少女/女性漫画

「夫を捨てたい。」10話あらすじ・ネタバレ・うそつき

めちゃコミで読める「夫を捨てたい。」(10話)のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回は、私の中にたまり続けた不満の山が崩れたお話。

保育園に預ける息子の荷物を1つ忘れてしまったことがきっかけです。

その場所では何も言わなかった夫は、保育園を出ると、辛辣な言葉を浴びせ始めました。

私の気持ちを一切考えていない言葉の数々に、私の中で何かが崩れる感覚に陥ります。

何も言わずにドンっと夫の胸を押し飛ばした私。

押し飛ばした後、不満が爆発するのです。

息子を妊娠したときも、今回の妊娠でも激しいつわりに苦しんでいる姿をみている夫は何を手伝うこともありません。

全てを私に丸投げした状態で、文句だけはたくさん言う。

夫がすることといえば、仕事のみです。

だいきらいという言葉が、初めて飛び出ました。

夫は何も言わず、ただ私の胸をドンっと押し返します。

まさかの反撃に唖然とする私は、お腹の子どもになにかあったらどうするのだと思います。

驚く私が描かれたところで、9話は終了となりました。

夫を捨てたい。10話あらすじ・ネタバレ

怒りのままに

徐々に何をされたのか理解が追い付くと、私は号泣。

涙を流しながら運転を続ける私に、夫はごめんと謝り運転をかわると提案しました。

私が何も言わないと、ごめんと繰り返す夫。

ただひたすらにごめんを繰り返す夫を横に運転を続け、あるところでピタっと車を停止させました。

涙でボロボロの顔で夫を睨む私は、息も荒くなっています。

怒りの感情に従い、夫を車から捨てました。

気持ちの切り替えと怒り

1人になって会社へと向かうものの、涙は一向に収まらず、どうしようかと思います。

気合で気持ちは切り替わらないと諦めると、会社に電話して、休みますと告げました。

電話口では上司が心配して、ゆっくり休むように言います。

会社を休んだ後、家に帰った私はようやく涙が落ち着き、怒りの感情に包まれました。

スーツを脱ぎながら、夫のしでかした事に腹を立てる私。

先に胸をドンと押したのはこっちでも、あのタイミングでキレる夫は理不尽だとしか思えません。

許せないという決意とともに、家をでる準備を始めた私は、いそいそと家出の準備を始めます。

しばらく荷造りを進めていると、ふいに我に返る私。

息子を置いていくことは無理。

息子のことを考えて手を止めた後、何を考えようとしても悪い事しか思い浮かばず、これでは駄目だと言い聞かせます。

気分を変える為に、散歩に行くことにしました。

散歩

外を歩き、今日会社を休んでしまったことを悔しく思う私。

今までどんなにつわりが苦しくても、会社を休んだことがなかったからです。

悔しさと一緒に考えるのは、夫と大喧嘩したのは初めてかもしれないという事でした。

なぜこんなことになってしまったのかと、心の中で自問自答。

私の心は、昔を振り返るように記憶を遡るのです。

うそつき

付き合っていた当時、彼は今と違いとても優しい人でした。

涙もろく、一緒にテレビをみていると隣で号泣していることもしばしば。

私は、そんな優しい彼が大好きでした。

それなのに今日は、だいきらいと言ってしまったのです。

自分の言ってしまった言葉を思い出すと、止まっていた涙が再びあふれ出し、それは止まることを知りませんでした。

号泣しながら、最近は泣いてばかりだと思ってしまいます。

それは、非常におかしいことでした。

プロポーズのとき夫は私に、一生笑わせると言っていたのです。

それなのに苦しんで泣いて、辛い思いをしてばかり。

うそつき。

芝生に転がりながら私は、うそつきと繰り返し呟きました。

心の中では、消えたい、消えていなくなってしまいたいと強く願います。

消えることができれば、どれほど楽になれるだろうか。

絶望とともに、第10話は幕を閉じるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

夫を捨てたい。を無料で読めるか調査した結果

「夫を捨てたい。」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

夫を捨てたい。 10話を読んだ感想

夫が私に対して、更に何か責め立てるかと思いきや、その予想は外れる形になります。

冒頭から振り返ってみると、まず私が号泣しながら車を運転しているのは、単純に危険。

事故を起こしたりせず、安堵しました。

号泣する姿をみて、ごめんと謝る夫でしたが、手遅れですね。

なぜ私が今の状態になっているか理解のない謝罪が、私の心に響くわけがないのは明白でしょう。

車から夫を捨てた場面では、タイトルに一歩近づいた、この調子で突き進もうと、読みながら応援でした。

泣き声で会社に休みの電話をしましたが、電話口の上司も非常に焦ったはず。

家に帰ると怒りが気持ちの全面にでてきて、勢いのまま荷造りを始めました。

この時は、よしと思いながら読んでいましたが、結局は息子のことを思い出し準備をやめてしまいます。

保育園が終わる前に荷造りを終わらせて、そのまま実家へと向かえばと思ったのですが、気になる点があるのでしょう。

もしかしたら、夫に対する未練が残っているのかもしれません。

気持ちを切り替える為にでた散歩では、会社を休んだことに対する後悔を感じるシーンがありました。

つわりが酷くても会社を休んだことがない、私は根本的に我慢強い人だと実感する場面です。

なまじ我慢できてしまうからこそ、夫が今のような状況になるまで指摘できなかったのかもしれませんね。

我慢強さも、一長一短だと痛感する場面です。

夫との大喧嘩が初めてかもということでしたが、本当によく我慢してきたなと労いたい気持ちになります。

どこで道を間違えたのかと過去を振り返るシーンは、非常に切ない部分でした。

年月が記憶を美化している可能性もありますが、過去が優しかっただけに今の残念さが際立つということなのかもしれません。

優しい彼が好きだったのですから、優しくなくなってしまった彼を嫌いになるのは自然なことです。

涙が再びあふれ出すシーンは、読んでいて辛い場面でした。

プロポーズで誓ってくれたはずの言葉を思い出して、おかしいと思うことは当然ですよね。

最後は、消えたいと願うところで終わってしまいました。

私の精神が、心配されるところです。

自分を消すのではなく、夫を消す方向でなんとか立ち直ってほしいと思います。

次回は夫が家に帰宅して、そこからの出来事が描かれるのかもしれません。

もしくは私の気持ちが変わり、息子を連れて実家へと帰るのでしょうか。

私がどう動くかに注目して、そのあたりを予想しながら次の話を待ちたいと思います。

夫を捨てたい。10話まとめ

こちらでは10話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

夫を捨てたい。10話まとめ
  • 号泣しながら運転する私をみて、ごめんと謝り運転をかわると言う夫を、怒りのままに車から捨てました。
  • 会社を休むことにして家に帰った私は、家出の準備を始めるが、息子のことを考えてやめてしまいます。
  • 気分を変える為に、散歩に出た私は、付き合っていた当時の記憶を遡ります。
  • 夫の性格やプロポーズの言葉を思い出して、うそつきと繰り返し呟き、私が消えていなくなってしまいたいと願いました。

<前話 全話一覧 次話>