少女/女性漫画

「ライバル婚」ネタバレ2話!あらすじ・感想を紹介!結婚のメリット!

めちゃコミ独占配信の人気コミック「ライバル婚」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「ライバル婚2話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

恵比寿福子(33歳)は仕事一筋でお一人様を満喫していましたが、母親のすすめによりお見合いをすることになりました。

お見合い相手はなんと、ウォールペイント業界再大手企業の営業マンで、いつも仕事を取られてしまいギャフンと言わせたいと思っていた、憎っくきライバルの鬼塚肇(31歳)。

鬼塚はお見合いの席につくなり、「僕と結婚してください!」といきなり福子にプロポーズ!

その後も、「いつ籍を入れますか?」と勝手に話しを進めようとする鬼塚は、とまどう福子に、「結婚して何かデメリットありますか?」と言ったのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

ライバル婚2話のあらすじネタバレ

鬼塚のプレゼン

言葉も出ずに開いた口がふさがらない福子。

すると鬼塚は呼び出しベルを押し、「例のものを」とスタッフにお願いしました。

福子が落ち着きを取り戻すと、鬼塚が立ち上がり結婚するメリットについてのプレゼンを始めました。

鬼塚が考えた結婚のメリットは、

①同業種のためお互いの仕事への理解をえやすいこと、②他社なのでしがらみやプライベートまで浸食する可能性が低いこと、③結婚の心配をしている家族を安心させられることなどでした。

プレゼンが終わりドヤ顔の鬼塚に、「ご納得していただけましたか?」と聞かれ、「圧巻のプレゼンでした」と福子は答え、疑問や不安に対する的確な回答だったと関心するのでした。

愛妻家というカード

福子は、文句のつけようがないプレゼンだったと思いますが、「鬼塚さんには何のメリットが?」と聞き、一体何が目的なのかと考えます。

すると、鬼塚は自分の座っていたイスを福子の目の前に置き座ると、「欲しくなったので…」と、顔を近づけて言いました。

福子が近すぎる!と思っていると、

鬼塚は「愛妻家というカードがね!この年齢になると、結婚しているという社会的信用がなぜか必要になる。肩書に左右される方々に合わせたくはないですが…」と話しました。

福子はこれまで、仕事先に仕事と結婚を結びつけられてきたことを思い出します。

そして鬼塚が、「特に、昔から女遊びをする印象を持たれてしまって…」と続けたので、「それは、実際に遊んでいるからでは!?」と福子は反論しました。

家事を任せるつもりはない

福子がムキになっている様子を見た鬼塚は、「どちらの僕をご希望ですか?」と余裕の表情で言いました。

鬼塚は確かにイケメンでエリートだけど、どうしてそこまで自信を持てるのか理解できない福子は、「どうして私なんですか?ライバルの私を寿退社させるためですか!?」と聞きました。

少し考えた鬼塚は、「考えたことすらありません」とあっさり答え、ショックを受ける福子。

さらに、「仕事を続けるかは、僕に決定権はないのでお任せします。」と言ったので、「家事をしてくれる女性が欲しいのでは?」と心配そうに確認する福子。

鬼塚はそんなことか…という表情で、「家事を任せるつもりはないので」と福子のシャツのボタンが開いていることを指摘しながら言いました。

福子は、「結婚したがる若い子なんていくらでもいるのでは?」と必死に聞きますが、「相手の女性には、若いお飾り嫁なんて体裁が悪いでしょ?」と答えました。

プレ結婚!?

一連の鬼塚の発言を聞いた福子は、強気なようだけど相手の感情に気を配れる温かい人なのかもしれないと思っていると、

「僕が結婚するなら、こういう女性に落ち着きましたっていう恵比寿さんみたいな方だと思います」と言われ、ショックを受けます。

鬼塚は、「僕の中で結婚はパートナー制度の1つで、仕事と同じように共闘できる相手じゃなけれは意味がない。僕たちならそれができる。」と続け、福子は永遠のライバルの鬼塚が共闘になる!?と信じられない様子です。

鬼塚は、「そこまで渋るならプレ結婚してみませんか?僕たちがパートナーになれるか、結婚生活のシミュレーションをしてみるんです。いかがですか?」と提案します。

福子は、一人が気楽でこれからも一人で生きていくんだと思っていましたが、背中を任せられる相手がいれば…と考え、「プレ結婚しましょう!私を納得させるとは、さすが我がライバル!」と言い、握手をしたのでした。

すると鬼塚は、「ひとまず、僕の自宅で同居しませんか?」と言ったのでした。

<前話 全話一覧 次話>

ライバル婚を無料で読めるか調査した結果

「ライバル婚」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ライバル婚」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

2話を読んだ感想

前回、鬼塚とお見合いした福子が、僕と結婚してデメリットありますか?と言われたところで終わりましたが、納得させるために結婚するメリットについてのプレゼンを始めるとはさすがでした!

前もって自分と結婚するメリットのプレゼン準備をしている様子を想像して笑ってしましました。

鬼塚の得意なプレゼンだけあって疑問や不安に対するメリットを的確に紹介してくれて、福子は結婚に魅力を感じて興奮していましたね。

たしかに、同業種なので仕事への理解はありますし、他社なので会社で顔を合わせることがないのがポイント高いなと思いました。

旦那さんと家でも会社でも一緒では、お一人様を満喫していた福子にとてはたえられないでしょう!

そして、福子のことを好きで結婚したいわけではないと思っていましたが、愛妻家という肩書が欲しかったようです…。

最初に聞いたときは、福子をモノのように扱っているのでは?とイラっとしましたが、働き盛りの男性は結婚=社会的信用になると知り、なるほどと納得してしまいました。

結婚と仕事を結びつけられてしまうのは、男性も女性も同じなんですね!

鬼塚が女遊びをする印象を持たれてしまうのは、福子と同じく日頃の行いではないのかと思いますが…。

また、鬼塚にとって結婚は仕事と同じように共闘できるパートナー制度だと言っていましたが、仕事一筋の福子にとってはもっとも理想的な結婚ではないでしょうか。

鬼塚の言い方は冷たいように聞こえますが、福子のこともちゃんと考えて結婚しようとしていることがわかりよかったなと思いました。

そして、福子は鬼塚のことを最大のライバルだと思っていますが、鬼塚はそうとは思っていないのも気になりました!

鬼塚の方が年下なので、福子のことを尊敬する先輩だとでも思っているのかと予想しました。

いくら結婚は共闘できるパートナー制度だと思っていても、普通に考えれば誰でもいいわけではないと思うので…。

最後に、鬼塚がプレ結婚を提案してそれを受けた福子でしたが、いきなり同居話が出てきました!

次回は、2人が同居をスタートさせるのでしょうか。

今後の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

ライバル婚2話!まとめ

こちらでは2話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ライバル婚2話のまとめ
  • 鬼塚は結婚のメリットを3つあげてプレゼンのように福子へ語りかける。
  • 家事の心配をする福子に対して鬼塚はそんなことか…という表情で、家事を任せるつもりはないのでと返答。
  • 鬼塚は渋る福子へ「プレ結婚」「同棲」を提案するのだった。