少女/女性漫画

離縁は致しかねます!ネタバレ20話!あらすじ感想!力強い味方

めちゃコミックで大人気コミック「離縁は致しかねます!」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「離縁は致しかねます!20話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

家を出て一か月。

巽の支えもあって穏やかな日々を取り戻しつつありました。

そんな中、巽と出かける約束をしていた千春は瀬田から騙されていたことを家族には告げないつもりでいることを明かします

応援するという巽に千春は笑顔で返しました。

巽は突然貰い物の舞台に行かないかと誘われましたが、そこは以前瀬田と共に見た舞台だったのです。

行くのをやめようという巽に、申し訳ない気持ちが募ります。

さらにカフェでお茶をしていると、巽が好意で頼んでくれたアイスもまた瀬田と共に食べたものでした。

離縁は致しかねます!20話のあらすじネタバレ

嫌いになれない

瀬田と一度食べたアイスを食べながらおいしいと口にします。

よかれと思って巽が頼んでくれた行為を無駄にできないと感じ、千春はもう一度食べたかったと言いました。

巽はいたたまれない表情で千春を見ています。

一口アイスを食べるたびに、新聞から顔をのぞかせている瀬田が笑う姿が思い浮かんでいました。

千春の為にと連れて行ってくれたことは嘘じゃなかったと思うと涙が溢れてきます。

巽に謝りながら涙をぬぐいますが止まりません。

たとえ騙されていたとしても、もう嫌いになれそうにないと思うのでした。

別のカフェで出されたデザートに頼んでいないと言っているのは瀬田の部下です。

慌てて下げようとする女性店員に、いただくと笑顔で笑いかけたのは瀬田でした。

頬を染め去っていく女性店員をよそに、大丈夫なのかともうひとりの部下が訪ねます。

部下の言葉に対しなにもしていないし、義理立てする相手もいないと言いました。

手放した製鉄所

しかし部下は千春の話ではないことに少し決まずそうに違うと否定します。

製鉄所から手をひいてよかったのか。
部下はそう尋ねました。

終わった話を持ち出すなといい、製鉄所を今のうち高値で売っておいた方がいいと賛成したはずだと反論します。

「ですが」という部下の言葉を遮り、鉄で儲けた分を別のものにあてる為に動いていると言いました。

話の途中、女性店員の明るい声と共に注文の品がもってこられます。

にこりと笑顔で返した瀬田の前に置かれたのはいつの日か千春が食べていたアイスでした。

眉を寄せる瀬田に、最近の流行りのものだとの説明に小さく息を吐き知っていると返したのです。

突然の来訪者

家の前で千春は巽と別れていました。
泣いてしまったことを謝ると巽はこちらこそと返します。

その時、家の中から弟の進次郎が慌てた様子で出てきました。

どうしたのかと聞くと千春へ客が来ているといいます。

奥でむすっとしている父の姿をみて、千春はまさかと慌てて家の中に入りました。

迎えにきたと瀬田が笑っているかもしれないと、そんな淡い期待を抱いて部屋に向かいました。

するとそこには、梅が座っていたのです。

奥様と反応する梅に千春は感動しながら抱き合いました。

まるでドラマのワンシーンのようにお互いの名を呼び抱き合うふたり。

ふたりの感動の再会を見て父と進次郎は、若干引きつつ部屋を後にしました。




梅の願い

少したってお互い落ちつきを取り戻します。

梅は家に戻ってきてほしいと切り出しました。

戸惑う千春に、瀬田は平然を装っているつもりだが千春が出て行ってから常に不機嫌な様子を伝えます。

そのくせ千春から離婚届が届いていないか怯えているとも。

千春と同じことをしていると思いましたが、どうしても自分を騙していたということが拭えずにいました。

わけがあったかもしれないという梅。

それに瀬田が悪い人間ではないことは知っているから、未だに離婚届を出せずにいるのだろうと核心をつかれました。

2人できちんと話し合うべきだと主張します。

梅の鬼気迫る様に驚きながらも、けれど自分は引き留めてももらえなかったといいました。

すると梅はだったら自分にまかせてくれと拳を握って力強く言ったのです。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!を無料で読めるか調査した結果

「離縁は致しかねます!」はめちゃコミック独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「離縁は致しかねます!」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

20話を読んだ感想

救世主梅さんがやっと登場してくれました。

お客さんが梅さんだと知ったときは思わず来た!と叫んでしまいました。

梅さんが来るだけですべてのことが解決するように思えるこの頼もしさ。

さすが主人である瀬田にも物申せるだけあります。

彼女が来たのなら、次回は少し事態が好転していたらいいなと思いました。

今回で千春が瀬田との思い出に涙して嫌いになれないとはっきり言ったことで、復縁の意志はあると言うことですよね。

瀬田もアイスを見て千春を思い出すということはそういうことでしょう。

でも少しだけ一緒にいた巽は気の毒に思えました。

千春はもう瀬田のことしか考えていなかったのですから。

彼も純粋に千春が好きで、気持ちを伝えるタイミングが遅すぎただけなのですよね。

私は瀬田と千春の夫婦を推しているので巽はむしろ邪魔をしないで!という存在です。

けれど、今回の千春が泣き出した場面や家に送ったときの表情。

すべてが、巽にはもうチャンスはないのかもしれないと自覚しているように思えました。

なにかを犠牲にしなければ、なにも成し遂げられないとよく聞きます。

まさに、この物語で犠牲になったのは巽の淡い恋心ですよね。

巽は一回身を引いたように、千春が幸せならそれでいいと言える器の広い人です。

千春はそんな人と幼馴染で幸せですね。

なので巽のためにも、ふたりは早く幸せになるべきだと強く思いました。

瀬田も千春も意地を張って動かないから、ここで梅さんが背中をおしてあげてほしいです。

頼もしい救世主まで立ち上がったのですから、今度こそきちんと話し合うべきだと思いました。

あと瀬田の部下のふたりはなんて名前なのでしょう。

私が見落としているだけで、名前は実は出ていたりするのかなと毎回思います。

ですが、見つけ切らず結局部下という呼び方のままでここまでやってきてしまいました。

次こそわかったらいいなと地味に楽しみにしています。

少しだけちらっと製鉄所の話がでてきたのですが、本間に素直に渡したのでしょうか。

なんだか本間だけ得をしているようで納得がいきません。

このまま製鉄所を手放して瀬田の会社が傾くようなことがあれば、それこそ本間のせいです。

土地を諦めてくれと頼んだのは瀬田でも、元々不当なやり方で吉川家の土地を奪おうとしていたのはあちらですから。

その対価にと瀬田から色んなものを奪いすぎでは?

悪いことをしているのに、なんの罰も受けずに自分だけ得をするなんて許されていいのでしょうか。

実は本間にも不利益なことがおきるようにしといたよという展開を少し期待しつつ、一番はやはり瀬田と千春の夫婦の行く末がメインですから。

楽しみに次回を待ちたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!20話まとめ

こちらでは20話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

離縁は致しかねます20話のまとめ
  • 瀬田の前に置かれたのはいつの日か千春が食べていたアイス。瀬田もまた千春のことを気にかけているのだった。
  • 千春が実家に戻ると、弟進次郎から客が来ていると告げられる。そこには梅の姿が。
  • 梅は瀬田の近況を伝えると共に、千春の核心をつく言葉を述べ、自分に任せてくれた力強く言い放った。