少女/女性漫画

離縁は致しかねます!ネタバレ26話!あらすじ感想!女性「平岡さん」

めちゃコミックで大人気コミック「離縁は致しかねます!」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「離縁は致しかねます!26話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

男女同権という言葉があっても、現状女性の立場は弱いままのこの国。
千春はそんな中、瀬田と共にパーティーに来ていました。

千春は瀬田の仕事上、付き合いのある人の夫人たちの集まりに参加しています。
自分が瀬田の為になにかできることが嬉しいと感じていました。

そんな夫人との話が終わり、疲れたと感じている千春に男が声を掛けてきます。
その男から瀬田をバカにされ、怒る千春に「女のくせに」と突き飛ばしてきました。

そんな千春を助けたのは、同じ女性で、彼女は千春のような強い女性が必要だといってきたのです。

離縁は致しかねます!26話のあらすじネタバレ

女性の利権の為に

ベッドの上に寝転がっている瀬田は、千春の話を聞き「人権運動か…」といいます。
女性の集会の自由を阻む治安法の廃止に力を入れ、議論をしているらしいと話す千春。

けれど瀬田は、千春を突き飛ばした男をどうにかして、見つけ出すことしか頭にありません。

聞いているかと問われ、その人の名前は何というのかと聞きました。
千春は、力を貸してくれと言ってきた女性は平岡史子と名乗ったと言うと、聞いたことがないと言います。

そして「胡散臭い」と付け加えました。
あなたが言うかと思う千春ですが、瀬田がダメだと言うなら行く気はないと伝えます。
しかし瀬田は、興味があるなら行ってくるようにいいました。

それに少し嬉しく感じた千春は、瀬田も一緒に行かないかと誘います。

嫉妬

男性も少ないがいるようだと伝えると、自分のような男はその手の女性からは好まれないと呟きました。

千春は「別に好まれなくてもいい」と、少し怒った口ぶりでそういいます。
千春の考えている意味ではないと思いますが、そっぽを向いた千春に思わず笑みがこぼれました。

眼鏡を外し、かわいらしい人だと千春を抱き寄せます。
嫉妬してくれるとは、と千春の頭に口づけをすると、恥ずかしそうに妬いていないと否定しました。

発言に責任を

しばらく瀬田が、千春の顔にキスをして、ふたりはそのまま唇へキスをします。
そのまま腰へと手を当て、声を漏らす千春の寝巻を脱がそうとしました。

ダメだと言う千春に、何故?と返した瀬田。

千春は、自分からお願いをしていない、と小さな抵抗をします。
けれど、お願いしたくなるようにする、と首筋にキスをしました。

そのまま押し倒しますが、なかなか自分からお願いをしない千春に、お願いしないのかと聞きます。

すると千春は起き上がり、いたずらっ子のように笑いました。
もういいだろ、と落ち込む瀬田に、自分の発言に責任を持ってほしいだけだと乱れた寝巻を整えます。

勝ち誇ったように笑う千春。
けれど、求められるうちに抱かれておけばよかったと、後悔することになるのです。

再会したふたり

千春は先日助けてくれた女性、平岡から誘われた集会へと足を運びました。
案内され入ると、平岡が皆の前で話をしています。

「本物の男女同権をこの不条理をおわらせましょう」と、話していました。
そんな堂々としている平岡に、会わなければよかったと思う日がくるのです。

話が終わり、来てくれてありがとうと千春に声を掛けました。
自分たちの活動に参加できそうか尋ねると、千春は檀上で大勢の前で堂々と話せている平岡に感動した、と話します。

自分にはとてもできないと苦笑する千春を見て、平岡は言いました。
男が許せない、と。

男は男だというだけで、優れていると勘違いし、そのせいでどれだけ有能な女性を虐げてきたか気づいていないと話します。
妻という存在を奴隷のように扱い、それが当たり前だと思っているくだらない生き物だと言いました。

平岡の表情は見えませんが、かつて男性にそうされてきたようです。
千春は「そんなことはない」と呟き、少なくとも瀬田は違うと言います。
それは是非会ってみたいと言う平岡との話の途中、千春を呼ぶ声がしました。

そこには瀬田がいて、驚く千春に、妻を助けてもらったからお礼を言うために来たといいます。
瀬田の姿を見て、名前を呟く平岡に気づかず、千春は紹介しますと瀬田を夫だと言いかけました。

しかしその言葉を遮るように、平岡はお久しぶりと声を掛けます。
瀬田も平岡を見て、目を見開いていました。
久しぶりと声を掛けた平岡の頬は、赤く染まっていたのです。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!を無料で読めるか調査した結果

「離縁は致しかねます!」はめちゃコミック独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「離縁は致しかねます!」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

26話を読んだ感想

あなたは一体誰なんだ、平岡さん。

せっかく微笑ましい夫婦姿を見られたのに、またなんだか波乱ありそうですね。
序盤がめちゃめちゃラブラブなふたりだったので、つい油断してしまいました。

まず初めに、千春の話を聞きながら、千春をつき飛ばした男を突き止めると考えている瀬田。
千春が瀬田の一言に嫉妬する場面など、ラブラブなシーンが盛りだくさんです。

そんなラブラブシーンの中で、千春を助けてくれた女性平岡史子の話が出てきます。
彼女は、男尊女卑の世の中を変えたいとの思いから、そういった活動をしているというものでした。

活動的な女性って素敵ですよね。
世の中を変えたい!と言って行動できる人って、すごく限られた人です。

そんな中で、積極的に行動できる平岡さんはすごいと思いました。千春が、少し興味を惹かれるのもわかる気がします。

まあただ、瀬田が胡散臭いという理由もわからなくもないですが。
それでも平岡さんの真剣さは、すごく伝わってきました。
過去に、何かあったような描写があり、彼女に何があったかもすごく気になるところです。
平岡さんの堂々としたスピーチに感激しつつも、千春はやはり自分の意見をきちんと言えます。

そんな人ばかりではない、と。
一瞬のろけにも聞こえてしまいますが、でも実際すべてが女性を虐げる人ばかりではありません。

中には、女性を尊重してくれる人がいるんですよね。
それが千春の見てきた現実ですから。

それと同時に、平岡さんの活動は、千春にとって視野の広がる活動でもあります。
背中の傷のせいで、なかなか貰い手が見つからなかった千春だからこそ力になれることもあると思います。

平岡さんほどではなくても、千春も妻は夫の一歩後ろでという考え方を教えられてきたひとり。

でも千春は、瀬田と夫婦になり、そうじゃなくてもいいと感じることができました。
千春は両方の視点から、なにかこの活動に参加できそうな気がします。

けれど、なんだか瀬田と知り合いっぽいですね。

絶対昔なにかありましたよね!?という匂いがプンプンします。
一体ふたりはどういう関係なのでしょうか

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!26話まとめ

こちらでは26話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

離縁は致しかねます26話のまとめ
  • 瀬田が、千春の顔にキスをして、ふたりはそのまま唇へキス。そのまま腰へと手を当て、声を漏らす千春の寝巻を脱がそうとする。しかし千春は拒むのだった。
  • 勝ち誇ったように笑う千春。けれど、求められるうちに抱かれておけばよかったと、後悔することになるのだった。
  • 平岡はお久しぶりと瀬田に声をかける。瀬田も平岡を見て、目を見開く。久しぶりと声を掛けた平岡の頬は、赤く染まっていたのだった。