修一はカフェへ。顧客のニーズを知るために苦手な甘いパフェを食べることに。しかし瞳の質問に少し間があったのを不思議に思うのでした。