少女/女性漫画

離縁は致しかねます!ネタバレ27話!あらすじ感想!瀬田と平岡の関係

めちゃコミックで大人気コミック「離縁は致しかねます!」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「離縁は致しかねます!27話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

千春を助けてくれた女性は、平岡史子と言い、女性の利権の為の集会を開いていました。
その話を瀬田にしますが、瀬田はそんなことより千春を突き飛ばした男に怒り心頭です。

彼女達の集まりに行ってみたいという千春に、瀬田は胡散臭いと言いつつも千春の意志を尊重しました。

集会が行われている家へ向かうと、平岡の堂々としたスピーチを見て感激する千春。
平岡は、男のせいで優秀な女性が虐げられてきたと言います。

しかし千春は、すべての男性がそうではないと否定し、少なくとも自分の夫はそんな人ではないと話しました。

そんな時、突然瀬田が妻を助けてくれたお礼だとやってきたのです。
千春は瀬田を紹介しようとすると、平岡は瀬田の事を知っているように名前を呼んだのでした。

離縁は致しかねます!27話のあらすじネタバレ

知り合い?

史子さん、と瀬田は驚いた表情をしました。
千春は女の勘などなくても、ふたりになにかあったと察してしまったのです。

「こんなに変わったからわからないよね」と言う平岡に、瀬田はいえと返しました。

瀬田は眼鏡を押さえながら、名字が聞いていたものと違ったので驚いたと言います。
そして「あの後結婚したのですね」という言葉に、反応する千春。

平岡は離縁したと返し、再び反応する千春は、ふたりの間に割って入り声を掛けました。
思ったよりも大きな声がでたことに自分でも驚きつつ、ふたりは知り合いなのかと尋ねます。

知り合いだと歯切れ悪く話す3人の後ろで、部下は気まずそうな表情を覗かせていました。

千春の言っていた素敵な旦那様が瀬田だったとは、と言われ恥ずかしそうに俯きます。
そんな千春を、微笑ましそうに見ていた瀬田は、先日助けていただいたお礼をと部下が風呂敷包みを渡しました。

何があったの?

そのまま失礼しますと千春に腕を差し出す瀬田に、平岡はせっかく来たのにと言います。
瀬田は時間ができたらまた、と返し千春と共に歩き出しました。

後姿を見送りながら、頬を赤く染めている平岡は、千春に声をかけます。
是非また来てくださいと笑顔で言われ、千春は小さく頭を下げました。

帰りの車内で、千春は「どういう関係だったのか」と聞きます。
少しの沈黙の後、昔商売で出入りしていた先のお嬢さんだったのが平岡だと話しました。

「それで?」と問い詰める千春に、それだけだと笑って返す瀬田。

それだけなわけがない、と千春は思います。
今まで瀬田と関係があった女性と会ってきたけれど、あんなに彼が動揺しているのは初めてみたと思っていました。

ごまかされたこと

少しだけムッとしている千春を横目で見ていた瀬田は、突然キスをします。
驚く千春に、口がかわいらしいことになっていた、と返しました。

顔を赤くして唇を押さえている千春に、甘いものを食べに行こうと提案します。
平岡に用があると言っていたと聞けば、千春と過ごす為の用事だという言葉を遮り、結構ですと返しました。

これ以上聞いても、瀬田は答えてくれないと感じた千春はある行動にでることに。
部屋で先ほど平岡と瀬田の再会を、一緒に見ていた部下に声を掛けていました。

困りますと言う部下に、千春はあなたに聞いたとは言わないからと言います。

しかし部下は、こんなところで千春と一緒にいるところを見られて勘違いされたくないと言いますが、千春は大丈夫だというだけでした。

なんて頑固な、と呟くと、部下はあの女性は知らないと答えます。
8年前に雇われたという部下は、平岡はそれ以前の知り合いなのではないかと言いました。

千春は、そうですかと少し残念そうに俯きます。
そんな千春に、ふたりの様子を見て気になるのはわかるが、過ぎたことだと部下は言いました。

今大切に思っているのは、千春だといいかけたところで「なにしている」と瀬田がやってきます。

部下は、瀬田から理不尽に責められ勘弁してくださいと、タジタジな様子。
ゲッソリとした様子で帰っていく部下を見送ったあと、瀬田は明日も早いから寝ようと歩き出しました。

本当の事

千春は何を話していたか、聞いていたのでは?と尋ねます。

瀬田は小さく息を吐き、史子さんとはなにもなかったといいました。
納得がいかないようだけれど、本当だと千春の肩に手を置き、言い聞かせるようにそう言います。

部下から「旦那様が大切に思っているのは」という言葉を思い出しました。
本当にそう思っているのなら、本当のことを聞かせてほしいと思っていたのです。
朝、瀬田の「はぁ?」という声が響きます。

またあの集会にいくのか?と言われ、また来てくれといわれたのでと返す千春。
瀬田の気まずそうな表情をよそに、千春は行かない選択をすれば、平岡に負けてしまうような気がすると思います。

そんな千春に、瀬田はあの人たちと千春は違うと言いました。
どういう意味かと言う千春に、平岡たちは、本気で女性の利権の為に覚悟を持って集まっていると話し出したのです。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!を無料で読めるか調査した結果

「離縁は致しかねます!」はめちゃコミック独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「離縁は致しかねます!」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

27話を読んだ感想

どんどん雲行きが、怪しくなってきています。
部下も感じていたように、ふたりの間に絶対何かありそうです。

しかも平岡さんは、瀬田に特別な感情を抱いているようですし…。
瀬田もあの動揺の仕方、ぜったいなにかありましたよね。

二人に何があったのか気になってしまうのは、普通の感情なのですけれど。
歯切れのわるい答え方をされると…本当に?となります。
応えてくれないなら部下に!と瀬田に隠れて聞こうとする千春が、なんだかかわいかったです。

好きな人が、再会した女性にあんな動揺していたら気になりますよね。
それにしても部下の人が、結構いいことを言っていました。

瀬田が大切に思っているのは千春って、すごくうれしい言葉ですよ。
まぁその言葉も、瀬田によって遮られてしまったのですが。

部下と秘密の話をしている千春を見た瀬田が「俺の女に」と言う場面は、瀬田が妬いてる!と嬉しくなりました。

ですが、状況が状況だけに素直に喜べません。
千春は何故話してくれないのか、と思っていますし、瀬田はなにもないと言いつつ、詳しくは話してくれませんし。

意外にも、平岡に負けた気がすると思う千春もなかなかに気が強いです。
そんな千春も好きなんですけどね。

千春が再び平岡たちの集まりに行くとなった際、止めた瀬田ですが、本当平岡さんと何があったのでしょう。
お遊びで集まっているわけではないことはわかりますが、千春の気持ちを優先してくれていたのに。

やっぱ、あまり平岡さんと関わってほしくないんですかね。
次回それは明かされるのでしょうか。楽しみにまっておこうと思います。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!27話まとめ

こちらでは27話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

離縁は致しかねます27話のまとめ
  • 知り合いだと歯切れ悪く話す3人の後ろで、部下は気まずそうな表情を覗かせているのだった。
  • 今まで瀬田と関係があった女性と会ってきたけれど、あんなに彼が動揺しているのは初めてみたと感じていた。
  • 瀬田の気まずそうな表情をよそに、千春は行かない選択をすれば、平岡に負けてしまうような気がすると思いますと集会に再度いく決意をする。